アサーティブ・コミュニケーション

「自分で自分を大切にする」ミサコ(感染告知年:2000年/服薬歴:10年くらい/初参加/30代)

前々日にぷれいす東京のWEBで「アサーティブ・コミュニケーション自己表現のABC」のプログラムを見ました。パートナーとなんとか上手くコミュニケーションが取れないものかと思っていたので、あわてて申し込みをしました。アサーティブ・コミュニケーション、という言葉も知らなかったので何か上手くコミュニケーションをとる技術?の事かなあ、と思っていました。
一日目は少し緊張していましたが、ロールプレイを皆さんと和やかにする中で緊張も解けていきました。アサーティブとは「相手との関係を永くよくする為のコミュニケーション」なので、相手の事を思えば良いものなのかと思いきや、大切にするのは自分とのこと。相手の権利も守りつつ、自己主張をする。なるほど!と思いました。確かに、常に相手に合わせて行動したりしていれば相手は不満はないけれども、自分の方は少しずつ不満がたまって、ストレスがある時期に相手にまとめて感情的にぶつけてしまう。私はそれをしてしまい後悔していました。私に足りなかったのは、きちんと気持ちを言葉にすることだったなと思いました。
 二日目は皆でより具体的な自分の経験からのロールプレイをして、私自身は今現在の要求を伝える練習をしました。皆さんが良かった点、改善点を具体的に示してくれたので、これはパートナーにずっと言えないのだろうかと思っていた事もサラッと言えるのではと自信がつきました。
実はここ最近、自分のコミュニケーション能力に自信を失っていたのです。周りが自分より上手にお話が出来ているのに私は出来ないって。これからは感情を伝えたり、具体的に提案したり、してみます!先生や一緒に参加した皆さんに感謝しています。

前の感想文へ(2016年7月) 次の感想文へ 

プログラム参加のご感想

プログラムページ へ