就職支援セミナー

ぷれいす東京では、年2回、企業の人事担当者などに来ていただき、
HIV陽性者(免疫機能障害者)を対象にしたセミナーを開催しています。

セミナーの前半では、参加企業の皆様に、どのような人材を求めているのか、社内の受け入れ状況やプライバシーや配慮など、また採用から面接までの流れをお話しいただきます。

後半では、質疑応答の時間があります。参加者の皆様に、前半のやりとりでの不明な点、詳しく聞きたい点などについて、質問用紙に書いてもらったことを掘り下げていきます。

ぜひ、この機会をHIV陽性者の就職・転職活動に、企業の採用活動に、役立ててください。就職活動のなかで、陽性であることを、必ずしも伝える義務はありませんが、伝えた場合、受け入れ企業はどのように、受け止めているのかを、このイベントのなかで知ることができます。

※すべてのネスト・プログラムは事前の利用登録が必要です。
[利用登録とプログラムの予約]を必ずご覧ください。
 
2018年8月開催時のフライヤーです。
第10回就職支援セミナー

これまでの実績

開催日 参加企業 参加人数
2018年8月24日 3社( 日本マイクロソフト株式会社/株式会社セントメディア メディカルサポート事業部/株式会社D&I) 25名
2018年1月16日 4社(SCSKサービスウェア株式会社/日本マイクロソフト株式会社/株式会社セントメディア/サーチコア株式会社) 37名
2017年8月25日 3社(株式会社LITALICO/株式会社D&I/日本マイクロソフト株式会社) 29名
2017年1月20日 3社(アッヴィ合同会社/SCSKサービスウェア株式会社/株式会社セントメディア) 23名

※参加企業を募集しています。こちらをご覧ください。

参加者の声:2018.1.16(火) 19:00-21:00 第9回[参加者37名]

「障害者雇用と一般雇用」MF(感染告知年:2011年/服薬歴:約7年/初参加/40代)

僕はこれまで2度の転職を経験していますが、どちらもインターネット上の転職支援サイトのネットエージェントを介したものでした。
最初の転職では僕自身がまだ病気ではありませんでした。2度目の転職では既にHIV陽性者であり障害者でしたが、障害者雇用を利用する(出来る)考えが全く頭にありませんでした。 続きを読む

「初めての就職支援セミナー参加」ぴこ(感染告知:2007年3月/服薬歴:13年/セミナー初参加/ネスト・プログラム参加2回目/40代)

当日のセミナーの内容としては、陽性者を積極的に採用する姿勢のある会社さん3社のプレゼンと就職エージェントからの企業採用動向の解説でした。
3社のプレゼンを聞いて感じたことは、平日に通院している陽性者は有休消化をしなければならないという点は、一般の疾患と何ら変わらないと感じました。その点を踏まえると、「陽性者は本当に障がい者なのか?」「陽性者が就職するときに企業へ配慮を求めなければならないのか」という点でした。 続きを読む

過去の実績