就職支援セミナー

ぷれいす東京では、年2回、企業の人事担当者などに来ていただき、HIV陽性者(免疫機能障害者)を対象にしたセミナーを開催しています。

セミナーの前半では、参加企業の皆様に、どのような人材を求めているのか、社内の受け入れ状況やプライバシーや配慮など、また採用から面接までの流れをお話しいただきます。

後半では、質疑応答の時間があります。参加者の皆様に、前半のやりとりでの不明な点、詳しく聞きたい点などについて、質問用紙に書いてもらったことを掘り下げていきます。

ぜひ、この機会をHIV陽性者の就職・転職活動に、企業の採用活動に、役立ててください。就職活動のなかで、陽性であることを、必ずしも伝える義務はありませんが、伝えた場合、受け入れ企業はどのように、受け止めているのかを、このイベントのなかで知ることができます。

※すべてのネスト・プログラムは事前の利用登録が必要です。
[利用登録とプログラムの予約]を必ずご覧ください。

2021年4月開催のフライヤーです。
第15回HIV陽性者のための就職支援セミナー

これまでの実績

開催日 参加企業 参加人数
2021年4月14日
(オンライン)
4社+1クリニック(株式会社LSIメディエンス/株式会社オンデーズ/トランスコスモス株式会社/サーチコア株式会社/医療法人社団アパリ) 15名
2020年11月16日
(オンライン)
6社(株式会社LSIメディエンス/Google合同会社/ジョンソン・エンド・ジョンソン 日本法人グループ/日本マイクロソフト株式会社/Bloomberg L.P./株式会社リクルートオフィスサポート) 26名
2020年6月17日
(オンライン)
4社(株式会社オンデーズ/ジョンソン・エンド・ジョンソン 日本法人グループ/Bloomberg L.P./三菱商事太陽株式会社) 18名
2019年8月30日 6社(Bloomberg L.P./株式会社ベアーズ/アマゾンウェブサービスジャパン株式会社/リクルートオフィスサポート株式会社/日本マイクロソフト株式会社/Google合同会社) 38名
2019年1月23日 4社( 日本IBM株式会社/トランスコスモス株式会社/日本マイクロソフト株式会社/SCSKサービスウェア株式会社) 33名
2018年8月24日 3社( 日本マイクロソフト株式会社/株式会社セントメディア メディカルサポート事業部/株式会社D&I) 25名
2018年1月16日 4社(SCSKサービスウェア株式会社/日本マイクロソフト株式会社/株式会社セントメディア/サーチコア株式会社) 37名
2017年8月25日 3社(株式会社LITALICO/株式会社D&I/日本マイクロソフト株式会社) 29名
2017年1月20日 3社(アッヴィ合同会社/SCSKサービスウェア株式会社/株式会社セントメディア) 23名

※参加企業を募集しています。こちらをご覧ください。

参加者の声:【オンライン開催】2021.4.14(水) 19:00-21:00 第15回[参加者15名]

「『ご縁』をどう手に入れるか」ゆうじ(初参加/40代)

ぷれいす東京については以前から知っておりました。
昨日、知人に就職セミナーがあるから参加してみない?というお誘いをいただき申込を致しました。
事前の登録が必要で直前日となってしまったにも関わらずセミナー数時間前に登録をしていただきセミナーを受けることができました。
そして19:00にZoomにログインし、まず感じたことは、自分のように障害を抱えてるゲイでも仕事を求職中のかたがいるんだ!でした。
当然おられるのは当たり前かも知れませんが、HIVに加え精神疾患や薬物依存などの問題を抱えながらも就労意欲を持っているかたを目にし、失業してからここ数ヶ月落ち込んでいた気分がパッと明るくなりました。 続きを読む

「免疫障がいのオープン就労の実態について」ひろ(服薬1回/2回目参加/40代)

障がい者雇用、オープン就労で働くことに迷っていたのですが、
企業人事御担当者様のリアルな声をお聴き出来たことが有意義な時間でした。
個別ルームにてLSI様の人事担当者様の業界の実情を知れて、LGBTに理解が有り、免疫機能障がい者がオープン就労されていて働きやすい職場を感じました。
企業人事担当者様、生島さん、セクレタリーの方々に感謝を致します。
また同セミナーが実施された際には、参加させて頂きたいです。

前の感想文へ 次の感想文へ

「希望の光が見えた夜」Kazuya(30代/2013年感染告知)

障がい者就職支援セミナー2度目の参加です。
初めて参加したのは2019年だったはず。正直に書きます。
その当時の感想はけっして良くなかった。「ここにいる企業は何のためにこのセミナーに来たんだ?」って思った。HIV陽性者、LGBTQの人たちを雇って他の企業よりも先をいってます、外国の企業では当たり前の採用を私たちはこの日本で先駆けて取り組んでます!!ってアピールの材料だって感じた。だからその1度きりでもう参加しなくなった。
でも、やはり障がい者枠での採用は気になるもの。だって、働く会社で「3ヶ月に1度だけ薬を処方してもらうだけに通院したいです」ってたったの一言も言えないなんて苦しすぎる。自分の人生、少しだけでも自分自身を楽にしてあげたい、このコロナ禍での窮屈な生活でさらにそう考えるようになった。 続きを読む

「オープンに働ける社会に近づきました。」ころ(服薬歴:8年/3回目参加)

「ダイバーシティー&インクルージョン」の声が地球規模で広がり、マイノリティを個性として受け入れる社会が広がっています。
企業側もHIV陽性者を理解し活躍できる場所をどんどん提供しているなと実感しました。
私も現在障害雇用で仕事をしておりますが、スタッフの皆さんにHIVを理解していただき思いっきり業務に打ち込ませていただいております。 続きを読む

過去の実績