ぷれいすVoice

「ユースプログラムを主催して」

東京医科大学病院 薬剤部 関根 祐介

2017年11月26日、第31回日本エイズ学会において、ユースプログラム「日本のHIV/AIDSチーム医療/支援はオモシロい!」を行いました。本プログラムは、医療・福祉を学ぶ学生にHIV/AIDSへのイメージをアップデートし、HIV/AIDSチーム医療/支援の面白さを伝えることが目的です。
当日は34名の学生が参加してくれました。はじめにHIV/AIDS医療の基礎講座、医療者の先輩トーク、陽性者によるしくじりトーク~服薬編/恋愛編~を聴講し、グループワークを行いました。
グループワークでは(1)新しく知ったこと、(2)今すぐにできる事、(3)将来のキャリアの為にしたいことについてディスカッションしました。参加者からは、陽性者の経験や悩みを聞けて視野が広がった。他学科・他職種との交流ができた。などの声があり大変好評でした。本プログラムを通してHIV/AIDSに携わる若い力が生まれたとこと思います。

第31回日本エイズ学会学術集会感想

ぷれいすVoice へ