ピア+トーク(陽性者の経験談)

「ピア+トーク」は、さまざまな経験をもつHIV陽性者を迎えてお話をうかがうイベントです。どのような経験を聴きたいか、リクエストをお聞かせください。

〔今までのテーマ〕
第1回 女性の陽性者と妊娠・出産(女性+パートナー限定)
第2回 何かにはまってしまった経験談
第3回 障害者枠で就職している陽性者
第4回 HIV陽性者とアンチエイジング
第5回 恋愛とカミングアウト
第6回 HIV陽性者とセーファー・セックス(ゲイ/バイセクシュアル男性限定)」
第7回 HIV陽性者とキャリアチェンジ
第8回 HIV陽性者と長期療養時代のための心の準備

参加者の声:2016.10.22(土)14:00-16:00 第8回「HIV陽性者と長期療養時代のための心の準備」[参加者28名]

「ポジティブな印象にびっくり&元気もらいました。」 てつ(服薬歴5年/初参加/50代)

長谷川さんのプロフィールを、ウェブ上で拝見していたら、なんだかとてもハードな人生で、正直、若干気持ちが引いてしまいました。HIV感染で、腎臓透析で、片足切断…緩慢なる自殺寸前の状態…。しかも現在進行形。こんな過酷な状況にいる方にあったことがないので、単なる興味本位で参加するような気がして、当日までちょっと戸惑っていました。でも、そんな状況にもかかわらず、人前に出てお話をする長谷川さんをどうしても見たくなり、出席させていただきました。 続きを読む

どう生きたらいいのだろう」 ノブ(2016年2月感染告知/服薬開始7カ月目/初参加/40代)

自分は今年2月に髄膜炎を発症しエイズと判明、いきなりエイズだった。4ケ月程入院し体調もウィルス量も安定し8月には仕事に復帰出来た。気分的にも前向きに治療を進めていた。しかし9月半ばに痙攣を起こし再入院。髄膜炎による痙攣とのこと。車の運転を止められた。2回目の入院のショックに加え車に乗れない=仕事が出来ないというショックが加わり、マイナスの事しか考えられなくなってしまっていた。会社からも一区切りつけようと言われ、この先どうしたらいいのだろう何のために生きているのだろうとしか思えなくなっていた。そんな時にこのピア+トークを見つけた。 続きを読む

「生の声」まさる(35才/初参加)

私がHIVの感染告知を受けたのは、2015年6月頃で、CD4の値も低かったため、すぐに服薬開始となりました。HIVについての知識はそれなりにもっていましたが、「まさか自分が…」という思いで、感染当初は絶望と不安しかなかったです。そんな中、今回のピア+トークを知り、何か光をみつけられればいいなと思い参加しました。 続きを読む

「ココロの記念日」しんしん(感染告知年:2013年/服薬歴:3年)

僕がもし感染告知されず服薬せずに過ごしてたら、長谷川さんのお話を聞く機会はあっただろうか。当日の長谷川さんのお話が深く胸に響いただろうかって、ふと考えました…。僕は感染告知され服薬し、病の当事者になってようやく病と本気で向き合いました。それからの人生は遅まきながらも、向き合った病についていろんな人にも出会いました。いろんな所にも出かけました。 続きを読む

過去の実績