お知らせ

TOKYO AIDS WEEKS 2018のご案内

TOKYO AIDS WEEKS 2018
今年も赤いリボンのきせつがやってきました。12月1日の世界エイズデーの前後にNGOなどと連携しながら情報発信を行います。この時期にぜひHIV/エイズに関する最新の知識やリアルな声に触れてみてください。そしてあなたのイメージを最新のものにアップデートしてください。

Webサイト http://aidsweeks.tokyo/
Facebook https://www.facebook.com/TokyoAIDSweeks/
Twitter https://twitter.com/TokyoAIDSWeeks
フライヤー TOKYO AIDS WEEKS 2018

広報にご協力いただける方はどうぞよろしくお願いいたします。
 

U=U(Undetectable = Untransmittable)
検出限界以下なら感染しない。

このメッセージは、効果的な抗HIV治療を受けて血液中のHIV量が検出限界以下のレベルに継続的に抑えられているHIV陽性者からは、性行為で他の人にHIVが感染することはない、ということを表すものです。近年多くの国際的な研究によって、このU=Uの科学的エビデンスが確認されました。
多くの人がこのU=Uのメッセージを知ることで、自分自身とHIVとの付き合いかた、パートナーとの関係をより良いものにし、さらには社会におけるHIVに関連したスティグマ(負の烙印)を減らすことにつながります。

主なイベント(詳細はリンク先をご覧ください)

ぷれいすトーク
アフリカ難民キャンプのLGBTとHIV
〜トランス女性の嶋田さんとゲイ写真家の藤元さんが語る

■日時 2018年11月25日(日)14:00〜16:00(13:30開場)
■会場 CASE Shinjuku
(東京都新宿区高田馬場1丁目28-10 4F)
■入場 無料
■ゲスト
嶋田聡美さん(虹ともアフリカ)
藤元敬二さん(写真家)
■主催 NPO法人ぷれいす東京、虹ともアフリカ

世界エイズ・デー記念礼拝

■日時 2018年11月25日(日)17:00〜18:00
■会場 牛込聖公会 聖バルナバ教会
(東京都新宿区矢来町65)
■入場 無料
■主催 日本聖公会東京教区人権委員会、宗教とLGBTネットワーク、カトリック中央協議会HIV/AIDSデスク、ルーテルHIV/AIDSプロジェクト

Gay Men’s Chorus for TOKYO AIDS WEEKS 2018

■日時 2018年12月8日(土)15:00~
■場所 国立国際医療研究センター 中央棟B1アトリウム
(東京都新宿区戸山1-21-1)
■事前申込不要・入場無料
■主催 TOKYO AIDS WEEKS 2018 事務局 NPO法人ぷれいす東京

Visual AIDS Day With(out) Art
『知られざる結末、アクティヴィストの蜂起』上映

■日時 2018年12月9日(日)19:00-20:00
■会場 Community center akta
(東京都新宿区新宿2−15−13 第二中江ビル 301)
■入場料 資料代500円
■主催 ノーマルスクリーン

Cross Border Café × akta tag tour

■日時 2018年12月16日(日) 14:00-17:00
■会場 EAGLE TOKYO BLUE
(東京都新宿区新宿2−11−2カーサヴェルデB1)
■入場料 1000円 別途ドリンク代
■トークゲスト 田亀源五郎(漫画家/ゲイ・エロティック・アーティスト)
■MC&パフォーマンス ブルボンヌ(女装パフォーマー/ライター)
■パフォーマンス 肉襦袢ゲブ美(ドラァグクィーン)、JUZU(歌手)、長谷川博史(JaNP+)、マダム ボンジュール・ジャンジ(ドラァグクィーン/akta)
■DJ JUNYA
■主催 NPO法人日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラス、NPO法人akta
■協力 Living Together計画

聞こえる人、聞こえない人、どちらにも分かる
HIV/エイズ予防啓発動画プロジェクト

聞こえる人、聞こえない人どちらにも伝わるよう手話と字幕、音声付きのHIV/エイズ予防動画を12月1日の世界エイズデーに向けて制作しています。
クラウドファンディング実施中。
https://motion-gallery.net/projects/hiv-movie

お知らせ 最新記事へ