陽性者と家族の日記

it’s gonna be a happy new year

IHO

時季外れの日記です。

今年の年明けは、僕が大好きなmusical「RENT」で幕を明けました。
ここ数年、ひとりで年明けは嫌だ‼と何かしらの
イベントやLiveに出掛けているのですが、
今回は初めてのmusial鑑賞での年越しをしました。(残念ながらひとりで…)

「RENT」のstoryの中で年を越す場面があるのですが
それを、実際の年越しのタイミングで舞台も進むという
今、想い出しても鳥肌モンの経験でした。
勿論‼僕を含めお客さんは大興奮でした(^^♪
大好きな「RENT」で新しい年を迎えられて、とっても幸せです。

毎年の僕の一年の抱負は
「楽しい事だけを選んで生きる」です。
これって出来そうでかなり難しい事です、僕には。
今年一年間、楽しい事をcatchして色んな事や沢山の方に出逢いたいと想います。
ホラ‼HAPPYな事がそこにやってきてますよ❤

IHO 拝

お久しぶりね

IHO

本当にお久し振りです。
購入して直ぐ動かなくなったPCを放置して数年、
やっと重い腰を上げて修理に出して直りました。
…実際スマホで事が足りていたので不自由はなかったのですけど。
これから、以前のように日々の出来事や想いを綴っていきたいと想います。
どうぞ宜しくお願いします。

IHO 拝

ネットオークションで断捨離

ひろき

最近、イギリスのネットオークションにはまっています。買うほうではなく、売るほう。いらなくなったDVD、本、元カレからもらった思い出したくない品物(笑)などなど、探せば結構売るものがあります。しかも、こんなもの誰が買うんだろうと思うようなものが意外と売れるんです。

売って収入が入るのはもちろん、物が減ったり、ほしい人に渡せるという満足感、そして何よりも小学校でしたお店屋さんごっこみたいで、結構楽しめます。

でも、会社の昼休みに郵便局にいったり、商品を包装したり、お金を稼ぐのはなかなか簡単ではありません。結局、本業に専念したほうがよっぽど効率がいいような・・・。

まっ、断捨離だと思えば精神衛生にもよいですね。

No Panacea

なぎさのペンギン

 

またまた。。。すっかり、ごぶさたしていますが、

みなさま お元気ですか?(*´ー`*)

 

おかげさまで 僕は

カゼもインフルもひかず 毎日を 快適に暮らせております。

ほんとうに 感謝。。。

 

とはいうものの

自分なりの努力は重ねているつもりです。

 

僕は鼻炎になりがちな体質で カゼの前触れが”ノド”ではなく

まず ”鼻”にきます。

熱も出ず、ノドも腫れずに つらい鼻炎だけが進行。。。というのが

2年前までの 僕のカゼひきパターンでした。

 

カゼのウィルスは 口の中(呼吸をするところ)にとりつくもの。。。

 

ならば、できるかぎり念入りにケアしてみよう。。。

と、”鼻うがい”(鼻の洗浄機)を購入。

 

機械での鼻洗浄の効き目は抜群で

それまでの点鼻薬や内服薬に頼っていた生活が

劇的に変わりました。

 

42℃の温水に 専用の顆粒を溶かして溶液を作り、

それで鼻の中を洗います。

誤って耳やノドに流れ込んでしまうリスクも少なく

つーんとせず 至極快適。

 

それまで 昼間にボーっと眠くなってしまっていたのは

もしかしたら薬のせいではなく

夜間に熟睡ができていなくて 慢性的な睡眠不足になっていたから

だったのかな?

と余裕で振り返れるくらい 今は 鼻の問題で悩まなくなりました。

おおげさではなく、自分の人生にとって

まさに「革命的」な変化 でした。

 

もうひとつ、効果的だったのが 歯みがき。

 

歯みがきとカゼって 関係あるの?

と思われる方もいるかもしれませんが。。。

 

一日3回、歯間ブラシやフロスで

食べかすをていねいに取り除き、

1回に15分くらいかけてブラッシング。。。

(昼間はどうしても5分くらいしかできませんが)

そのあとで ブラシでフッ素コーティング。。。

 

はっきり言って かなりの手間をかけています。

 

自宅以外でも仕事場でも使えるように

鼻の洗浄機も歯ブラシも2セット揃え

外出先でも対応できるように もう1セット。。。

 

確かにお金もかかるし、時間を割くのはめんどうくさい。。。

のですが

 

この”ひと手間”が 毎日の生活で大きな違いになるんだなあ、

という事実を 10年たったいま 実感しています。

 

毎日を快適に過ごすことができると 気持ちにゆとりが生まれ

いまの自分を客観的に振り返ることができますね。

体がつらいときって、周囲の人たちに対して どうしてもとげとげしく

厳しい態度になってしまいがちだから。。。

 

僕にとって HIVの感染は

もう10年以上前の話ですが。。。

 

10年かかって ようやく自分なりの管理方法を身につけるコツがわかった。。。

という 感じです。

 

特別な病気にかかってしまった と苦しかった時代もあるし

なんだあ、たいしたことないじゃん、と高をくくっていた

にがい思い出もあったなあ。

 

Learning experience

 

「学問なき経験は 経験なき学問に勝る」

 

ラクしようと思って ネットでショートカットを探しまくっても

 

パーフェクトなものって 結局 みつからないんだな、って。。。

 

