スタッフ日記

ぷれいす東京には、いろいろな人がかかわっていて、さまざまな活動がおこなわれています。ぷれいす東京NEWS活動報告書ではお伝えできないひとりひとりの思いや、日々の風景があります。この「スタッフ日記」で、そんなぷれいす東京らしさを感じ取っていただければと思います。

ごあいさつ

生島

新たな年を迎えましたが、いかがお過ごしでしょうか。

昨年は第31回日本エイズ学会学術集会が東京中野区内の、中野サンプラザとコングレスクエア中野において開催され、生島が大会長を務めさせていただきました。
この開催にあたっては、臨床分野からは岡慎一さん(国立国際医療研究センター)、基礎分野からは俣野哲朗さん(国立感染症研究所)に多大なお力添えをいただきました。また、総勢31人のプログラム委員のみなさまと一緒にプログラムを編成させていただきました。エイズ学会会員のみなさまからは、320演題の投稿があり、口演、ポスターとして発表をしていただき、活発な議論がされました。

参加者は、1,500を超える方々が、国内はもとより海外からもご参加いただきました。海外ゲストとして、タイ・台湾・中国・ドイツ・スイスなどから専門家や活動家をお招きし、特にアジアとのネットワークをより強固にする機会となったのではと思います。

新しい試みとして企画されたプログラム、次世代を担う医療者・支援者向けのユースプログラム、HIV陽性者によるスピーチプログラムはいずれも好評で、次回以降の学術集会にも引き継がれていく予定です。

また、TOKYO AIDS WEEKS 2017が中野区と共催で同時期に開催されました。企画・運営にあたっては、山縣真矢さん(NPO法人東京レインボープライド)に代表をお引き受けいただき、高久陽介さん(NPO法人日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラス)に事務局という大変な労務を引き受けていただき、13人の運営委員をまとめていただきました。その結果、22イベントのべ1,500人の市民に参加していただきました。

また、恒例のGay Men’s Chorusが今年も開催され、エイズ学会会場である、コングレスクエア中野にて演奏され、大変に好評でした。

第31回日本エイズ学会プログラム委員のみなさま、TOKYO AIDS WEEKS 2017運営委員のみなさま、行政、企業やブースで出展していただいた団体のみなさま、ボランティアで開催に力を貸していただいたみなさま、本当にありがとうございました。

第31回日本エイズ学会学術集会・総会、TOKYO AIDS WEEKS 2017については個々のサイト内で、報告をさせていただきますが、まずは「ぷれいす東京NEWS」にて、関わった方々の声に触れていただければと思います。
ぷれいす東京NEWS 2018年1月号(学会・TAW2017報告号)
 

第31回エイズ学会学術集会・総会 http://aids31.ptokyo.org
facebook https://www.facebook.com/31AIDSjp/
twitter https://twitter.com/aids31jp
instagram https://www.instagram.com/aidsjp/

第31回日本エイズ学会学術集会・総会 会長
特定非営利活動法人 ぷれいす東京 代表
生島 嗣

ゆるりふわり

おーつき

あっっっという間に2017年も終わろうとしていますが、いかがお過ごしですか。
 
ぷれいす東京がTOKYO AIDS WEEKS 2017参加イベントとして11月26日(日)に開催した「ゆるふわ性教育」。教職員の方を中心に36名の来場者に参加いただき、盛会のうちに終了しました。どうもありがとうございました。
ゲイであることをオープンにされて方々で活躍されている小学校教諭の鈴木茂義さんと、ぷれいす東京の池上さんによるトークショー形式で行いましたが、性教育をやろうという自分たち自身がまず思い込みから解放されて楽になっていいのだという、大らかな雰囲気に包みこまれた会になりました。

「性教育」というと大ごとのようにとらえたり、肩肘張って考えたりしがちかもしれません。しかし、自由にゆるりとふわりとやれることもある、といった思いを共有する機会となったのではないでしょうか。

* * *

最後に告知3連発。
●ぷれいす東京の英語版パンフレットが新しくなりました。
http://ptokyo.org/wp/wp-content/uploads/2017/05/PLACETOKYOleaflet.pdf
●認定NPO法人化を目指しての取り組み、ご協力いただければ幸いです。
http://ptokyo.org/news/9357
研究班のLASH調査報告会、ご興味のある方はぜひ。
http://lash.online/news/375/

気がつけば

はらだ

もう12月も半ば。年賀状の投函受け付けがはじまっています。

怒涛のエイズ学会とTOKYO AIDS WEEKS 2017も多くのみなさまの
ご協力のおかげで無事終了し、
事務所は通常の年末モードになりつつあります。
ご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

第31回日本エイズ学会学術集会・総会の会長からのお礼のあいさつが
公式Webサイトに掲載されているので、ご覧ください。
http://aids31.ptokyo.org/news/212

