専門家と話そう

HIVをとりまくさまざまな専門家を招いてお話をうかがう、定員制の学習会です。今後もいろいろなゲストを招いてい開催する予定です。

〔今までのテーマ〕
第21回  生命保険&損害保険のプロと話そう(2019.3.13)
第20回  精神科医と話そう(2018.9.27)
第19回      弁護士と話そう⑷ (2018.3.14)
第18回  生命保険のプロと話そう⑷ (2017.3.29)
第17回  歯科医と話そう⑶ (2016.9.21)
第16回  クリニックのドクターと話そう⑵ (2015.9.26)
第15回  Special「HIV陽性者と子づくり」 (2015.6.13)
第14回  弁護士と話そう⑶(2015.1.30)
第13回  歯科医と話そう⑵ (2014.6.11)
第12回  生命保険のプロと話そう⑶ (2013.8.22)
第11回  薬剤師と話そう (2012.6.9)
第10回  就労支援のプロと話そう (2012.3.22)
第 9回  生命保険のプロと話そう⑵ (2011.11.26)
第 8回  弁護士と話そう⑵ (2011.7.22)
第 7回  感染症の専門医と話そう (2011.6.24)
第 6回  生命保険のプロと話そう (2009.9.10)
第 5回  クリニックのドクターと話そう (2009.5.15)
第 4回  ゲイのドクターと話そう (2008.6.28)
第 3回  開業医と話そう (2007.10.23)
第 2回  弁護士と話そう (2007.3.16)
第 1回  歯科医と話そう (2006.7.26)

※すべてのネスト・プログラムは事前の利用登録が必要です。
[利用登録とプログラムの予約]を必ずご覧ください。

参加者の声:2018.9.27(木) 19:00-21:00 第20回「精神科医と話そう」[参加者19名+専門家1名]

「”少し楽になることも出来るらしいですよ“と、言えます」 PN:桜 

更生保護施設で薬物に関わる支援も担当する職員です。今回、オブザーバーとして参加させて頂き、「不安なこと、分からないこと、困っていることも相談できる精神科医もいるみたい。」と、陽性者の方々に自信を持って伝えられることが分かり安心しました。良い時間をありがとうございました。 続きを読む

「私の『精神科』への壁」PN:K(感染告知年:2007年/服薬歴:11年/初参加/30代)

「社会からはじき出されるのでは?という不安」この講演序盤の言葉で、私は本講演を聞くことに夢中になっていました。
私はかつて、「心理学を学ぶ」に抵抗感はないが、「精神科通院」「カウンセリングを受ける」には抵抗がありました。社会人になり、セラピスト側として精神科医とも仕事をすることもありました。だから、セルフケアできると思っていました。我武者羅に勉強し、働けばきっと「大丈夫」と。そして、体調を崩しました。今は、不安の中、「精神科通院」をし、「カウンセリングを受ける」をしています。 続きを読む

「いろんな生き辛さと一緒に生きる」PN:またお世話になってます(告知:2006年/初参加/40代)

今回は、「精神科医と話そう」というテーマでのプログラムでしたが、お二人の精神科医から話を聞ける滅多にない機会だと思って参加しました。自分自身、今少しメンタル面でしんどいところがあったので、何かしらヒントをもらえたらと思ったのがエントリーした一番の動機でした。 続きを読む

過去の実績

参加者から寄せられた感想レポートを掲載しています。