陽性者と家族の日記

年末の小掃除

朱美

ひとりになってから、前ほど、掃除をしなくなってしまった。

しかし、きようは、一階二階と、フローリングシートで、埃をとり、トイレ、玄関と掃除した。よごれてましたね。

もっと普段も掃除しなければと、反省しました。まだまだ、しなければいけないとこは、目を、つぶって、おしまいにしました。

いけませんねー。           朱美

ロマンティック浮かれモード

IHO

MERRY CHRISTMAS!
週末にロマンティックムードで浮かれて過ごされた方は
どんな月曜日をお迎えでしょうか?
僕は浮かれる事もなくお家でゆっくり、
溜まった録画したテレビ番組を片っ端から観て過ごしました(^^;

恋人と過ごす
友人達とドンチャン騒ぐ
…と云うクリスマスは結構日本独特らしいと聞き(net newsより)
(クリスマス本場?の)外国では家族とゆっくり過ごすのが専らと知り
クリスマス だからと騒がなくっちゃ!と焦らなくてもいいのかな、と。
毎年単身で過ごすクリスマスに後ろめたさを感じていましたが、
ゆっくり過ごしています。
でも、イルミネーションや賑わう街を歩くのは何だか心が躍るので
陽が暮れたら外に出てみようかな。

IHO 拝

優しい時間

なぎさのペンギン

今夜は クリスマス・イヴ。

年を重ねるごとに、時間の流れの早さが身にしみます W

今年いちねんのわが身を振り返って….

ここはよかった、あそこはもっとこうするべきだった、と

あれこれ振り返る そんなひとときが好きです。

今年できなかったことは 来年に引き続いてのお楽しみ !

と 自分の気持ちに余裕があるのは

いまの状態がそれなりに健康を保てているからでしょう。

優しい気持ちでいられることに そんな時間の流れに

感謝。

(長年のパートナーと”以心伝心”の間柄になれたのも感謝)

 

2017年、自分は よくがんばったなあ と思います。

一生の中でいちばん忙しく、と形容できるほど 肉体的にも精神的にも疲れ

やり残したことも多々ありましたが とても充実した一年でした。

 

日々のばくぜんとした生活の中で、仕事の上で、友だちとの語らいの中で

過去の自分が学んでいないことが こんなにたくさん あるのか….

と ハッと我に返ったのが 数年前。

 

病気だから

周囲にはなかなか理解されにくい(と思える)生き方を選んでいるから

人生にいくつもの秘密を抱えているから

そんな生き方をしている人はそれほど数は多くない…

だから….

と 当時 自分で自分の可能性を閉ざしてしまっていたと思います。

 

実は 世の中のみんなが そんな人たちだらけであった、

ということが実感として理解できるまで ずいぶん時間がかかりました。

自分が外の世界に目を向けなかっただけ なんだけど。

かなり遅まきでしたが それでも そのことに気がつけて良かった。

 

現在の自分は 大きな声で誰かの気を引かずとも

自分に必要なものは自分の感覚で探し出し、見定め、

自分に取り込むことができるようになりました。

食べ物を栄養として吸収するみたいに 自分にとって未知のことを

ちょっぴりドキドキしながら、時々 悩んだり音を上げたりしながらも

自分の体の中に摂り込んでいくプロセスは 楽しいですね。

 

病や事故で亡くなった親しい人たちも 今年も何人もいました。

高齢の母親も自宅での生活が困難な状況になり 数年前に家を離れました。

でも 落ち込むのではなく、いつかは自分にもやってくる運命として

大切な”予習”のためのレッスン教材として生かせた。

そのことも大きな経験でした。

悲しみや痛ましさからでないと学べない現実って たくさんあって

ミステリーじゃないけど 終わりの方に近づいたからこそ

やっと本当の意味がわかってくる、ってこと

数えきれないくらいですから…

 

女性や子供、といった これまで自分の人生とは

あまり縁のなかった人たちと多くの接点がもてたのも

今年の収穫でした。

 

本当は…

いまでも 自分の 僕の子供が欲しいな、と思いますが

その夢がかなわなくても構わないので

これからも 若い人たちとの接点を積極的にもちたい、と思います。

僕は親になった経験はないけれど 彼らと一緒に過ごすときは

いつも穏やかな 優しい時間です。

 

日本は すでに超高齢化社会。

自分もこれからどんどん年をとっていくわけです。

自分たちと同世代、より上の世代の人たちへの共感も大切にしつつ

やはり 僕は 未来を若い人たちのために残したい、と思う。

これから大人になる人たちに 未来を選んでほしい。

 

 

古い書物を燃やし すべてを新しい人たちにまかせなさい。

 

年末に観た「スター・ウオーズ 最後のジェダイ」でも

あの!伝説のジェダイマスターが豪快に笑っていましたっけ W

(未見の方にはちょっとネタバレ?)

 

うん、時代って いつだってそうやって変わっていくんです。

これまでも そうだったし これからも そうでしょう。

 

 

2018 年まであとわずか、もうすぐカウントダウンが始まります。

みなさまも素敵な聖夜と年末年始をお楽しみください。

暦の上ではディセンバー

IHO

カレンダーでは12月も中旬を過ぎて、
クリスマスも大晦日もすぐ目の前ですね。
体感時間と実際の時間の流れに大きく差があって戸惑います。
僕の中ではまだ7か月位の経過です、今年は。

春…何してた?
夏…暑かったよ、な?
秋…色んなコンサートに行ったなぁ。
そして、今は冬。寒い冬。

本当にあっと云う間で、今です!
そんな時に、この日記を見直すと
ちゃーんと色んな事をして楽しんでンぢゃん、俺(^-^)と
にやけます。>ま、殆どおひとり様での内容ですが”(-“”-)”