次号の「ぷれいす東京NEWS」では、この2つのイベントの報告や参加者の感想などを
お届けする予定です。メールアドレスだけで配信登録ができますので、ご利用ください。

また、学会の発表を聞きたかったけれど、聞けなかったという声があり、
新年早々ですが、1/8(月・祝)にぷれいすトークとして、
ぷれいす東京スタッフやぷれいす東京がかかわる研究班の
「第31回 日本エイズ学会学術集会〜アンコール発表会」
行うことになりました。関心のある方はぜひご参加ください。

1/27(土)には、もう一つのぷれいすトーク 
感情の「みかた」〜つらい感情も、あなたの「味方」になります。〜 
も開催されます。こちらも興味深い内容です。

どちらも申込みが必要ですが、参加費は無料です。どうぞ参加ください。

(今年も大掃除は新年になりそうな・・・はらだ)

いよいよ

はらだ

はじまりました! 「TOKYO AIDS WEEKS 2017」
そして、第31回日本エイズ学会学術集会・総会

中野区役所庁舎のレッドリボン昨日、ぷれいす東京のブース設営に、コングレスクエア中野までいってきましたが、途中の中野区役所庁舎に、予告通り、みごとなレッドリボンが出現。設営の帰り、もう暗くなりかけた頃、牧原さんが撮影したものですが、きれいに写っています。

そして、今年も学会に、ぷれいす東京のブースがでます。
研究班とぷれいすのスタッフとで、ああでもない、こうでもないといいながら、
なんとか設営しました(私は、口をだしていただけですが・・・)。
学会においでにみなさま、ぜひブースにもお立ち寄りください。
研究班のLASHの調査報告書もできたてほやほや?で、でています。
ぷれいす東京のブース

昨年の日本 NPO センターと電通のコラボによる「ソーシャル・ポスター展」でつくっていただいたポスターや、1月27日に開催が決まった『ぷれいすトーク 感情の「みかた」』のフライヤーもおいてあるので、お見逃しなく!

今年も歌います。

かとう

今回で3回目の開催となる「TOKYO AIDS WEEKS」。
今年は日本エイズ学会も東京での開催で、両イベントの会場である中野は今とても熱いのです。

TOKYO AIDS WEEKS 2017

 

毎年ご好評を頂いている男声合唱によるミニコンサート。
今回ももちろん開催します。
現在も一緒に歌うメンバーを募集中。
今からでも間に合うので、興味のある方はぜひアクセスを。

特に低音系が足りません。
低い声が魅力のアナタ、一緒に歌いませんか?
高音が得意なアナタも大歓迎です。


↑こちらは一昨年のステージの様子

 

Gay Men’S Chorus for TOKYO AIDS WEEKS 2017〜ミニコンサート〜

 

日時:11月25日(土) 16:10頃〜

会場:コングレスクエア中野 地下1階コンベンションホール ホワイエ
(中野区中野4-10-2)

指揮:なおき/ピアノ:べーすけ

曲目:
♪ Climb Ev’ry Mountain〜『サウンド・オブ・ミュージック』より
♪ Woman “Wの悲劇より”〜薬師丸ひろ子
♪ ひまわりの約束〜秦基博
♪ POP STAR〜平井堅
♪ 春に〜作詞:谷川俊太郎/作曲:木下牧子
♪ 上を向いて歩こう〜坂本九

参加条件:
ゲイ男性(トランス男性含む)の自覚がある/合唱が好き/練習に参加できる(遠方などで全日程参加が難しい場合は応相談)

参加方法:
gaychoir@gmail.comに以下の情報をメールしてください。
①名前(ニックネーム可)②メールアドレス③携帯電話番号④希望パート(トップ/セカンド/バリトン/バスから第2希望まで)

練習日程:
11/18(土)13:00-17:00
11/23(木祝)15:15-21:45
11/25(土)9:00-12:00

もう11月に入っちゃった。

さとう

第31回日本エイズ学会学術集会・総会第31回日本エイズ学会学術集会・総会
今月末に迎える第31回日本エイズ学会学術集会・総会と、同時に開催されるTOKYO AIDS WEEKS 2017が近づいてきました。色々としなければいけないことが山ほどあり、少し焦っています。

エイズ学会(参加費が1万円かかります)では、『〜HIV陽性者によるスピーチプログラム〜POSITIVE TALK 2017』が企画されました。6人のHIV陽性者のリレートーク。さまざまな地域からHIV陽性者が登壇します。プロフィールを見ただけで、ワクワクしてきます。

市民公開講座(こちらは無料)では『日本のHIV/エイズの現状は今』と題して、フジテレビアナウンサー・佐々木恭子さんの司会で、岩本愛吉先生、横幕能行先生、代表の生島が語ります。

