認定NPOになることを応援する

2015年度活動報告会スタッフ・サポーター集合写真

2015年度活動報告会スタッフ・サポーター集合写真

ぷれいす東京は、HIV/エイズとともに生きるひとたちがありのままに生きられる環境を創り出すことをめざして活動をしています。より安定した運営を継続していくために、認定NPO法人になることを計画しています。

認定NPO法人になると

寄付者は寄付額に応じ、所得税と地方税をあわせて、寄付金額の最大50%の税額控除を受けられる可能性があります。団体としては、これまで以上に寄付が集めやすくなり、財政基盤の安定につながることを期待しています。

認定NPO法人になるには

認定NPO法人は、NPO法人よりも一層「公益性のある団体である」ことが求められています。認定申請の際に提出する書類で、以下の項目が審査されます。
ー広く一般から支持を受けているか
ーその活動や組織運営が適正に行われているか
ーより多くの情報公開が行われているか 等

このうち、「一般市民に支援されている度合いを計る」という点をクリアするため、名前と自宅住所(団体の場合は、名称と事務所の所在地)のあきらかな3,000円以上の寄付者(サポーター)が年間100人以上必要です。認定NPO計画のサポーターとして、ご協力をお願いします。

認定NPO計画のサポーターになるには

  1. 年間3,000円以上の寄付をする
  2. 賛助会員(年会費個人10,000円、団体20,000円)になる
  3. 毎月1,000円以上のクレジット寄付をする

上記のいずれか

東京都に提出する非公開の寄付者リストに氏名と自宅住所(団体の場合は、名称と事務所の所在地)を記載できること
*ただし、生計を一にする場合は、何人が寄付をしても一人とカウントされます。

認定NPO法人制度の詳細については東京都のサイトの「認定・仮認定」のページをご参照ください。
http://www.npo.metro.tokyo.jp/

2016年度活動実績

当初、2016年度の申請を目標にしていましたが、さらにさまざまな準備が必要なことがわかり、2018年度の申請をめざすことになりました。詳しくはこちら