スタッフ日記

ぷれいす東京には、いろいろな人がかかわっていて、さまざまな活動がおこなわれています。ぷれいす東京NEWS活動報告書ではお伝えできないひとりひとりの思いや、日々の風景があります。この「スタッフ日記」で、そんなぷれいす東京らしさを感じ取っていただければと思います。

明日はコーラスの日

はらだ

みなさま、JAMMINとのコラボレーションによるTシャツ販売にご協力いただき、
本当にありがとうございました。おかげで11万円をこえるご寄付をいただきました。(Facebook、Twitterのいいね、ツイートなどを含む)
JAMMINさんのご厚意で、12月末までTシャツの販売を延長しています。Tシャツ1枚の購入につき700円がぷれいす東京に寄付されます。
JAMMINさんのぷれいす東京専用ページから購入できますので、期間中に買いそびれてしまった方は、ぜひよろしくお願いします。

また、ご購入いただいたみなさま、お写真+ネームをぷれいす東京のFACEBOOKまでお知らせください。FACEBOOKで紹介させていただきます。

ところで、エイズ学会が終わったとほっとするまもなく、明日は、いよいよGay Men’s Chorus for TOKYO AIDS WEEKS 2018の本番!関係するスタッフはその準備に追われています。
挨拶はACCのSH外来 上村悠医師、MR.GAY JAPANのSHOGOさんが朗読をするそうです。合唱メンバーは、U=Uの趣旨に賛同して、U=Uのロゴ入りのTシャツを着て歌います。入場無料、事前予約不要なので、お時間のある方はぜひおいでください。(私は残念ながら、事務所の留守番です。)


(2015年の合唱の様子)

というわけで、いつも第2土曜日に開催している、ネスト・プログラム「ミドル・ミーティング」は12月15日(土)の13時からに変更になっているので、ご注意ください。

寒くなったと思ったら、今日はまた暖かさが戻り、着るものに苦労しています。風邪をひかないように注意しなくては。みなさまもどうぞお気をつけください。

購入のお礼 & 写真提供のお願い

生島

JAMMINとのチャリティ・コラボには多くのかたにご参加いただき、おかげさまで、11万円を超える寄付があつまりました。本当にありがとうございました。
JAMMINさんのご好意で、12月末まで買い物カゴを設置していただけることになりました。これから、ご購入をかんがえているかた、ぜひ、ごらんください。
ご購入いただいた皆様、ぜひ、お写真+ネームをぷれいす東京のFACEBOOKまでおしらせください。FACEBOOKで紹介させていただきます。
よろしくおねがいします。

JAMMINぷれいす東京専用カゴ
https://jammin.co.jp/placetokyo/

昨日(12/1)は何の日?

おーつき

少し前の話になりますが、「LGBT医療福祉フォーラム2018」に参加しました。ぷれいす東京も分科会のひとつ「地域支援者のための入門セミナー〜声を上げにくいLGBTを地域でどう支援するのか?~HIV/エイズ、依存症、セクシュアルヘルス支援など」を担当し、地域でその専門性や当事者性を生かし、声なき声をすくい上げるような支援を実践してきた方々をゲストにお招きしました。

ゲストのおひとりは、ダルク女性ハウス施設長の上岡陽江さん。私が上岡陽江さんのお話を初めてうかがったのは、上岡さんが11年前の春に行われた、ぷれいす東京の2006年度活動報告会のゲストにいらしてくださった時でした(ニュースレター(PDF)でも当時の様子を紹介しています)。当時から変わないダルク女性ハウスでの粘り強いケア・サポートの取り組みを、今回はLGBTの支援者向けに共有していただきましたが、「好き」に着目したワークショップや援助技術は興味深く、参考にしたいと思いました。

* * *

さて、Webのあちこちで宣伝している通り、チャリティー専門ファッションブランドのJAMMINさんのご厚意により、世界エイズデー前後のこの1週間限定で、ぷれいす東京のグッズを販売していただいています。

カラー、スタイル共にバリエーション豊富で、コーディネートを考えるのも楽しいです。販売期間は今日2日(日)23時59分までなので、ぜひWebショップを覗いてみてくださいね~。

「NPO法人ぷれいす東京」との一週間限定コラボデザイン!
JAMMIN(ジャミン)Social Wear Brand

明日(12/1)は何の日?

まきはら

みなさま、明日はスーパーの特売も見逃せませんが、年に1度の世界エイズデー。知ってなきゃモグリっていわれそうですが(笑)
何か特別なことがある訳ではないですが、個人的には、HIV/エイズのことを個人レベルで身近に考える日になってるような。

 

で、トップのバナー等でご存知の方も多いと思いますが、今年ぷれいす東京は、JAMMINさんとコラボで、チャリティTシャツの販売を初めてやっています!! 見ていただけました?

