ピア+トーク

「HIVと恋愛」けんじ(感染告知:1ヶ月前/未投薬/初参加/30代)

私は感染告知を受けてからまだ日が浅いですが、陽性であることが分かってからというもの、毎日病気のことばかり考えていました。この先の体調のこと、これから始まる薬の副作用のことなど不安は尽きず、インターネットや冊子で調べる日々が続きました。
自分自身の身体のことも心配でしたが、HIV陽性者となった自分がこれからお付き合いをすることができるのか、ということも大きな悩みであり、ちょうど恋愛とカミングアウトがテーマのトークイベントが開かれることを知り参加することにしました。
プログラムでは非陽性者を相方に持つ陽性の方、陽性者を相方に持つ非陽性の方双方から話を聞くことができて大変有意義でした。陽性の方の話には自分自身を重ね合わせ、この先良い人が見つかったとき、どのタイミングでどのような言葉で病気のことを伝えるのが良いかを考えながら聞いていました。また、非陽性者の方の話では、病気を告げられたときどのように感じたか生の声を聞くことができ、とても参考になりました。
どのスピーカーも幸せなお付き合いをされていて、HIVのことを話し合ったことがお互いの関係を深めることになった一面もあることを知り、恋愛に対して気持ちが前向きになりました。

前の感想文へ 次の感想文へ 

プログラム参加のご感想

プログラムページ へ