みさなんも、今年を振り返っていますか。
一緒に振り返る人が隣にいますか。
何とか、大きなトラブルもなく今年を締めくくれそうです。
…まだ、僕の体感暦では真夏ですが(^^;

深謝
IHO 拝

膝が痛い

朱美

自転車で、転んだ。

膝が痛い。

病院に行ったら、変形性膝関節症の初期だそうです。

当分病院通いですね。

早く、よくなってほしいです。            朱美

イギリスのクリスマス、日本のクリスマス

ひろき

イギリスのクリスマスは意外と地味です。ヨーロッパ全般的に、クリスマスマーケットやパリのイルミネーションをはぶいて、見た目は地味。ロンドンも地味、だったのですが、今年から中心部でLEDの派手なイルミネーションが始まりました。

やはり、クリスマスは家族で祝う宗教的なイベントなのでしょう、外出したり、恋人と過ごしたり、高価なプレゼントを渡すということはあまりききません。

本場といえば本場なのですが、25日当日はなんと交通機関もとまってしまい、家族や親せきがいなかったり、本国にかえらない自分のような外国人にはとてもつらい日なんです。

最近、日本のクリスマスが恋しくなることがあります。日本のクリスマスイルミネーションは本当に凝ってますよね。夜景みたり、恋人と過ごしたり(私は経験ないですが)、ホイップクリームとイチゴのクリスマスケーキを食べたり、日本のクリスマスソングを聴いたり・・・。山下達郎とか竹内まりあは定番ですよね。

 

たまには、クリスマス時期に日本に戻ろうかな!

誰かの願いが叶うころ

IHO

その存在も、販売方法も知っていながらも、
ずーーーーっと年単位で気になっていながらも、
購入する事はなかった「THE BIG ISSUE JAPAN」を今日、初めて購入しました(^-^)
ぷれいす東京の記事が載っていると知ったので、早速近所の路上で購入しました。
ウチの近所で販売している方は交差点で販売されているのですが
信号か変わる度に歩行者が多い方へ向きを変えて、控え目に呼び込みます。
(諸々制限があるのか、かなり控え目に”いかがですかぁ”と言われる)
その姿にちょっとカワイらしさを感じていました。
最新号のTHE BIG ISSUE JAPAN VOL.324 は
(初購入なのでいつもそうかも知れませんが)日本国内外の豊富な内容でとっても面白かったです。
世界の貧困問題や大阪地元愛の記事や古材を扱った事業の事、エンターテイメントetc…。
それぞれの記事や人が関わった著書の紹介もあり、読書好きの僕としては
本を買う前のお試し版、みたいな面もありました。

THE BIG ISSUE JAPANには、こうあるといいな。こうなるといいな。に対して
こうしたよ。こうしてみたら。と返答がある。
そして、こうしたい!と云う沢山の想いや願いが詰まっている。
そんな気がします。

IHO 拝

無人販売の柿

朱美

週に二回温泉に、入浴にいく。

その途中に無人販売の柿が、おいてある。

一袋三個ぐらいはいって、100円です。大きい小さいいろいろですが、美味しいです。

今日も、通りがかったんですが、ありませんでした。

もう、終わったようです。

これからは、近くの八百屋で、買おうかな。             朱美

Now Is On

IHO

先日迄行われていた AIDS WEEKの数々のイベントや講演会には
殆ど、いや全くと言っていい程、参加出来ませんでした。
普段は暇ひまな僕の毎日が先日の数日間、多忙でした。
でも、何とかLASTの「市民講座」には伺う事が出来ました。
90分位でしたでしょうか、凄く興味深く且つ楽しい講演でした。
発表される先生方は面白く分かりやすく…で凄く記憶に残るお話をされますよね。

HIV/AIDSの現状を通して、ずっと言われているけど
発病前の検査がもっともっと進むといいなとか
内服薬をちゃんと飲む事で大事(おおごと)にならず生きていけるのになとか
まだまだ課題がある事を改めて受け止めました。
医療の現場から「発病前に受診してくれて良かった。」「大丈夫」と
言って頂ける事に安堵を憶え、
夜、女性一人で歩ける安全な日本、食べるモノが豊富なのにダイエットをする日本人、
そんな日本はHIV/AIDS患者(と云っていいかしら)に対しても非常に手厚い福祉があり
改めて感謝を言いたいです。
でも、差別と偏見はまだまだ根深くて、社会的死という非常に僕にとって
重いテーマは胸を締めつけました。それはまだまだ僕も受け止め切れていない、から。

何だか支離滅裂な日記になりました。
来年は有休を取ってでも多くのイベントに参加したいと想います!!!

IHO 拝

ハートが数える高度計

IHO

この日記で何度も色ンな宣言をさせて頂いている僕ですが
その宣言の殆どは前言撤回の如し、三日坊主で撃沈しています。
ここ一ヶ月の間に、またまた「やりたい事やっちゃえ」の波が押し寄せて来ており、
周囲の同僚や友人が資格を取得したり、学校に行ったり
忙しい仕事と家庭を遣り繰りして頑張っている姿に刺激を受けて
またまた焦りと云う名のウズウズが動き出し
通信で資格を取る勉強を始めました(荒い鼻息)
でも、スタートダッシュは凄く良い!と高校の担任に言われた通り、
今も現在も、始める時は高揚感も合わさってやる気100点満点なのですが
今は現在は、何だかボヤーッと教材を眺めている毎日です(汗)

さぁ!やるぞ!altimeterは上がったり下がったりしていますが
ちょっと頑張って高度高目で自分を磨いていきます!
ここに宣言します!>何度目だよ。。。

IHO 拝