ピア+トーク(陽性者の経験談)

「ピア+トーク」は、さまざまな経験をもつHIV陽性者を迎えてお話をうかがうイベントです。どのような経験を聴きたいか、リクエストをお聞かせください。

〔今までのテーマ〕
第11回 A型肝炎について知ろう!(2018.7.1)
第10回 あきらめない/Don’t give UP!〜どん底を味わった2人のHIV陽性者の経験に学ぼう(2017.7.1)
第 9回 恋愛とカミングアウトⅡ(2017.3.18)
第 8回 HIV陽性者と長期療養時代のための心の準備(2016.10.22)
第 7回 HIV陽性者とキャリアチェンジ(2016.3.16)
第 6回 HIV陽性者とセーファー・セックス(ゲイ/バイセクシュアル男性限定)」(2015.8.22)
第 5回 恋愛とカミングアウト(2014.11.8)
第 4回 HIV陽性者とアンチエイジング(2014.7.5)
第 3回 障害者枠で就職している陽性者(2013.11.16)
第 2回 何かにはまってしまった経験談(2013.9.27)
第 1回 女性の陽性者と妊娠・出産(女性+パートナー限定)(2013.5.18)
※すべてのネスト・プログラムは事前の利用登録が必要です。
[利用登録とプログラムの予約]を必ずご覧ください。

参加者の声:2018.7.1(日)18:00-20:00 第11回「A型肝炎について知ろう!」[参加者37名+専門家10名]

「みんなで流行を乗り越えましょう!」今村顕史(がん・感染症センター 都立駒込病院 感染症科 部長)

今、同性間の性行為によるA型肝炎が広がり続けています。A型肝炎は、便中のウイルスが、口から入ることで、性行為でも感染します。発症すると、重症化して長期入院となることもあります。性行為による予防には限界があるため、ワクチン接種が最善の予防対策となります。 続きを読む

「A型肝炎ウイルスって怖い?」にに

ぷれいす東京に登録にしてから初参加者としてこういうイベントに参加しました。
2014年7月に感染告知され4年経ちました。この4年間の中には最初は怖くて怖くて、もう生きていく勇気もなさそうです。涙も毎日でした。ようやくこういう事実を納得して、だんだん穏やかな生活になってきます。 続きを読む

「ワクチンについて知りたい」トーマ(感染告知年1999年/30代)

5月中旬に39度の高熱を出して普段HIVの薬を処方してもらっている病院に受診し、インフルエンザと最近流行っているという肝炎の検査をしようと医師から告げられ検査しました。結果、どちらも陰性でした。そしてA型肝炎について知ろう!という案内が届き、そんなに流行っているのかと思い参加することにしました。 続きを読む

「実は、あの頃A型肝炎に罹ったのでは?そして、今現在…」工藤新一

7月1日(日)、新宿区内で「緊急企画『A型肝炎について知ろう!』」が開催された。小生はHIV陽性者ではあるものの、運よくA型肝炎には罹っていない…そう思われた。
しかし、説明のはじめに、今村医師より、牡蠣が汚れた水をきれいにする浄化機能があるもののウイルスまでは浄化できないことを知った。そこで、あの頃、罹ったのでは?…と疑念を抱いた。 続きを読む

「〜infield fly〜」浅草、jelly beans(初参加/2017.6.15/HIV陽性+間質性肺炎 告知/服薬10ヶ月)

あの日唐突にそれは宣告された。それは、去年の夏ほおずき市で買った風鈴が一縷の雨が途切れて落ちた瞬間突然”パチン”と弾けて落ちたかの様だった。そんな突然の出来事に肩より低く首(こうべ)を垂れて床に落ちる筈の涙を何時迄も待っていた。昔、酷い虐待に遭い部屋の隅で膝を抱えて“きっと大丈夫だ”と強い希望を持っていたあの頃の幼い自分も謗らね顔で黙ったままだった。飛び散ったガラスの破片で切れた足の指から止めどなく流れる己の血、それが原因で愛する人にもインフェクションするなんて今でもその宣告を何時迄も続く真夜中のイリュージョンの様に信じることが一切出来ないでいる… 続きを読む

過去の実績

参加者から寄せられた感想レポートを掲載しています。