陽性者と家族の日記

心の準備

さしみ

はじめまして。この度日記のライターをお引き受けいたしました「さしみ」と申します。どうぞよろしくお願いいたします。ネスト・プログラムに参加していることもありますので、「さしみ」と思われる人物を見かけましたら遠慮なくお声掛けください。(ネスト・プログラムでの名前は「さしみ」ではありません)

実は数日、香港に旅行に行っていました。中華圏は2月16日に旧正月を迎え、香港は新年を祝うお祭りムード一色でした。活気あふれる香港の街からパワーをもらいながらも、ふと思い出してしまうのはHIVのことでした。

2017年2 月、私は保健所の検査で感染が分かり、その数日後に拠点病院を受診しました。「早く服薬を始めたい」と思っていたものの、ウイルス量、CD4、その他の所見も障害者手帳を申請するための基準に達していなかったため、「しばらく様子を見る」方針となり、この2月でちょうど1年が経過しました。HIVに感染していること以外は特に異常はなく「普通に生活してよい」とのことだったので、旅行が好きな私にとっては特別な意味合いもなく、思いつきで香港旅行を計画していました。

そんななかで旅行直前の診察を迎え、これまでと同様に様子見で終わるだろうと思っていましたが、主治医からは「そろそろ薬を始めませんか」というまったく予想だにしていない提案を受け、しばし呆然としてしま いました。感染当初は障害認定の基準も知らずに「早く服薬を始めたい」と期待しすぎて、自分の身体の状況が良いことにすら苛立ちを覚えていましたが、いざ薬が始まるとなると動揺を隠しきれない自分に気づかされました。この1年間、そう長くは続かないにしても「モラトリアム」があることをありがたく思ってはいましたが、服薬に向けた心の準備をまったくしていなかったのです。

いつ始めるのが良いのだろうか。今の通院頻度は3か月に1回だけど、服薬当初は頻度は上がるだろうな。仕事が忙しい時期に通院が増えるのは避けたい。副作用はどのくらいでるのだろうか。薬を飲んでいることろを職場の人に見つかったらどうしよう――こうなる日が来ることは分かっていたけれど、いざ その時を迎えると容赦なく押し寄せる不安に押しつぶされそうになっている自分を感じました。

けれども、いまここに書いていることは贅沢な悩みなのかもしれません。身体の状態によっては服薬のタイミングを選べないこともあります。服薬のタイミングが近づいたとはいえ、私にはまだ数ヵ月猶予があり、その間に主治医やソーシャルワーカーさん、そしてぷれいす東京で先輩方に相談できます。それはとても心強いことです。カウントダウンは始まってしまいましたが、皆さんの助けを借りながら心の準備をしていきたいと思っています。そしていずれは、心の準備が必要な方たちを助けられるようになる日が来ることを願っています。

愛犬の新しいお洋服

朱美

友人に新しいお洋服を、つくつてもらった。

寸法が、なかなか難しくて、初めは、大きすぎ、小さくつくりなおしてもらった。

なかなか、可愛く、出来ていて、満足しています。

まだ、きせてはいないのですが、本犬は、気に入ってくれるかな?

朱美

はじめまして

やっちゃん

皆さん、はじめましてこの度、日記帳のライターになりました、名前「やっちゃん」と申します。
宜しくお願いします!
僕のお仕事は、新宿区内の介護老人保健施設(老健)の認知症専門棟の介護士をしております。
最近、認知症ケア関連書籍を2冊購入したので、今その本を読みながら、勉強してます。介護士は、きっと生涯勉強をし続けるんだろうなぁと思いつつ、働いてます。

昨年の4月から、パートナーと一緒に僕の部屋で生活してます。
同棲してもうじき一年になります。
パートナーと一緒に暮らしてから、僕は、初めて料理をしました(笑)
パートナーは、ダブルワークをしており、僕が休みの時は、お昼を一緒に部屋で食べる時間があり、パートナーが朝早く仕事へ出掛けたら、午前中、僕は、お昼の用意して、一緒に食べ、そして、時折、夜までお仕事があり、夜ご飯も作ったりして、まるで主夫みたいな生活をしてます(笑)
僕は、自分が家にいる時は、なるべくパートナーと食事を一緒にとる事を大切にしてます。
パートナーとは、休みが合わないので、一緒にいる時間を大切にしてます。
でも、月一回は、パートナーと休みを合わせて旅行へ行く事が2人の楽しみです。

少し病気の事もお話ししますね。
病気になり、物理的には、病気前のいつもと変わらない生活に戻るのには、そんなには、時間がかかりませんでした。
でも、精神的にいつもと変わらない生活に戻るのに僕の場合は、約一年程かかりました。
今振り返ると、そう思います。そんな時に、このライターの話を受けて、引き受ける事にしました。

そんなこんなで、これからも、日常の事をこの日記に綴って参りますので、宜しくお願いします。

当たり前じゃねえからな!