スタッフであれこ考えてキャッチコピーは「We Are Already Living Together」
それを、JAMMINのデザイナーのDLOPさんが素敵なデザインにしてくれました。
また、これには、”LIVING TOGETHER” 、”LOVING TOGETHER”、 LiVINGの”I”の文字を虫眼鏡で覗き込んであり、「I=自分自信と向き合おうよ」という意味が込められた、トリプルミーニングになっています。

メッセージの詳細はこちら(スタッフモデルの着用画像も色々あります)
https://jammin.co.jp/2018/11/28/this-week-design-placetokyo/

チャリティコラボTシャツをきてスタッフ集合写真

モデル?着用例

Tシャツの色、デザイン、その他のグッズ等いろいろあります!色やサイズは豊富。
https://jammin.co.jp/shop/

Tシャツだと1枚につき700円がチャリティーとなりぷれいす東京に寄付されます。

今回は以下のサイトから、いいね、シェアしていただけると、それもチャリティーになります!
https://jammin.co.jp/charity_list/181126-placetokyo/

ちなみに、期間限定で11/26(月)〜12/2(日)までの販売です。
残り2日、ぜひ覗いてみてくださいませ。

個人的には、Tシャツの生地が厚手でしっかりしているので、乳首が、いろいろ透けないのがいい感じでございます。(体型も顔も隠したい 笑)

なんか、普段からHIV/エイズが盛りだくさんな職場にいて、でも普段はあまり触れることのない話題でもあったりして、でも、ふと考えるというか、友人/知人の話のネタになったりするといいかなーとか、誰かにこのメッセージをみてもらえるとうれしいなー(乳首じゃない)とも思ったりします。

なお、いろんなメディアの露出も増えるこの季節、ぷれいすのスタッフの出演等の情報はトップページからぜひご覧くださいませ。

冬眠準備が着々とすすむ まきはら

あと2日

はらだ

JAMMINさんとのチャリティコラボTシャツの企画がスタートして、もうあと2日になってしまいました。

サイトのSHOPにいって、各アイテムをクリックすると、下の方に、「DETAIL」「SIZE/FACTORY」とあり、実際にTシャツなどをきた写真(身長とサイズ表示あり)や、サイズなどをみることができます。
これはと思うものがありましたら、ぜひお求めください。
(私はちょうどパーカーを探していたのですが、お値段もTシャツよりよいのでどうしようかと思っていました。でも二人が着ているのをみたら、暖かいそうで、すてきだったので、結局買うことにしました。ちなみにサイズはSでちょうどいいですが、袖は長めです。Tシャツはシャツの上に着ることにしたので、Mサイズにしました。)

また、JAMMINのぷれいす東京紹介ページには、ぷれいす東京の活動やHIV/エイズについて、写真満載でわかりやすく紹介されているので、ぜひご覧ください。

そのページからFacebook、twitterで、いいね、シェア、リツイートしていただくと、1アクションあたり10円が協賛企業さんからぷれいす東京への寄付になります。

12月2日(日)までですので、どうぞよろしくお願いします。

Tシャツ

さとう

体温調整がうまくいかない僕は、昔から半袖のTシャツを下着かわりに着ていた。近年、更年期や透析で水分調整がうまくできなくなり、なおさら激しい状況である。少し暑くなれば、モワッとして気分が悪くなり、少し寒くなるとブルブル震える。だから冬でも半袖になることもあるのである。

今、水面下で動いているプロジェクトがあるので、ここでこっそり話してしまおう。JAMMINという京都にある会社。とてもユニーク。NPOのサポートをしながら、商売が成り立つ。面白い。11/26からいよいよ「ぷれいす東京」とのコラボが始まる。

「JAMMINは、1週間限定販売のチャリティー専門のファッションブランドです。
全ての商品の売上の一部(Tシャツ1枚につき700円)を、毎週のチャリティー先NGO/NPOに寄付しています。」

Tシャツのテーマは「We’re already Living Together」期待して待っていてください。

 

天高く 性の教育 肥ゆる秋

ちずこ

この秋一番の秋晴れの11月3日、絶好の行楽日和でしたね。
その穏やかな秋の陽を背にうけて、もくもくと地下室をめざす若い女性たち、、、、いったいどこに?
行く先は日本一の性に関する資料室をほこる日本性教育協会、
そこで開催されたぷれいす東京主催「HIVと性の教育UPDATE!」セミナーでした。
関東各地から養護の先生や保健師さんなど30人あまりが集まりました。
学校性教育バッシングがふきあれてほぼ20年、性教育ってとかく「腰がひける」のだけど、
生身の子どもたちのリアリティに接すればだまっちゃいられない、ですよね。
そんななかで今春日本学校保健会が『教職員のための指導の手引き~UPDATE!エイズ・性感染症』を発行、
文科省がなんと17年ぶりに改訂したのです。つまり、17年ぶりに予算がついたってことなのですね。
性教育をUPDATEするいいチャンスではありませんか。
というわけで座学とワークのもりだくさんセミナーとあいなり、現場の先生方がはせ参じ、秋の陽はあっという間に暮れなずむ。
時間がない、周囲の理解も乏しいなかで子供の性とむきあう先生の苦労は今にはじまったことではないけれど、
外部講師や保健師さんを助っ人に、小さいときから日々のふれあいのなかでできることはたくさんある。
こどもの環境は激変のようにもみえるけれど、本質は変わっちゃいない。
新しい情報もたっぷり持って、仲間たちがいるじゃないのと、みなさん笑顔で家路につかれました。

