HIV/エイズ よくある質問・みんなの回答集

先日、本人からHIV+と打ち明けられましたが、私はどうすればよいのでしょうか。

Qosmio/40代 男性 東京

<陽性者からのアンサー>

まずは、感染を告知した本人の勇気を讃えてあげてください。

HIV陽性者の全員が自分の感染を家族やパートナーに伝えているわけではありません。

伝えることで今までの関係が破壊されてしまうかもしれない、その不安を抑え敢えてあなたに真実を語った。それはつまり、あなたを信頼できる特別な存在とみなしているという証なのだから、その意味を真摯に受け止めてほしいのです。

告白されたあなたも苦しい気持ちでしょうが、これから一生病気と闘っていかなければならない本人はもっと苦しく辛いのです。原因にセックスが媒介していようがいまいが、病気は病気です。羞恥心や後ろめたさに苛まれるのは本人だけで充分、心の支えになって欲しいからあなたに告白したのだから、あなたには動揺せず毅然とした態度でいてほしい。

そのためには、病気のことを理解してください。HIVやエイズに対し自ら積極的に学び、知識を深めて欲しい。闘病生活を送りながら、現実には元気いっぱい に毎日を過ごしている陽性者もたくさんいるのだということを知ってください。病気について本人と対等に話ができるレベルにまで達すれば、いつしかあなたの心の不安も和らいでいるはずです。

その他の回答

HIVの感染不安の人、HIV検査前の電話相談

東京都HIV/エイズ電話相談(東京都委託事業)
03-3227-3335
月曜日〜金曜日 12:00~21:00
土曜日/日曜日/祝日 14:00~17:00

ゲイによるゲイのためのHIV/エイズ電話相談(Gay Friends for AIDS)
03-5386-1575
土曜日 19:00〜21:00

ぷれいす東京 HIV/エイズ電話相談
03-3361-8909
日曜日 14:00〜17:00

HIV陽性者と確認検査待ちの人、そのパートナー、周囲の人のための電話相談

ぷれいす東京 ポジティブライン(厚生労働省委託事業)
0120-02-8341やさしい
月曜日〜土曜日 13:00〜19:00
木曜日 15:00〜18:00(HIV陽性の相談員対応)

HIV/エイズ よくある質問・みんなの回答集 へ