ぷれいすVoice

HIVとうまく付き合いながら

ヒロユキ/感染がわかって4ヶ月

私は、とある手術の術前検査でHIV陽性を知りました。知った時はひどく動揺し、落ち込み、無気力になり、生きていくのが辛いような状態でした。
それから4カ月。今は服薬治療も始まり、あれだけ心配していた副作用も今の所全くなく、1日1回の服薬もほとんど負担に感じません。
私の場合、事実を知ったショックが原因の体調不良(胃痛や不眠)はありましたが、それ以外の体調の変化や病気などはありませんでした。「治療前に発症したら」「会社に知られたら」「もう以前のような生活はできない」など、自分で作り上げた悪い妄想に疲れ果てはしたものの、体調に変化はなかったのです。
感染が分かってからまだ4カ月ですが、ここまで気持ちが回復するとは思いませんでした。生活も仕事も変わっていません。病気になって気付かされたこともたくさんあります。これからも治療をして、HIVと上手く付き合いながら、生きて行きたいです。

HIV感染がわかったばかりのあなたへ

ぷれいすVoice "HIV感染がわかったばかりのあなたへ"

ぷれいすVoice へ