陽性者と家族の日記

クスリ 追加・・・

ガジ

40代も後半になると色々とカラダに不調が出てくるものでして・・・

毎年の会社の健康診断でも「経過観察」的な事項があって
主治医とも,ここ数年は 様子を観ましょう と進めていたけど
今年の健康診断で,よりシリアスな判定が出たので
その専門科にかかったところ,すぐにクスリを飲むことになった.

せっかくHVIのクスリが1日1回1錠になったのに と思ったものの,
新しいクスリも1日1回で食事が関係ないそうなので
一緒に飲むことに.
それに飲み合わせも問題ないと聞いてひと安心(^_^;)

まずは1か月 様子を見てクスリの量を調整するそうで
今まで3か月毎の通院が,当分は毎月になるのがちょっと・・・

通院日に合わせて,毎月会社を毎月休むのは何年ぶりだろう?
かれこれ10年近く振りだろうと思うけど,
またその気苦労を味逢わないよう,いい「理由づけ」を考えないとな.
自分の勤めているところは,「通院で」というと
色々と聞いてくる人が多いので.

別れと引っ越し

ひろき

彼氏と別れました。元気です。何とか生きています。別れのことはまたの機会にして、今回は引っ越しの話。

もともと引っ越しは得意ではないので、極力したくないのですが、4年間も住んだので新しい場所に移りたくなったのがきっかけ。別れたからじゃないですよん。

引っ越しって、するまでが面倒なのですが、決めたらがぜん力が湧いてきます。新しい場所をみたり、近所を探索するのも楽しいですし、何より、新しい生活がスタートしたようなわくわくした気持ちになります。癒しの効果もあるんですね。

きっとまたリshスタートできる。新しい出会いもあるといいな~。

久しぶりの歯医者

ガジ

メンテナンスにと,昨年の秋に行きそびれて
そのままにしていた歯医者.
お盆明けに歯が痛くなって,久しぶりに受診した.
行くと,約10か月間隔が空いたことに「ダメだなぁ」と思う次第で.

やっぱり,何も不具合がなくても
年に数回は行けるように心がけないとな・・・

休眠口座

ガジ

異常に暑かった日々も少し勢いがなくなってきたこの頃.
暑さまっただ中の時は「勘弁してほしい…」と思うのに
こうなるとちょっと行く夏に寂しいなぁと感じたり.
何だか矛盾する気持ちが揺らいでいます(^_^;)

学生時代から社会人になって数年のうちに作って
ずーと放っておいた銀行口座,いつかなんとかしないといけないな と
このお盆休みに思い切って整理することに.
合併する前の旧銀行の口座の通帳を数冊持って銀行へ.

口座を作った銀行に出向かないといけないのかと思いきや,
そんなことはないようで,すべて対応できるとのことでひと安心.
ただ,あまりにも休眠状態が長い口座は,凍結されているのを復活させないと
残高が分からないものもあるようなので
その場で処理ができないようで,また足を運ぶ必要があるみたい.
ま,大した残高しかなくても,若かりし自分からのお小遣いってことで
有効に使おうかと思ってます(^_^;)

水彩画を描く

朱美

この頃、通っているデッサンサークルで、水彩画を描いている。

鉛筆デッサンに飽きてきたので、水彩でもとなった。

母の顔を描いてみたが、自分でも、上手くかけたと、気にいっている。

当分水彩画を描いてみようかな。

今度は、愛犬を、描こう。                     朱美

グラストンベリーで迎えた英国のEU離脱

ひろき

今月に入ってから、イギリスEUの離脱という衝撃的なニュースが世界を駆け巡っています。私がこの結果を知ったのは、グランストンベリーミュージックフェスティバルの2日めの朝のこと。衝撃的な結果に、イギリス人たちだけでなく、外国籍の人たちの混乱やパニックを間近に感じることができました。

職場に戻ると、日本人である私もじわじわと不安、パニックと混乱が押し寄せてきました。よくよく考えたら日本経済や日本国籍の私、そして目の前の仕事に影響がでてくる、しかも外国人排斥運動がイギリスで強まったらどうしよう、といったモヤモヤ感。

イギリス人の政治や外交手腕、意識は高いと思うので(歴史が証明していますよね)、結果、一部の論調のようなレベルの悪影響は出ないと思っているのですが。今後、イギリスからまずます目が離せなくなりますね。

クスリの変更?!

