ぷれいすVoice

怖がらないで

k.y/男性、20代、HIV陽性、東京

感染がわかったあなたは、きっと今出口の見えないトンネルに入ったと思っているでしょう。
私が気付いたのは高熱が続いて入院した時で、今でもよく覚えています。
診断から一年経った今、私は至って普通に生きてます。 毎日のルーティーンに薬が一粒増えただけで、他はなんにも変わりません。
無理に事実を話す事はありません。私も彼女にしか話してません。
これから医療費の制度を受けるために、1ヶ月くらい役者と病院を往復するので、ちょっとバタバタします。
これから徐々に間隔が空いて行きますが、3ヶ月に一回くらい通院して、お薬を貰います。 
本来ならお薬だけで20万とかかかるけど、制度の手続きをしたので1万円で済んでます。
3ヶ月に1度、25,000円貰ってるので負担はありません。 
これから治療を続けながら、昇進目指して働きます! 家庭を持って子供も2人は欲しいな! 

ほらね!出口見えた気がしませんか?
怖くてたまらなくて
たくさん悩んで
たくさんネットサーフィンして
ここにたどり着いたあなたへ。
ぷれいす東京さんに電話してみてください。 きっと優しいスタッフさんが今の気持ちを聞いてくれます。
私から1年前の私と、今感染して不安なあなたへ送るメッセージです。
届いたかな?

HIV感染がわかったばかりのあなたへ

ぷれいすVoice へ