HIV/エイズ よくある質問・みんなの回答集

服薬に関する疑問や不安をどのように解消しましたか?皆さんの経験を教えてください。

寄せられた回答

いく/50代 ゲイ 服薬歴10年

僕は、元々糖尿病などがあり、薬の選択肢が限られてました。ここ数年糖尿病でも飲めるプロテアーゼ阻害剤が出て来て、選択肢は広がったのですが、薬の選択はある意味主治医に任せきり。そしてそれでも十分満足していたし、問題もなかったのです。 続きを読む

瞬/女性 自由業 東京

いま「カレトラ、ツルバダ」4年継続、CD4/800、服薬歴15年。私なりに病気の支障ない生活です。「病気と闘う」というより「ウイルス」「薬剤」と共存と思っている。

1997年、次々の日和見感染を経、治療開始時「HAART」出現!私の場合選択肢は一つでした。 続きを読む

hiroki/40代 在宅勤務

僕の場合は1996年に肺炎で入院中、カリニで発症と判明して否応なしで、当時まだ単剤治療のAZTを処方されました。

約1ヶ月後に運良く3剤の多剤治療を始められましたが、選択の余地は殆ど無く副作用に悩まされながら服用。毎日、滝の如く吐いていて食道がジリジリ。 続きを読む

ゆう/関西 30代

投薬前は、定期受診で様子を見ていました。データではCD4の数値も安定。一方、ウイルスも高い数値が続きました。そのような状況で、自らの投薬に関わる制度を整えました。役所へ行き、更生医療の申請・適用。 続きを読む

Tommy/40代 東京在住

確かに服薬する前は、どのような副作用があるか不安な気持ちでいっぱいでしたが、実際に服薬してみるとまったく副作用もなく、不安が杞憂に終わりよかったです。

薬を決める際も、担当医と副作用については十分な説明をしてもらい、経験的に副作用がないものにプライオリティーをおいて選択しました。 続きを読む

きよし/40代 男性

薬を飲むタイミング、飲み合わせ、飲み忘れた場合の対処法など基本的なことは、病院などで配布されているパンフレットに分かりやすくまとめられていますし、病院でドクターやスタッフに質問すれば丁寧に説明してもらえましたので、疑問が解決せず不安に思うことは特にありませんでした。 続きを読む

HIVの感染不安の人、HIV検査前の電話相談

ゲイによるゲイのためのHIV/エイズ電話相談(Gay Friends for AIDS)
03-5386-1575 土曜日 19:00〜21:00

ぷれいす東京 HIV/エイズ電話相談
03-3361-8909 日曜日 13:00〜17:00

HIV陽性者と確認検査待ちの人、そのパートナー、周囲の人のための電話相談

ぷれいす東京 ポジティブライン(厚生労働省委託事業)
0120-02-8341やさしい
月曜日〜土曜日 13:00〜19:00
木曜日 15:00〜18:00(HIV陽性の相談員対応)

ぷれいす東京では、質問への回答を募集しています。ぜひ「あなた」なりの思いをお寄せください。

HIV/エイズ よくある質問・みんなの回答集 へ