群馬サテライト・ミーティング

「群馬ミーティング始動のお手伝い」ぽんず(1992年告知/40代)

訳あって夫と群馬に引越し約1年。引っ越す前はフラっとぷれいすに行ける場所に住んでいましたので、ワリと頻繁に利用させてもらっていました。その頃、時どき出会った当事者ミーティング等の開催が無い地域の方々から聞いていた「近所の目が気になる」「拠点病院が遠い」「当事者に会いたくても会えない」というお悩み、引越してから少し身を持って体験できた気がします。その中の「当事者に会ってみたい!」を叶えるべく群馬サテライトミーティングの立ち上げに携わり、この日を迎えたのです。
何人来てくれるかな??と期待と不安の中、始まりました。特にテーマは無く流れに任せて話しが進む感じでした。その内、少しずつ緊張も溶け話題も途切れることも無く、あっという間に時間が過ぎていました。当日はとても寒かったので、次に開催する頃は暖かくなっているかな?なんて話もしつつ。
私達自身、ビョーキの事を声に出して話せて、少しでも共感してもらえる、それだけで心が軽くなる経験をたくさんさせてもらってきたので、この新たな地で新たな仲間達に「繋がる場」を作るお手伝いができる事を嬉しく思っています。
このチャンスを下さり、群馬まで遥々おいで頂いたぷれいす東京のスタッフの皆様ありがとうございました!

次の感想文へ

プログラム参加のご感想

プログラムページ へ