新陽性者PGM同窓会

「再認識」 Y (40代/男/感染告知2014年/服薬歴15ヵ月)

感染告知を受けてから藁をもすがる思いでぷれいす東京さんにコンタクト。締切直後のPGMに飛び入りで参加させてもらい、同じ境遇の6名で情報交換、ディスカッションしたのも、もう一年前の事。

今では、あの時の苦悩や不安が嘘のようになくなり、むしろこんな普通の生活をしていてはいけないのではないかという戒めの思いや、あらためて病気に向き合う意味でもPGM同窓会に参加させていただきました。
ファシリテーターさんを含め総勢10名。PGM同期の人はいませんでしたが、告知を受けて10年以上の方から最近告知を受けた方まで、その時の状況から近況まで、いろいろな話を聞くことができました。改めて自分はこの病気にかかっているのだという事を再認識したと同時に、皆さんもいろいろな悩みや不安を抱えながらも前向きに生活を送っている事が励みにもなり、この病気と付き合っていくのも一人じゃなく、このような機会をいただいた事で相談のできる仲間も出来そうで、もっともっと今以上に頑張れると自信となりました。いつも悩んだ時に、きっかけとなる場を提供していただき、ありがとうございます。<2014年8月 感想文>

 前の感想文へ(2014年3月)

プログラム参加のご感想

プログラムページ へ