ガジ

3か月に一度の診察時に主治医から
「薬剤を代えてみますか?」と話があった.
正確に言うと,2剤飲んでいるクスリの合剤ができて
1日1剤の服薬で済むことになるそうで・・・

クスリのサンプルを見せてもらった第一印象は「おっきいな!」
薬剤の成分を変更するわけではないから,副作用などの心配は
ほとんど無用なのかな?と思ったものの,ちょっと悩む自分.

今のクスリに替えてからまだ1年も経っていないのが少し引っかかって.
自分の命を支えている今のクスリの名前とか忘れてしまわないか,
大切にしてないのかと,変な想いが湧いてきまして
それに今,2剤飲むのに苦労している訳でもないし・・・
そんな自分のこだわりが頭をよぎったけど,
とりあえず一部,合剤を試してみることにしてみた.

久しぶりに自分の中に居座る「面倒くさい自分」を垣間見たかも(^_^;)

闇の違い

ひろき

ロンドン東部には、その昔、切り裂きジャックが出没したというエリアがあります。産業革命のころに栄えていただろうそのエリアを今歩くと、はやり暗い。。。何もない、という暗さではなく、その昔、何かがあった、誰かがいたのであろうという暗さ。

イタリアの中世の町並みを歩くと、闇はさらに深いように感じられます。石畳の石、ひとつひとつに人間の様々な感情や記憶が染み込んでいるような粘着性のある暗さです。

日本の闇というと、明るいですね。東京なんか、闇がもはや“暗闇”ではない。一方で、京都の闇は温かい気がする。

よく、国によって気候や日差しが違う、と言いますが、ヨーロッパに住んでいると日本より街灯が暗いだけに、闇にも色々違いがあることに気がつきます。

社内の新しい日常

ガジ

今年,久しぶりに自分の部署に新人が入ってきた.
奇しくも自分が教育担当を任されることになり,
あたふたする日々が始まった.

今までは,新人育成を側面から支えることはあっても,
任されるのは初めてのことで,試行錯誤だらけです(*_*)
下手したら親子ほど歳が離れている若者のことを
無理無理に理解しようと張り切っていないけど,
やはりこちらから寄って行ってあげないことには
コミュニケーションが成り立たないし・・・

そんなこんなで一か月ほど,一緒に行動していると
相手も少ない持ちネタの中で,何とか話題を振ろうとがんばってることが
見受けられるようになって,ちょっと微笑ましく思う瞬間が出始めた.

きっと,自分が新人の時も教育係の先輩は同じような心情でいたのかな,
自分が丁寧にトレーニングされたから,今ここにいる訳で
少なくとも同等ことは新人にしてあげられるようにと思ってます.

ただ,自分があんまり張り切ってしまうと息切れしそうなので・・・
ペース配分にも気を付けないとね(^_^;)

南仏ニースへ

ひろき

先週末、ニースに行ってきました。そう、おフランスのおニースでござんす(笑)。5月ですが、もう夏の日差しで、ビーチで日向ぼっこしたり海水浴ができるくらい。同じヨーロッパでもロンドンと時間の流れがもっとゆったりしているので、4日間だけだったのに1週間ぐらい滞在したように感じました。

迷路のように入り組んだ旧市街を散策したり、色とりどりの野菜や花束を取りそろえた市場をのぞいたり、ニースは散策しているだけで楽しめます。海鮮も美味しいし、ケーキやパンなんでも美味しい、食も豊か。

とっても素敵な街だけど、ここに住むとなるとなるとどうなんだろう。観光客も多いし、そもそもナイトクラブやバ―なども多い、いわばパーティタウン。ホリデーが日常となると、ホリデーはホリデーのままなのだろうか?と。とっても素敵な街。だからこそ、ときどき訪れるのがちょうどいいのかもしれませんね。