HIV/エイズ よくある質問・みんなの回答集

地方で生活しています。医療や生活に関する情報の少なさや、サービス利用の難しさをどう補っていますか?

朱美/東海地方在住 50代

私は告知後14年と長い年月をHIVと共にすごしてきました。その間、いろいろの事があり、現在、自分の生まれた所に住んでおります。病院へは2ヶ月に一度、検査のみ、薬は近くの開業医の所でもらっています。

薬を飲み始めて9年余り。未だに2剤(3TC、AZT)で安定しています。その為、あまり気に入っていないドクターですが、かわらずに診療を受けてきました。

情報面は古くからの人間関係があり、苦労はしてません。今のこのおだやかな生活を維持できればと考えています。

その他の回答

HIVの感染不安の人、HIV検査前の電話相談

ゲイによるゲイのためのHIV/エイズ電話相談(Gay Friends for AIDS)
03-5386-1575 土曜日 19:00〜21:00

ぷれいす東京 HIV/エイズ電話相談
03-3361-8909 日曜日 13:00〜17:00

HIV陽性者と確認検査待ちの人、そのパートナー、周囲の人のための電話相談

ぷれいす東京 ポジティブライン(厚生労働省委託事業)
0120-02-8341やさしい
月曜日〜土曜日 13:00〜19:00
木曜日 15:00〜18:00(HIV陽性の相談員対応)

東京都HIV/エイズ電話相談(東京都委託事業/金曜夜間、土、日を担当)

03-3292-9090
月曜日〜金曜日 19:00~21:00
土曜日/日曜日/祝日 14:00~17:00

HIV/エイズ よくある質問・みんなの回答集 へ