TOKYO AIDS WEEKS 2017

TOKYO AIDS WEEKS 2017
また同時開催のTOKYO AIDS WEEKS 2017(全て無料です)では、第70回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した『BPM』がオープニング・イベントとして上映され、『満23/169/73』『咲きこぼれる夏』『始まりの駅』『PrEP17』『ALTERNATE ENDINGS』『やめられない習慣』『売買ボーイズ』とHIV/エイズのまつわる映画の上映が目白押し。

僕の一押しは『トークバック 沈黙を破る女たち』アメリカの女性HIV陽性者のドキュメンタリーですが、8人の女性から辛いことや悲しいことがあっても、その先に何かがある。生きていればきっと自分らしく生きられる時間を取り戻すことができる。そんなことを感じていただける映画です。ぜひご覧ください。なお、上映後のトークに坂上監督と佐藤が出演予定です。(ちゃっかり宣伝です)

今、全国各地で引っ張りだこのシゲ先生と池上元代表が織りなす時間「ゆるふわ性教育〜よりよい性教育の在り方のヒントを探る〜」他、さまざまな企画もあります。

11/23〜11/26は中野にGO!です。中野がレッドリボンに染まります。ぜひぜひ。

6年と7ヶ月

おーつき

親戚がいるので福島にはよく行きますが、先日初めて、浜通りの被災地を訪れました。
東日本大震災の発生から時が流れてゆくにつれ、徐々に“風化”してしまうことを懸念する声があちこちで聞かれます。

相馬市で、地域密着型で先進的なメンタルヘルスの支援を行う団体を訪問させていただき、その課題の複雑さに触れました。
物理的な再建ばかりでは真の復興とは言い難く、“心の復興”という表現が使われることもあります。震災直後から頑張っていた、支援者側だった人たちの中にも、数年経って落ち着いた頃に急激に調子を崩してしまったというようなケースもあるといいます。

元よりメンタルヘルスの課題の話しづらさがある日本の社会で、震災が風化してしまうと、震災に影響を受けた心の悩みは余計に語りづらくなります。気軽に相談できる窓口が、そんな語りづらい苦しみの受け皿として果たす役割は大きいでしょう。
同時に、語りづらさを解消し、包み込んでいけるような環境づくりも考えていかねばなりません。

 

 

 

 

 

 

浪江町の請戸小学校の時計は、津波が到達した15時38分で止まっている

もう5年もたったのか。

さとう

 

先週、10/5の木曜日に、ネスト・ニュースレターを発行しました。前任者からかとうとさとうが引き継いで、早5年がたったことになります。少しでも読みやすい紙面にするにはどうすれば良いかとか、できる限り最新の情報をお届けしたいとか、二人で話し合いながら、マイナーチェンジを繰り返してきました。

今年の6月からは横長の1列スタイルから、基本的には2列の構成にしました。お気づきになりましたか? 5年前の左側のものと比べると、題字も変わっていますし、随分と印象が違いますね。読みやすくなりましたでしょうか。

紙版だとわからないのですが、イラストが少しずつカラー化もしています。ぜひPDFでご覧になってください。イラスト担当のしらいさんも新たなものを生み出してくれています。編集をしている僕たちも、綺麗に仕上がると、手に取った時に幸せな気持ちになります。

またボランティアさんが毎月、紙版の封入作業をしてくれています。多くの方々の協力を得て、ネスト・ニュースレターを発行していますので、読んでいただけると嬉しいです。これからもよろしくお願いします。

10月号のPDFはこちら。

第31回日本エイズ学会・学術集会プログラム公開しました。

生島

11月24日(金)〜26日(日)まで、東京都中野区で開催される、日本エイズ学会ですが、昨日web上でプログラムを公開しました。ぜひ、ご覧ください。

第31回日本エイズ学会・学術集会 プログラム

また、同時期日にTOKYO AIDS WEEKS2017も開催します。こちらは市民公開のプログラムですので、こちらのサイトもご覧ください。
TOKYO AIDS WEEKS 2017
学会当日まで1ヶ月半となりましたが、皆様のご参加、お待ちしています。
    会長 生島嗣 (特定非営利活動法人ぷれいす東京)

ただいま

さとう

今回は、池袋国際空港からのフライトでした。ファーストクラス。でも3時間弱です。種明かしは、VRと食事のついた体験イベントです。座席は広く、滑走路とか空路で感じるゴトンゴトンという揺れまで再現されていました。

VRの体験は感動しました。360度見渡せるのですね、現地にいるような臨場感は素晴らしかった。フライトアテンダントの対応も良かったです。本物と違うところはありましたが、それでも十分に旅気分を味わえました。またローストビーフのやわらかかったこと。ハワイ、イタリア、フランスなど旅先も違うので、何度か楽しめますね。

本当のニューヨークはいつ行けるのでしょうか。HIVを持って、さらに透析となると、現地の医療費のことや受け入れ施設を考えると…。でもいつかは行きたいなぁ。VRで自由の女神の下についたときは、ここに行きたい!って思いましたから。