陽性者と家族の日記

誕生日にサンテグジュペリ

IHO

幼少の頃、小さな星に綺麗な薔薇と住む小さな王子様のアニメを
不思議なお話だなぁと想いながら見ていました。
それから数年経って、桃子ちゃんが歌う歌詞の一節に気が惹かれ
調べてみたら(周囲の友達も知らない事を我先に知ろうと云う子供心です)
「星の王子さま」に辿り着きました。当然ですがこの時点でも既にこの作品は
友達内では無名でも世界的には超有名でありました。。。
また、ここでも友人と差をつけたい大人振りたい僕は図書館で「星の王子様」を
借りて読み始めます。
でも、なかなか難解でちんぷんかんぷんだったのを憶えています。
ただ、ウワバミを帽子と言っちゃうつまらない大人にはなりたくないな、と想っていたのは
はっきり覚えています。

それから・・・
今でも「星の王子さま」は僕の愛読書です。
何回読んでも、未だにこの作品を理解したかというと理解はしていませんね。
何回読んでも、面白いし胸が痛くなるし、読む度に新しい発見がありますね。

あと、もう少しで僕の誕生日です。
年齢を確実に重ねています。
つまらない大人になりたくないと想っていた少年の今は・・・
うぬぼれ男でしょうか
呑み助でしょうか
数字ばかり気にする実業屋でしょか
ひとりぼっちの王さまでしょうか
一日中働いている点燈夫でしょうか
大人と呼ばれて久しくなり、何だかつまらない人間になってしまったのではないかと
少し不安になりますが、どんなでもどんな大人になっていても
僕は生きています。一所懸命生きています。
そして、またひとつ歳を重ねる事が出来ています。

IHO 拝

NEVERLAND

IHO

先日「ミュージカル ピーターパン」を観劇してきました。
僕、ピーターパンが大好きなんです。
小学生の頃は、色んな作者(翻訳者ですね)の「ピーターパン」を読んでいました。
友達にも「また、IHO、ピーターパンかよ!」と言われていたし
読書感想文や卒業文集の自画像(35年以上以前は写真ぢゃなく自分でイラストを描いていた)も
ピーターパンでした((^-^;)
何に惹かれていたのでしょう?
やっぱり永遠の子供で居られるピーターへの憧れでしょうね。
そして、空を自由自在に飛べる事!ですね。

あれから、大分新しい時間はやって来て、年齢も重ね増しましたが、
今でも僕はピーターパンが大好きです。
「子供の頃の気持ちを持ったまま大人になっている自分って純情!」とかいう想いは全くなく
ただただピーターパンが大好きです。(←人によってはココがハナにツクらしい)
なんでしょうね、子供の頃の経験は影法師のように永遠につきまとうものなのでしょうかね(^_-)-☆

「ミュージカル ピーターパン」は
今公演から演出がガラッと変わって
プロジェクションマッピングぅ採用で、えらく進化しておりました。
でも、空を飛ぶ場面は変わらずでふんだんにピーターは飛んでいました。
どうして、人が空を飛ぶ(フライング)場面って心が動いて涙腺を緩めるのでしょうね。
おじさんはずっとウルウルしていました。本当に良いmusical作品を観ました。

…storyの最後のさいごの場面は大人にならないと理解出来ない、大人には酷な、
もしかしたら子供にはもっと酷な場面で終わります。
今回観に来ていたお子さんが、いつか自分の子供と一緒に観劇した時に
その事に気付くのでしょうか。

IHO 拝

TYPHOON

IHO

異常な豪雨で甚大な被害が出ています。
災害に見舞われました地域の皆様には
心よりお見舞い申し上げます。

今迄の経験からは想像出来ない出来事が沢山起きている気がします。
ひと月分の降水量が一日で降るなんて、誰も想像出来ないと想います。
今迄生きてきた中で経験した事を物差しにして、次の行動を考える、て事が
通用しない時代/環境になってきているようです。
今迄の考えや価値観では、太刀打ち出来ない程の変化に対応出来るだろうか。。。
心細い、今日この頃です。

IHO 拝

お昼ご飯は、そうめんです

朱美

ここのところ、お昼ご飯はそうめんを茹でて、食べてます。

サッパリして美味しいのですが、飽きてきました。

M子にも、そうめんの上にドックフードを、パラパラとのせてあげてます。美味しそうに、たべてますよ。

夏のお昼は、困りますね。           朱美

あっという間に7月も もう終わり

ガジ

ハッキリしない天気だったけど,夏ならではの行動ってことで
近くの市民プールに出かけてみた.
25mプールで数往復泳いだら,あとはプカプカ~(^_^;)

家に帰ってきて,うとうと・・・
隣に寄ってきた犬と一緒に昼寝して
この土日は何だかいい夏の休日を満喫できました.

