感染がわかって6ヶ月以内のPGM

「不安から前向きになれた」やっちゃん(感染告知年月:平成28年10月/服薬歴:7ヶ月/30歳代)

僕がPGMに参加する5ヶ月前、ある病院にて急性肝炎と同時に感染告知を受けた。病院にての不意打ち検査と感染結果だった。正直頭が真っ白になった。そしてそれから、僕の頭の中には、常に「不安」の言葉しかなかった。
不安を抱えた僕は、PGMの門を叩いた。
PGMに参加して、自分以外の人と同じ話が出来る事やサポーターである先輩感染者の貴重なお話を聞く事が出来て、PGM最終回では不安だった心が前向きな心に変わる事が出来ました。
自分と同じ病を抱えた仲間と病気についてお話が出来る喜びと安心を得る事が出来て凄く嬉しかった。
PGMは、僕にとって必要な事だったと思う事が出来た。
これからも前向きに過ごして生きたいと思います。
皆様、ありがとうございました。

前の感想文へ 次の感想文へ 

プログラム参加のご感想

プログラムページ へ