ぷれいすVoice

母と一緒に考えて色々自然と教えてほしかった

らんこ/学生/29歳

今考えると私の家では、性に関する会話は殆ど無かったと感じます。実際に親と性の話をしたのは、私が20代前半で性感染症の予防に興味をもったことがきっかけでした。 それまではタブーな話題として我が家では扱われてきていたので、私が性の話をし始めた時の、親の動揺した顔が忘れられません。
気が付くと、自分も子供に教育する世代に近づいています。
性教育は、いつ、誰が?どうやって話すのか?私は誰から聞きたかった?と考えると、私の場合は自分の母親でした。私のことをよく知っている母だからこそ、小さい時から性教育をシャットアウトしないで、一緒に考えて色々自然と教えてほしかったと思います。
今 回、様々な環境にある方と交流することで、自分の親も、子供とどう性の話をすればいいのか、切り出し方が思い浮かばなかったのだろうと気づくことができま した。また、子供には一貫した態度で接し、子どもから性に纏わる疑問を投げかけられたら一緒に調べてみる等、非常にシンプルな教育方法を知ることができま した。自分が性教育する環境になったら、ぜひ今回学んだことを活かしたいと思います。

第1回ぷれいすトーク 「家庭のなかの性教育」 参加者感想文より)

セクシュアル・ヘルス

ぷれいすVoice へ