人と性って深いからこそ、ずーっとむきあうんだよね、と勝手に納得し、「秋のよき日」よありがとう、でした

ちずこ

『教職員のための指導の手引き~UPDATE!エイズ・性感染症』は
日本学校保健会のサイトからダウンロードできるので見てみてね。

https://www.gakkohoken.jp/books/archives/206

♪北ウイング

さとう

中森明菜さんの名曲です。ふと思い出して、日記を書いています。

僕が社会人として働き始めた頃、営業畑におりました。今考えるととてもバブリーな会社だったのです。コンクールの成績で海外旅行に招待されました。香港には行けましたが、次にアメリカ西海岸への旅行がかかっていた時、あと1件の受注ができなくて、行けなかったことを思い出します。悔しかった〜、力を振り絞れば振り絞るほど、ダメでした。

仲間の数人が達成して、旅立った日。当時流行っていた「北ウイング」を熱唱しながら、涙を流していたことを昨日のことのように記憶しています。自分だけ取り残された感。初めてのアメリカへの旅行が消えてしまったこと。この辺りから僕の営業成績がカクンと落ちていきました。

代表の生島も、本日台湾入りしていますが、Facebookを見ていると、台湾に向かう人の多いこと。同性婚が認められた台湾。僕もいつかは台湾のパレードに参加したいなぁと思いながら、この日記を書いています。あの時の辛い感情が蘇りました。でもそれは同時に頑張れる力になったことも思い出しています。

HIVを抱えながら透析もしているので、海外旅行はハードルが高くなりました。ハワイでサポートしてくれるところは見つけてあるので、いつか行きたい、叶えたい夢の一つです。

さあ、仕事するか。ちなみに本日はホットラインの有志の飲み会。楽しい酒にしよう。

 

「僕の彼氏はHIVです」

さとう

若い人はYouTubeで情報を得るとか。なんだか僕にはピンと来ていませんでしたが、
今回縁あって、ユーチュバーのかずえちゃんの取材を受けました。
そもそもかずえちゃんのチャンネル登録者数が6.6万人。僕とパートナが出た動画に1週間で2万人以上のアクセス数があるなんて、マスメディアに匹敵する力を持っているなぁと感じました。

YouTubeのオフィスは、六本木ヒルズで、窓から東京タワーや遠くには羽田に飛び交う飛行機や恐竜橋が見える。庶民の僕としては別世界。夜景になったら、シャンパンでも乾杯したい気分になるほど、とても素敵な空間で、しばしリッチな気分に浸りました。

「僕の彼氏はHIVです」ってタイトル、正直言って最初、ドキッとしました。でもすぐにキャッチーなものは、こういう風に作られるのだな、と感心した次第。かずえちゃんはとても聡明な方でした。あの動画、実はノーカットなのです。25分の動画に一度で決めてしまう、かずえちゃんに感服。是非ご覧ください。

あぁ、はやい

まきはら

みなさま、まだまだ真夏の暑さが続く日々ですが、干からびてないでしょうか?
はい、ワタクシは気持ちの上ですが、かっさかさのかぴかぴでございます。
しかし、なんでしょうね、今年のこの暑さ。ほぼ南の国で育ったワタクシもびっくりでございます。いつまで続くことやら。
ボヤきついでに、毎年同じことばかり言いますが、こんなに毎日汁が溢れ出るのに、体重が減らないのはどういう我が身のミステリー。

さて、そんな干からびた担当のぼやきはさておき、いよいよ来週の土曜日(9/1)に年に1度のボランティア募集の説明会が迫ってまいりました。はえええ。6月くらいから、ぼちぼち、と思ってマイペースでやっていたら、あっと言う間でございます。時の経つのが早いこと。じじいのワタクシはあまりの早さに軽い尿漏れおこしそうでございます。

説明会(オリエンテーション)まで、残り1週間になりましたが、まだまだ説明会の参加は受け付けていますので、説明会だけでもよければおこしください。説明会で、部門の説明など聞いて、ボランティアとして自分に何ができるかなー、何したいかなーなど、考えていただければと思います。

9月1日(土) 新人ボランティア説明会のご案内(9月9日~研修開始)

ともあれ、また今年もいろんな方との出会いを、スタッフもボランティアも楽しみにしておりますので、ぜひぜひお越しくださいませ。

肉襦袢は永遠の我が身のミステリー
まきはら