スタッフ日記 “ちずこ”

World Sexual Health Day in Hawaii

ちずこ

30年ぶりにハワイに行ってきました。

この30年の間にホノルルではホテルと家屋が林立しオーシャンビューがますます遠くなってしまったのですが、日本の夏より涼しくさわやかなことは変わっていませんでした。

9月4日の日曜日、台風が無事それてパシフィック大学のキャンパスへ。ホノルルのダウンタウンから車で30分程にこういう大学があるなんてじつは知りませんでしたが、山間の緑に包まれmana(気)にみちみち、これぞハワイというキャンパスなのです。そこに多様な面々があつまりSexuality,Myth,Sexual Healthというテーマで性の健康デーイベントが行われました。

企画は東優子さん(大阪府立大学)。じつは優子さんはハワイ大学ダイアモンド教授(ミッキー)の日本人弟子三代目。二代目が小貫大輔さん(東海大学)。かくいう池上が初代弟子なのです。三世代の三人がはじめていっしょにダイアモンド教授の元に集まったのです。初代はすでに高齢ですが優子さん、大輔さんは現役教授ですから日本から若い学生をひきつれてそれぞれに「研修」も主催していました。

4日の当日はマオリ(ニュージーランド原住民)、イラン、フィリピン、日本からそれぞれスピーチのあとダイアモンド教授のトークと質疑(Myth and Science)、そしてアクションプランにポトラックパーティというもりだくさんな催し。

優子さん、大輔さん、参加したみなさん、ほんとうにお疲れさま。

わたし、避妊薬ピルとPrEPを強引につなげて「薬は解決にならない。ことはケミカルではなくコミュニケーション、リレイションシップ、ヒューマンライツなのだ」

というスピーチをしたのだけどわかってもらえたかしら?

恩師ミッキーは80歳。いま全員集合できてほんとうによかった!

そして世代をこえて脈々とSexual Healthが伝わっていくことを実感でき、とても幸せでした。

すべてに感謝、

ちずこ

お母さん、お父さん、若者たちへ

ちずこ

性のこと、気にはなるけど親子で話すのはむずかしい。
話したいけどどう話したらいいかわからない。
てれちゃったり、かまえちゃったり、、、、
でも性の健康は大事にしたい、してほしい、、、、
Sexual Health Book2はシンプルで
わかりやすい性と健康のメッセージを集めてあります。
このメッセージこんな場合にはこんな風に使えそうだね、、、
そんなアイデアや知恵をいっしょにだしあってみませんか。

池上千寿子

ぷれいすトーク「家庭の中の性教育」でお待ちしています。

ぷれいすトークVol.1 家庭のなかの性教育

ごあいさつ

ちずこ

みなさま

新しい年が無事にあけました。

この1年が希望に満ちた穏やかな年であることを願ってやみません。

ぷれいす東京は多くの方々のご支援をいただき、陽性者支援活動、普及啓発活動、研究研修活動を展開することができました。

今年も、これまでの実績とみなさまの忌憚のないご意見をありがたい肥料として活動に生かしてゆく所存です。

どうぞよろしくお願いします。

 

今年もよろしくお願いいたします

ちずこ

寅の年が明けました。

みなさま、年末年始いかがお過ごしでしたでしょうか?

本日4日から事務所での活動が静かに始まっております。

今年はぷれいす東京がNPO法人になって10周年という節目になります。

そこで遅ればせながら新年のご挨拶と10周年のお祝いを先取りしまして

まことに勝手ながら乾杯の音頭をとらせていただきます。

みなさまの幸せとぷれいす東京のいっそうの発展を祈念して

乾杯!!