ぷれいすVoice

「笑顔のステージ」

ぷれいす東京 加藤 力也

TOKYO AIDS WEEKSでのゲイ合唱によるミニ・コンサートも今回で3回目。過去2回は国立国際医療研究センターでの開催でしたが、今回は日本エイズ学会の会場でもあるコングレスクエア中野の地下ホワイエで行われました。
少ない練習を自主練習で補ってもらいながら迎えた当日。30名弱の参加者が全員で顔を合わせたのもこの日が初めて。指揮のなおきさん、ピアノのべーすけさんの指導の下、本番に向けてテンションが上がります。
思ったよりも小さいステージにぎゅうぎゅうになりながら並ぶと、高い天井とひしめくお客さんの顔が見えました。演奏が始まりました。会場に響く自分達の歌声。リズムを取りながら聴いて下さる人、人、人。会場が一体となって楽しむ感じがとても嬉しくて、思わずステージのみんなも笑顔に。
6曲を歌い終えて、急遽打ち合わせにもなかったアンコール。最初に歌った『POP STAR』を再演。楽しい雰囲気で締め括ることができました。来年もまた笑顔で再会できますように。

TOKYO AIDS WEEKS 2017感想

ぷれいすVoice へ