チョコレイトディスコ

初めまして。

日記ライターを引き受けさせて頂いて、初めての日記となります。
何気ない日常を記していきたいと思います。

最近よく感じる「当たり前が当たり前ではなくなる」ことについて。

「当たり前じゃねえからな!!」

「めちゃイケ」で加藤浩次さんが相方の山本さんに言い放った有名なコトバで、ここ数年のテレビを観ている中で、一番ボク自身の心に突き刺さり、印象に残っているシーンの一つだったりします。
どんなシチュエーションでどう言った意味を込めて言い放ったのかなどは動画検索してみて下さい。

そんな「めちゃイケ」が2018年3月で20年以上の歴史に終止符を打ちます。

ボクにとって「めちゃイケ」は、学生時代から、いつもそこにありました。
SNSがない時代「先週のめちゃイケ観た?」で週明けのトークは盛り上がったものです。

この病気で一度死の淵を彷徨った経験をしてから、当たり前に目の前にある日常に感謝する機会が増えたと思います。

年を重ねてきたこともあり最近、当たり前が当たり前でなくなる機会も増えてきている気がします。

個人的には、安室奈美恵さんの引退もそのひとつだったりします。
学生時代から、20代、30代と彼女の音楽とLIVEステージはいつも人生のそばにありました。

彼女が良い時も悪い時も、ボクが良い時も悪い時も。

病気を経験して自分自身の物事の受け止め方が変わったこともありますが、今まさに様々な領域において時代が大きく変化している最中なのだろうなと思います。

ずっと当たり前にあると思っていた目の前のものは、明日なくなってしまうかも知れない。
だから、良い事も、悪い事も、いろいろあるけれど、今目の前にある当たり前に感謝して、今日を目一杯楽しく過ごそうと思う。

とりとめもなくツラツラと書いてしまいましたが、前向きなカタチで終わってしまいました(笑)
今後ともよろしくお願いします。

土曜日の実験室

IHO

先日、僕の大好きな「時かけ」関連の舞台を観劇して参りました。
今回の「時かけ」はコメディでして、
あの「時かけ」がこんな風になるなんて!と非常に楽しみました。
今回鑑賞させて頂いた、ヨーロッパ企画の「時をかける少女」…ではなく
「続・時をかける少女」は、あの土曜日の実験室後のお話です。
あの感動作品に続きがあったなんてと驚きましたが
(原作は未読なので本当はロマンチック?)更にコメディだなんて!びっくりポン!です。
舞台自体は時間軸を巧みに操り分かりやすくややこしくて「流石!」の
観応え十分、楽しさ100倍でした。(40代以上の年代の方は腹抱えます)

人を変え
形態を変え
時代を越え
性別さえ関係なく愛され続ける「時をかける少女」は「あの日」を想う人間が居る限り
色褪せずに語り継がれていくのかもしれない。

余談ですが、単身独居が長い初老の僕は
ふと立ち寄ったBARで気が合った方と別れ際に
僕が、ではまた待ち合わせは、と切り出し相手の方が
「土曜日の実験室で」と返して下さり、お付き合いが始まる!というのを
待っています。>ハードル高ぇ。ていうか600年後でもあり得ないわ。

IHO 拝

莓の贈り物

朱美

先日、九州の友人から、あまおうとゆう莓が、送られてきました。

4パックもです。早速一ついただいてみると、とても、おいしいです。大きな大きな莓です。

果物好きの私は、大喜びです。

毎日、大事に食べてます。                  朱美

タワー・サイド・メモリー

IHO

先日、生まれて初めて神戸に行って来ました。
(えぇ勿論!おひとり様ですとも)
大親友…だった女友人が大好きな街で
「絶対、行った方が良いよ」といつも言っていました。
あの頃から大分時間が経って彼女が云っていた神戸とは
違う/変わったかもしれないけど、素敵な街、KOBEでした。

フェリーに揺られて港町・神戸の歴史と共に綺麗な風景を楽しみ(日昼ですが)
巡回バスに乗り、こまめに乗降車を繰り返し神戸をちょこちょこ歩き
中華街では、目に入る中華を片っ端から食べて、腹いっぱいになり
神戸ポートタワーに上り、360度神戸を見渡し、
メリケンパークで潮風に吹かれ、
異人館/街の坂道をフーフーいいながら異国情緒を楽しみ、初神戸を満喫しました。
本当に品があって素敵な街でした。”昔”を大事にしていてとっても落ち着けました。

行った事がない街/町に行けて本当に楽しかったです。
(話しで)聞いて(雑誌/テレビで)見ただけの、行った事がない日本をもっと巡りたいですね。

IHO 拝

Dry January

ひろき

クリスマスとニューイヤーのお祝いが終わった後のロンドンはどんよりした曇り空の日が続きます。ここからが、ヨーロッパの暗い冬の本番。華やかなイベントも、遊びに使うお金もありません。

そんな1月のことをイギリスではdry Januaryといいます。読んで字のごとく、dry=乾いた、January=1月。日本語の語感でも理解できますね。アルコールを控え(少なくともそう誓う)、遊びをセーブする月です。

意外と、ここから春までが長い・・・。そして、季節性のうつになりやすい時期でもあります。ジムに行くと、いつも見かけないメンバーを見かけます。日本と同じように、年始に一念発起する人も多いようです。

春の訪れを告げる水仙の花が咲くのが待ち遠しい!

初詣で

朱美

今年は、三が日に初詣でに行けなくて、昨日、近くの神社に行ってきました。

おみくじを引いたら、中吉でした。

M子の今年の無事を、祈ってきました。今年17歳のM子元気でね。

go for it!

IHO

あけましておめでとうございます。
皆さん、どんな年明けを過ごされましたか?
新しい一年の始まり、はじまりぃヽ(^o^)丿

想像も出来ない毎日が 音立ててやって来る
一緒なら 無敵の毎日が 音を立ててやって来る
想像もつかない毎日が 送れると思わない?
一緒なら 無敵の毎日が 過ごせると思わない?
そう思わない?
今年も一緒に無敵な毎日を過ごして素敵な一年にいたしましょう(^^♪
>一体誰に向かって言っているンだ(^^?

昨年は大変お世話になりました。
今年も沢山お世話になります(^-^)

IHO 拝