自分という人間は 世界にたったひとりしかいない訳ですから

当然かな。。。。

 

わが身でぶち当たって分かったことの方が

はるかに多かったです。

 

 

これはHIVに限った話ではないと思うのですが。。。

 

“病気が完治する”という言葉は

自分を安心させる材料でしかない

心地よい響きではあるけれど

そこにもたれかかってしまったら

一番大切なことに気がつかず

すりぬけたままで すべてが終わってしまうかも

 

と感じるようになりました。

 

おいしいものを食べて

しゃきっと体を動かせて

いつまでも 新しい変化に身をまかせていきたいな

と願います。

 

これからも ずっとね。

 

来月(3月)に公開になるディズニー映画「モアナと伝説の海」のテーマ曲、

「How far I’ll go~どこまでも」を聞きながら

はるかハワイの海に思いをはせ 春を待っています。

すっかり遅くなりましたが

今年も よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死を思え

ひろき

新年はいつものように日本で迎えました。帰国したついでに新年早々、お墓参りに行くことに。家族と一緒に、親戚のお墓と自分の家のお墓を訪ねました。実は父方と母方の家のお墓は九州にあるのですが、将来的にはその墓から関東の実家の近くにある今回訪ねたお墓に移そう、という計画をたてています。

お墓のこと、まだ30代の私が考えるのもなんだし、陰気ですよね。でも、お墓って、最後に自分が入るところです。人生の最後をイメージするって、僕にとってはとってもポジティブなこと。

同性愛者で陽性者であると、孤独死するんじゃないかとか、病院で亡くなるんじゃないかとか、色々なことを想像してしまいます。でも、お墓だけ決まっていて、そこに葬ってもらえるなら、先に待っててくれるだろうほかの家族にも合流できるし、あの世も悪くないかなと。

お墓参りをして、死を思う、それは今目の前にある人生を考えることにもつながります。

今年の目標?!

ガジ

気が付くと3か月ほど間を空けてしまいましてすみません・・・

2017年が始まりました.
おかげさまで穏やかな年末年始を迎えることができております.
今年もよろしくお願いします.

昨年の夏以降,仕事の内容が変わって仕事量が増えたり
新たにhivの治療以外のクスリを飲むことになったりして
日々の心持ちは落ち着かない状況が続いています.

今年もさらに仕事の内容が変わる予定で,
新しい仕事は十分に引き継ぐことができないのに,
自分の仕事はいろんな人に引き継がないといけないので
上半期は落ち着かない日々がまだ続きそうです.

この年末年始の休みもそうですが,
休みの日は積極的に休養やリフレッシュできるよう心がけたいです.
こんな些細なことですが,これが自分の今年の目標となりそうです(^_^;)

明けましておめでとうございます

朱美

明けましておめでとうございます。

今年も、私の生活は、老犬中心になりそうです。

来月には、16歳になるので、人間の年にすると、80歳をこえます。

ヨタヨタ歩いている姿をみると、いっそう、愛おしくなります。

色々な事が、起きる毎日ですが、頑張って世話してこうと思ってます。

元気で、生きてね。                     朱美

5年お世話になった病院

ひろき

先日、5年間お世話になった病院を変えることにしました。仕事場と反対方向でしたし、家の近くにあるロンドン都心の病院に変えようと。

特に手続きをする必要はなく、新しい病院に直接にって、そこで以前の病院のことを伝えられれば、本人の同意を得て、今までの治療の情報などが転送されるそうです。

それにして、イギリスの病院は国民健康保険制度なので基本無料。無料なのに一生懸命、診療してくださったお医者さん、看護婦さん、ヘルスアドバイザー、そして受付の方々、本当にありがとうございました。

最後の診療日は、おかげさまで5年間、健康に過ごせました、とお礼しました。

最初は言葉や文化の違い、そして制度に不安があったのですが、本当にお世話になりました。違った面からイギリスという国の一面を垣間見たような気がします。Thank you!

ご近所の酒屋さん

ひろき

酒に強い、というわけではないのですが、お酒を飲むのは大好きです。ただ、食べずにおしゃべりをしながらパブでひたすら飲み続けるのがイギリス流。そこまで量を飲めるわけではないので、つまみながら少しだけ美味しいものをつっつきたいので、家で晩酌をすることに。

といっても凝った料理を作れるわけでもないですし、酒に詳しいわけでもないので、近所の酒屋さんに夕食のメニューと予算を伝えて、ワインを選んでもらうことにしました。熟年のしぶい紳士が一人で切り盛りしている近所の酒屋さんにひとりで入店するのはなかなか勇気がいります。ワイン通でもないですし。

週一回、1本のペースで購入していくと、酒屋のムッシュ(笑)も僕の顔を覚えてくれたようで、笑顔で迎えてくれるようになりました。このムッシュがなかなかのワイン通のようで、夕食のメニューを伝えると、すぐにおすすめのワインを教えてくれます。しかも、それがとっても美味しい!

こうしたことがあると、異国の大都会が少しだけ、自分の街になってきたような気がします。

 

秋らしくなつてきましたね

朱美

秋らしくなつてきましたね。

今年は、晴れの日が、少なく、鬱陶しい日が、続いてましたが、ようやく秋晴れの天気が、やってきました。

毎日、平凡な日々ですが、ノンビリくらしてます。

老犬も、涼しくなって、元気になってきました。         朱美