ぷれいすVoice

突然、HIVが「わがこと」に…。

匿名/50代、保健・介護職、東京都

保健所の検査に、パートナーの方が陽性で、という方が来られました。大変、不安が強く、驚いていらっしゃる様子で、時間を頂いて、お話しを伺いました。感染の心配、今後のお二人のこと、(感染していたら)自分から周囲の方(同居のご家族)にうつしてしまうのではないか。将来子どもが持てるか等、様々なお話がありました。突然、HIVが「わがこと」になってしまったことの苦しさ悲しさとともに、相手の方への思いやりの強さを感じられ、“with”の重さと難しさを改めて考えることになりました。その数日後にニュースレターでこの冊子の案内をみて、何か“約束”のように感じたところです。保健所内に置いて、どなたでも手にとって読めるように、また私達の学びのために使わせて頂きます。ありがとうございます。
(冊子「Living with HIV 〜身近な人からHIV陽性と伝えられたあなたへ〜」の感想はがきより)

Living with HIV 〜身近な人からHIV陽性と伝えられたあなたへ〜

気づいたこと

ぷれいすVoice へ