障害枠で働く陽性者の交流会

「私の寺子屋」あたって砕けた(告知年平成18年/服薬歴11年/4回目参加)

このプログラムの参加のきっかけは、同じ障害者雇用として採用された人の職場環境はどうなの?という事でした。自分自身、社内部署で障害者枠は1人のみのポジションであり、不安や不満がありました。
何回か参加させていただいていくうちに仕事に関しての考え方や接し方の視野が広がって、悩む事が減ってきた様に感じます。参加者の年齢、雇用形態、雇用の入り口、職種、多様で集まった人数分のヒントやきっかけが生まれます。現場のリアルな声が良くも悪くも今後の自分の人生にいつか役に立つ日があると思うと、話を聞き漏らす事のないように聞き入ってます。
人生において、仕事は大きなウエイトです。各々にとってよりよい環境をということで冷静に考え、決断をすることに起こる問題をみんなで一緒に考えることのできる場所がここではないかと思いました。

前の感想文へ(2015年1月) 次の感想文へ 

プログラム参加のご感想

プログラムページ へ