アクティビティー

「TOKYO AIDS WEEKS 2019」報告

Gen Men'sChorus 2019

2019年11月17日(日)〜12月23日(月)にTOKYO AIDS WEEKS 2019が開催され、延べ24のイベントが開催されました。ぷれいす東京は、ノーマルスクリーンとの共催で12月9日(月)に「Visual AIDS短編映像集「STILL BEGINNING」上映、12月11日(水)「日本におけるPrEPの普及と課題 〜見守りネットワーク作りを目指して〜」、12月15日(日)に「医療・福祉・司法・教育領域等の専門家によるLGBT支援の実践報告会&ネットワーキング・パーティー」を開催しました。また、5回目となる「Gay Men’s Chorus for TOKYO AIDS WEEKS 」では、今年も事務局として準備段階から関わりました。掲載の写真は、映っても良いというメンバーと石川大我さん(オープンリーゲイの国会議員)と一緒に撮影したものです。49

「Gay Men’s Chorus for TOKYO AIDS WEEKS 2019」報告

雨が降る中、200人以上もの方にご来場いただきました。合唱の参加メンバーは49人でした。

合唱したのは以下の曲でした。
・恋するフォーチュンクッキー〜AKB48
・春に〜作詞:谷川俊太郎/作曲:木下牧子
・ディズニー・メドレー
・A HAPPY NEW YEAR〜松任谷由実
・Climb Ev’ry Mountain〜『サウンド・オブ・ミュージック』より
・上を向いて歩こう〜坂本九

指揮は、なおきさん、ピアノはべーすけさん、編曲は、なおきさん/よーたさん(Sing out!Tokyo)のお二人が担当してくれました。この場を借りてお礼を申し上げます。

今年の手記の朗読者は石川大我さんでした。お忙しい中ありがとうございました。そして、何よりも国立国際医療研究開発センター ACCセンター長の岡慎一さんをはじめ、スタッフの皆様の多大なお力添えがあって、実現したイベントでした。また、ぷれいす東京のボランティアたちも運営面をサポートしてくれました。

参加してくださったお一人、宮田一雄さんがブログで感想を書いてくださいました。ぜひ、お目通しください。
ビギナーズ鎌倉 2019年11月23日掲載
「歌声は楽しく、強く、そして切なく 『Gay Men’s Chorus 2019』 エイズと社会ウェブ版435 」

そして、TOKYO AIDS WEEKSの合唱メンバーが中心となって参加したもう一つのイベントがあります。
セクシュアル・マイノリティ支援として12月6日(金)に開催された「Live Pride〜愛をつなぎ、社会を変える。〜」に、松任谷由実さんやMISIAさんのバックコーラスとして出演しました。
サプライズ出演だったためあまり広くは宣伝していませんでしたが、5年に渡って毎年開催しているGay Men’s Chorus for TOKYO AIDS WEEKSの活動が繋げてくれたご縁でした。
この日の様子は、HIV/エイズに関する情報も積極的に発信してくれているgladxxが詳細をレポートしてくれていますので、ぜひご覧ください。
レポート:「コカ・コーラ presents LIVE PRIDE 〜愛をつなぎ、社会を変える。〜」

そのほかのイベントについては、TOKYO AIDS WEEKS 2019 開催リポートをご覧ください。

TOKYO AIDS WEEKS 2019掲載記事

アクティビティー へ