アサーティブ・コミュニケーション

「自分の意見や気持ちを伝え、相手の気持ちを考える。」達也(感染告知年:2003年/服薬歴:約9年/初参加/40代)

アサーティブ・コミュニケーション講座をネスト・ニュースレターで知りました。
職場に外国人スタッフが多く、日本語が分かるもののコミュニケーションの難しさを感じる場面が多いので、
この講座から何かを学び、 仕事に生かしたいと思い、受講しようと決めました。
アサーティブという言葉を聞いたことがなく、周りは知らない受講者ばかりで最初はやや緊張していましたが、
自己紹介をしてペアワークやロールプレイングを実践していくことで、受講者同士で会話が弾み打ち解けていくことが出来て、いつの間にか楽しく熱心に受講していました。
相手と向きあう時の心の姿勢である誠実・率直・対等・自己責任というアサーティブの4つの柱を学べて、大変有意義でした。
長々とした文章や発言になりがちな私にとって、相手に対して簡潔に具体的に短く伝えることが大切であることに気づかされました。
また自分が発した言葉に対して、相手がどう受け止めるのか、相手 の気持ちを考えるという視点を意識することにも改めて気づかされました。仕事でもプライベートでもそうですが、相手を想いやる気持ちを常に持って、人と接していきたいです。

前の感想文へ 次の感想文へ 

プログラム参加のご感想

プログラムページ へ