日本エイズ学会学術集会
「HIV陽性者参加支援スカラシップ」

HIV陽性者参加支援スカラシップ委員会では、毎秋に開催される日本エイズ学会学術集会に、より多くのHIV陽性当事者に参加してもらえるよう、学会参加登録料・宿泊交通費を一部補助するスカラシップを実施・提供しています。
HIV陽性者にとって、医療は切実な問題であるにも関わらず、専門家が意見を出し合って討議し、また、新たな治療が提示される学会や学術集会に触れることはこれまで稀なことでした。全国にいるHIV陽性者が、経済的や地理的、また心理的に参加しにくい学会の場に、少しでも参加する機会を拡大するために、HIV陽性者当事者団体・支援団体では、HIV陽性者の学会参加を促す独自の取り組みとしての本スカラシップ事業を、製薬企業らとの横断的な連携のもと、2006年より継続して行っています。

HIV陽性者参加支援スカラシップ委員会

後援:厚生労働省、日本エイズ学会、日本製薬工業協会(順不同)