ピア+トーク

「多くの人に支えられて」ゆうし(男性/30代)

今回、様々な荒波を潜られた方がどの様に荒波をくぐり抜けて来られたか、そのお話を聞けるということで、プログラムに参加するさせて頂いた。その内容は、当初思い描いていたものよりもはるかに過酷で、とてもではないが自分の人生と重ね合わせることはできないくらいの内容だった。
逮捕、覚せい剤、服役、ただ感染症にかかり、治療するということ以上の出来事の中で人が平常心を保ちながら生きていくことは本来ならば不可能であると思う。でも、お二人の話に共通していたのが、形は違えど、いつも近くに彼らをサポートする人が少なからずいたことだ。多くの方に支えられて彼らは立ち直り、今、前に進みそしてさらに今度は他の人々を支える立場に回ろうとしている。その事に大きく感動した。
感染症と付き合って行くことは決して簡単ではない。一方、もっと大変な人もいると他人との比較論で感染症が楽になる訳でもない。でも、こうして、荒波を潜り抜けられた方の人生談を伺う事は、自分自信が前向きに生きていく上で大きな勇気をもらう事ができた。

前の感想文へ

プログラム参加のご感想

プログラムページ へ