HIV/エイズ よくある質問・みんなの回答集

落ち込んだときどうしていますか?

寄せられた回答

ひろと/20代 ゲイ男性 都市圏在住

僕の場合は、ある程度気晴らしした後、自分の状況をしっかりと受け止めるようにしています。

僕は大学時代、アート活動をするために、一般的な就職コースから外れました。そこから定職につかないまま、もうすぐ30を迎えます。 続きを読む

バタートースト/男性(GAY) 30代 都内在住 会社員 告知後2年 服薬開始後3ヶ月

楽器だったりゲームだったりしますが、趣味に没頭できる時間を作って気分転換をはかるようにしています。どうにもならなくなったら、1泊2日でいいのでどこか好きな場所へ一人で放浪しに行きます(1泊2日で放浪っていうのかはアレですが)。感染を知る以前に落ち込んだときにしていたことと基本的には同じです。

かな/20代 女性 東京

よくうつ状態に陥ります。そのときは、HIVに感染していることを知っている友達が何人かいるので、メールや電話でSOSを送ります。自分の場合、相手が忙しいのに邪魔してはいけないという気持ちが強いので、 続きを読む

クレヨン/東京都在住 21歳

まず、一人で悩まないこと!自分の事情を知っている人、例えば、ボランティアの方々や病院などで紹介してもらったカウンセラーなど、病気の事にある程度精通している人に相談するのが一番だと思います。 続きを読む

Fくん/24才

僕は普段からかなり落ち込んでいるので、精神科のご厄介になっていますが、あまりに落ち込んで、社会生活が辛くなる程だったら、あっさり精神科に行くというのは一つの解決手段かもしれません。 続きを読む

和/30代 男 東京在住

病気になって以来、落ち込むことは、しょっちゅうあります。将来の事や、死の恐怖がおそってくる事が多いです。そういうときは、こちら「ネスト」に来て、色々な人と話をしたり、来られない時は、心を許せる友達と、雑談したりしています。 続きを読む

ピーナッツ/30代 女性

自分の落ち込みの原因をもっとスケールの大きなものと比べてたいしたことないと言いきかせます。それに自分がそんなにも思い悩むほど、他人の心の中で自分のしめる比重というのは大きくないと思うし、自意識過剰になって自分の心の中で問題を膨らませちゃうようなことはしないようにします。 続きを読む

MASA/30代 男性

友人と話をする。電話でも電子メールでもいいから、自分一人でないことを確認する。
病気の話じゃなく、世間話するだけで気分が紛れるから。

学校の先生/30歳 男性同性愛者

僕の場合、一人になってほっとかれることがいいので、あまり人に関わったり、そのことに対して、何か特別な手だてを講じることはありません。もし、人に何か求めることで精神状態を回復できる人であれば、ぷれいす東京のようなサポート団体やカウンセリングを受けることなどがあると思います。いかがでしょうか?

サンゴ/女性 30代

とにかく、何でも良い方に考えること! 私は、自他ともに認める楽観主義者なのだけど、そういうふうにいられるのは、周りにいる、私を心配してくれ、愛してくれる人達のおかげなんだなあと、最近実感してます。 続きを読む

ヒロ/大阪在住 会社員 30代 男性

そうですね~~。病気の事で落ち込んだ事はほとんどないです。落ち込んで悩んだトコで、事実は消えませんし・・・。強いて言えば、同じ患者さんはどういう意見であろうか?と聞いてみることはありますが・・・。

隠れリーマン/31歳 男 東京在住 ゲイ

僕は昔は今以上に人づきあいが苦手で、悩み事があったり、気分が落ち込んだりしていると、一人になりたがるほうでした。感染が判ってからもう2年以上たちますが、感染が判かってからしばらくの間は誰にも話さずに、一人でじっとしていました。 続きを読む

相馬

告知後1年以上経ち投薬治療の効果も良好なため、病気に関して悲観することはほとんどないことを前提とした上でお話しします。

小さなストレスは、ジムで発散しています。 続きを読む

トムミム/40代 東京在住

告知されたばかりの頃は、ちょっとした体調の変化(風邪とか口内炎とか)に、いちいちおろおろして、心配したり落ち込んだりしていました。その度に主治医や、担当ナースに電話していたんです。 続きを読む

JUN/30代 ゲイ

もちろんボクも人間ですから落ち込むことはありますが、生来の性格が幸いしてか、落ち込みが持続しません(笑)。だいたいもって2~3日ぐらいでしょうか。もちろんネタ(?)によってはそれより引きずることはありますが、基本的にはこの程度・・・。 続きを読む

J兄貴

銭湯でゆっくりと入浴するのもよい方法です。家風呂ではなく、お湯がたっぷりとあるには空気中にマイナス・イオンが多く、リラックスすること請け合いです。他には、植物を育ててみるのも意外に気持を和ませてくれます。種と撒いて発芽を楽しむのもいいものですよ。 続きを読む

エムエス/30代 ゲイ HIV+

ぼくが落ち込むときは疲れている場合が多いので、とにかくたくさん寝るようにしています。体が元気になると気持ちも浮上してきます。あとはおいしいものや好きなものを食べるのも効果があります。

Kくん/学生 21歳

僕は落ち込んだ時、カラオケや友達に電話などをして解消しています。それかオールして一日中騒ぐとか逆に身体を酷使しています。それでなかったら家で音楽を聞きながら本を読むとか・・・。結局いつもの生活と変わらない生活をしてるかな?

HIVの感染不安の人、HIV検査前の電話相談

ゲイによるゲイのためのHIV/エイズ電話相談(Gay Friends for AIDS)
03-5386-1575 土曜日 19:00〜21:00

ぷれいす東京 HIV/エイズ電話相談
03-3361-8909 日曜日 13:00〜17:00

HIV陽性者と確認検査待ちの人、そのパートナー、周囲の人のための電話相談

ぷれいす東京 ポジティブライン(厚生労働省委託事業)
0120-02-8341やさしい
月曜日〜土曜日 13:00〜19:00
木曜日 15:00〜18:00(HIV陽性の相談員対応)

ぷれいす東京では、質問への回答を募集しています。ぜひ「あなた」なりの思いをお寄せください。

HIV/エイズ よくある質問・みんなの回答集 へ