HIV/エイズ よくある質問・みんなの回答集

最近感染を知りました。日常生活を送ることに支障はないと言われたのですが、職場にはこのことを告げなくても良いのでしょうか。後になって告げなかった事を責められるようなことはないのでしょうか。

学校の先生/20代後半

職場への告知・・・難しい問題の一つですね。パートナーや友人等への告知と違い、自分自身のことを知らない人に話す訳ですから、とても勇気のいることです。僕は、一昨年の夏に職場の同僚1名、年末に管理職3名に告知をしました。

僕は公立養護学校の教員です。就職してからちょうど8年目になります。HIV告知を受けたのは4年前。その間9ヶ月の入院生活と1年2ヶ月(今も継続中)の休職をしています。現在は、あと1年間のうちに復職しないと、自動的にクビになってしまう綱渡り状態。健康的には、働いても問題は無いよ!とドクターからは言われているんですけれど・・・

職場での告知の発端は、僕の勤務状態によるものでした。当時、精神的にダウンしており、欠席や遅刻が多く、それを心配した管理職(校長1名・教頭2名)に呼び出されました。入院経験がある僕を本当に心配してくださってのことでした。それまで、病名を「血栓症」(これも本当なんです)と報告していたのですが、
「今は申し上げられないが、血栓症以外にも致命的な疾病を患っている。」
と言うと、感の良い教頭が
「HIVか?」
「そうです。」

性格上このような場合、嘘はつけません。そして、正確に自分のことを知ってもらいたいので、セクシャリティのことも家族との状況も同時に話しました。僕のすべてをカミングアウトしたことになります。

この管理職への告知以前は、唯一、同僚の女性教諭に打ち明けていました。本当に神様のような人で、この疾患について正確な知識を持ち、セクシャリティについても同様で、さらに、職場の中では学校の運営にも携わるバリバリの人です。幸い僕と波長の会う人柄で、親しく可愛がってくれていました。いろいろと相談に乗ってもらっていて、「管理職にはこう言いなさい。」とか「これは言わないで。」など、先回りして助言をしてくれたり「病気のことは、死んでも言ってはだめ。」と言われていました。しかし、管理職に報告したことを告げると「あなたが選択したことなので、それは正解だったんだよ。これから大変だけど、何かあったらいつでも相談にのるから・・」と言われました。嬉しかった。職場告知の状況は以上です。

次にその後の経過です。勤務校は、養護学校の中でも医療的ケア(エアウェイ装着や経管栄養など)が必要な生徒が多く在籍しています。そのため、一番過敏になったのは案の定、校長でした。告知後幾度となく呼び出されては、「生徒に必要以上に触れるな。」「調理の授業では包丁を持つな。」「重度の生徒の指導は控えろ。」などなど・・・。大傑作は、通勤途中に 駅でスネにちょっとした怪我をした日のことです。多少出血があったので、処置のため少し遅刻をする旨を電話で伝えました。出勤するや否や校長から呼び出され、校長室に行くと、
「今日はイイから 帰りなさい。」
「・・・はっ??」
その当時使われていた、エイズの啓蒙のブラックジャックのポスター前で言われてしまいました!(大爆笑)まあ、ここで喧嘩をしても仕方ないので帰りましたが・・・。一方、教頭の方は、そんな体裁より、「大丈夫か?」「しっかり食べているか?」などと気を使ってくれます。人間性がよくあらわれています。やっぱり今でも校長は、職場の殆どの人たちから反感をかっているようです。人は、頭では分っていても、そのことが自分の前にあらわれると、いとも簡単変ってしまうのだな~と、逆に僕が勉強させられました。現在、彼とは冷戦状態継続中。「負けるが勝ち」ではないけれど、休職の道を選択しています。理解する意志を持たない人間に、こちらがどれくらい莫大なエネルギーをもって話して時間を費やしても無駄なことは知っています。まして、親にも言えないことを全て話したのに。自分の立場を守りたいがために発する言葉の数々には呆れる限りです。しかも、教育現場の「長」である人が。

最後に結論です。「必要で無ければ告知はしない方がよい」です。僕の場合は、生徒に感染の可能性がわずかでもあり得るため、必要最小限の人には告知するつもりでいました。その結果、同僚に素晴しい理解者がおり、本当に有り難くお世話になっています。もし、そのような人が存在するのであれば、1人くらいは知ってもらってもいいでしょうね。何よりも精神的に楽になりますよ!しかし、そのような人が見当たらない場合は控えた方が妥当でしょう。本当に悲劇ですからね。

僕は公務員で、民間企業の方とは全く違う職場環境にありますので、参考になるかは分りません。ただ、みなさんの選択肢の一つの参考になれば嬉しく思います。

その他の回答

HIVの感染不安の人、HIV検査前の電話相談

ゲイによるゲイのためのHIV/エイズ電話相談(Gay Friends for AIDS)
03-5386-1575 土曜日 19:00〜21:00

ぷれいす東京 HIV/エイズ電話相談
03-3361-8909 日曜日 13:00〜17:00

HIV陽性者と確認検査待ちの人、そのパートナー、周囲の人のための電話相談

ぷれいす東京 ポジティブライン(厚生労働省委託事業)
0120-02-8341やさしい
月曜日〜土曜日 13:00〜19:00
木曜日 15:00〜18:00(HIV陽性の相談員対応)

東京都HIV/エイズ電話相談(東京都委託事業/金曜夜間、土、日を担当)

03-3292-9090
月曜日〜金曜日 19:00~21:00
土曜日/日曜日/祝日 14:00~17:00

HIV/エイズ よくある質問・みんなの回答集 へ