U40ミーティング

「感染から数ヶ月、見つけた”みちしるべ”」秋山(感染告知年2015年/服薬歴1ヶ月/初参 加/20代)

初めて参加をさせていただきました。3ヶ月程経っての参加でした。感染当初、病院にてこのような集まりがあることも教えて頂いてましたが、陽性者の方と会うということにあまり必要性を感じている部分がありませんでした。自分で病気を受け入れられていなかったためか、焦りや不安というものすら感じてなかったということが大きかったのでしょう。しかし、数ヶ月経つにつれ、現在の生活や将来についての不安をどう処理すればいいかわからず、少しでも楽になる方法があれば、と今回のミーティングの参加を決めました。

初めてこのような場を経験して、開始前から最中もガチガチに緊張してしまいましたが、参加者皆様のお話を聞くだけでスッと漠然とした不安のモヤが取れたような気持ちになれました。周りに感染をカミングアウトしている人が居ても、「一人で向き合っている」という意識が強かったのですが、今回同じ境遇の方と出会って単純に「話したいことを話せることが嬉しい」と思いました。

同じ陽性者でもいろいろな人がいる、そして様々な人の話を聞くことは今後の陽性者としての自分、そして”陰性者”として普段、生活をする自分の指針にもなると感じました。<2015年8月 感想文>

前の感想文へ

プログラム参加のご感想

プログラムページ へ