異性愛者ミーティング

「考えが広がり、悩みが減りました」とも(感染告知年:2012年/服薬歴:3か月/男 /異性好き/30代)

 そもそも、ぷれいす東京の利用登録をした理由が、異性愛ミーティングの存在をたまたま知ったからでした。感染してから12年間、医療機関からの情報だけで、感染者との交流を持たずにきました。このころ、今後の人生を考えなければいけない状況と、病気との付き合い方に悩んでいた自分にとって、大変興味のある集まりでした。
 実際に参加して、自分の悩みを話してみると、男女両方から、いろんな意見を聞くことができました。他のミーティングにも共通するのですが、グランドルールがあるおかげで、意見を言いやすい、聞きやすい環境が整っているからか、居心地もよかったです。同じ病気を持っていても、それぞれ生活や環境が違うと、病気への対応が違うということも強く感じました。
 何回かミーティングに参加し、自分以外の考えや、個々の経験を知ることにより、以前に比べ、前向きかつ余裕をもった対応ができるようになりました。ここが重要なのですが、男性側、女性側、それぞれ複数の意見をその場で聞くことができる機会は、そうないかと思います。参加するたびに、新たな発見があるこのミーティングはずっと続いてほしいです。<2015年9月 感想文>

前の感想文へ

プログラム参加のご感想

プログラムページ へ