U40ミーティング

「相談に乗ってもらいながら、自分も誰かの助けになる」ススム(感染告知年:2017年/未服薬/4回目参加/30代))

U40では治療・カミングアウト・障害者雇用のこと等シリアスな内容から最近楽しかったことのようなカジュアルなものまで色々なトピックについて時に真剣に、時に肩の力を抜いて話し合えるところが面白いと感じています。“U40”といっても私より若い先輩陽性者や感染歴は長くてもミーティング初参加の人、外国籍の人など参加者のバックグラウンドはさまざまで、多様な考え方に触れながら新たな発見を得たり、自分の考えを整理したりしています。
私はまだ感染告知から半年弱で、U40への参加は4回ほどではありますが、私よりも感染歴が浅い人が初参加していた回に参加したことがあります。あの時の彼の質問は、私が初めて参加したときと同じものでした。あの頃の自分は藁にもすがる思いでただただ助けを必要としていた。けれど今の自分は微力でも彼の助けになれるかもしれない。そう思えたのは、U40に参加したことで自分なりの意見を持てるようになったからで、その手助けをしてくれたのは参加者のみなさんに他ならないと感じています。
 これからもU40にて力を分けてもらいつつ、誰かの支えになれたらなと思っています。

前の感想文へ(2017年1月)

プログラム参加のご感想

プログラムページ へ