Women's Salon

「辛かった過去を笑って話せるオンナの余裕」 ぽんず(告知1992年 40代 新妻)

ファシリテーターさんが3人に増え、より一層オンナ度が濃くなった新ウーマンズサロン。スタッフさんも一緒になって女子トークが弾みます。そんな中、初めて参加されていた方が感染がわかった直後のおもしろエピソード(当時は笑えない!)を振り返り笑顔で話してくれました。聞いてる私たちも一緒に大笑い!過ぎてしまえば衝撃的だった出来事もちょっとした笑い話になってしまう・・・そんな陽性者同士の自虐ビョーキあるあるネタはココでしか話せません!

時々思うんです。アタシたち陽性者がこんなに笑ったり楽しんだり仕事や趣味を謳歌し、恋愛・結婚・育児をしている人もいるという事を多くの世間の人は知らないんだろうなと。モチロンどん底時代を経ていたり、ビョーキゆえの壁にブチ当たる事もあります。それでもビョーキが縁で繋がったステキな出会いがあったり、人生の軌道修正をするきっかけになったり、ビョーキ以前より心豊かに暮らしている仲間も多くいます。予防啓発が趣旨のメディアには、こんな私達のプラスの一面を取り上げてもらう事はないんだろうな。ぜひ一度ナマの声を聞きに参加してみて下さい!<2015年7月 感想文>

次の感想文へ 前の感想文へ(2015年1月)

プログラム参加のご感想

プログラムページ へ