美容院に行く

朱美

数日前に、美容院に行って来た。

夏だから、短くしてって言ったら、本当に短くなった。

今までに一番短かいかな?

でも、シャンプーも楽だし、まあまあ、似合ってまーす。

朱美

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Our Last Summer

IHO

夏からイメージする言葉は、「青春」です。←オイラ独断判断!
活気あって、時間が早く流れて、長い休みに冒険に挑戦…。
今、人生の折り返し地点を過ぎて、老いや死をイメージ出来る歳(時期)になり
あの頃の夏を想い出します。
朝から長い日昼を外で遊んでも遊んでもやりたい事が沢山あり
あっという間に晩になっていたあの頃。
山に登り、海に潜り、川を下り、行った事ない町に行ったり
新幹線で県外に出たり、お母さんのお手伝いで料理をしたりした、あの頃。
今でも想い出せる最後の夏はいつも10代の僕。
人生の折り返しを過ぎたのに、活気盛んに時間を忘れて夢中になる冒険や挑戦をした想い出が
20代30代40代にはない、だから僕の最後の夏は30年以上以前だ。
色々やってない事は想い付くのに、行動に起こさない僕は本当は欲していない不感症。

あの頃は、はっちゃけていたね~(^^♪と
毎年、毎月、毎日、毎瞬、いつでも想えるように
一年を、一ヶ月を、一日を、一瞬を、張り切って参りましょう!

IHO 拝

テレビの中に

IHO

ウチの近所で、ドラマか何かのテレビの撮影をしています。
どうにか、俳優さん(…ドラマだと断定している、俺)を見たくって
そろーりそろり通り過ぎたのですが、
staffの方々の「はーい、立ち止まらないで下さーい」「すみませーん」の
見せないぞ!オーラが強くって、ナニを撮影していて、ダレが来ていて、ドコの局なのかは
分かりませんでした。

でも、テレビとかの撮影ってワクワクしますね。
テレビの中の人達に逢えるって想う高揚感でしょうか。
昔、子供の頃ってみんな、たのきんトリオのトシちゃんに憧れたし
ピンクレディーのケイちゃんになりたかったし、
あのキラキラしたテレビの中に入りたいって想いましたよね(^^♪
久々に子供の頃の純粋な気持ちを想い出して、ほっこりしています。
でもテレビの中に入る前(放送前)の、実際の現場の雰囲気はキラキラはしておらず、かなり地味でしたょ。

IHO 拝

引っ越し慣れ

ひろき

昨年の夏に続き、引っ越しをしました。以前のフラットのエリアよかったのですが、フラットメイトの数も3人で多かったし、何といっても不動産屋さんが何かにつけて料金を請求してくる(まぁ、ビジネスってそんなもんなんでしょうけど)ので、たまったもんではありません。

実は、引っ越しは苦手。荷物をまとめたり、掃除をしたり、得意ではありません。いい歳をして、引っ越し業者に頼んだこともないし、ましてやイギリスで引っ越しって、車の運転でさえおぼつかない、独り身の私には不安です。

いつものごとく、友人に手伝いを頼んで、タクシーで新旧のフラットを何往復かすることにしました。自分のペースで引っ越しができるし、赤の他人に荷物を預けなくてよいので、気楽です。

ちなみにイギリス人にきいたところ、通常、独り身の引っ越しであれば、車を借りたり、運搬業者に頼むのが主流だそう。日本の引っ越し業者のように気の利いたサービスはないようで、自分で荷造りなどをして車を手配したりするそうです。

今回は、友人の助けもあり、前回のときより“引っ越し慣れ“したようで、スムーズにいきました。もう大人なので、年相応に“引っ越し慣れ”していたいですね。

 

対策

たたみ

最近、鼻炎がひどく、風邪を引いても長引きます。

病院でアレルギー検査をしてみたら、ハウスダストとダニのアレルギーが判明しました。

うーん、確かに部屋は散らかっている。。。

部屋の片付けはおいといて(おいておいてはいけないのだけど)、ハウスダスト・ダニ対策の一番の元凶、寝具を対策するために、

某布団用掃除機を買いました。

果たして効果はあるのか。。。片付けも・・・しよう。。。