陽性者と家族の日記 “たたみ”

また1年間お世話になります。

たたみ

自立支援医療受給者証が更新されました。

また1年、お世話になります。

更新の申請のために、病院で書類を書いてもらいますが、年間医療費の算出額を見ると、

ものすごい金額。

改めて「はっ」とさせられます。

年数回、定期的に通院する以外は、ほとんど病気を意識しない毎日。

自分は、この医療費で生かされるのに見合う生き方をできているのだろうか。。。

と、この機会に毎年ふと思います。

 

私を支えるモノ

たたみ

私を支えるモノ。

そう、寝て居る間、私の頭を支えるモノ。

枕を10年以上?ぶり??に買い換えました。

 

使っていたのは低反発枕。ものすごく色的にもニオイ的にも「自分色」に染まってしまっていて…(苦笑)

低反発素材を包むメッシュのカバーを開けてみると。。。スポンジの変質がすごい。

(リアルな表現は自粛します)

 

朝、目覚めると腕がしびれていたり、熟睡感もなかったので、ホームセンターへ。

ホームセンターの展示ベッドに数個の枕を持ち込んで、あれこれ試して。。。

ちょっと値段が張りましたが

「24時間の1/3くらいは寝ている」

とかなんとかいういつぞやの寝具メーカー?の宣伝文句がふと湧き出し、

購入。

いやー、よく寝られる!!

睡眠は大事ですね。

ボヘミアン ラプソディ

たたみ

映画ボヘミアン ラプソディを観てきました。
QUEEN、というかフレディマーキュリーの自伝的な映画です。とても良かった。
音楽もさることながら、とてもシンプルで大事なメッセージが心に響きました。
フレディはHIV感染に関連する病気で亡くなるのですが、当時は治療法も確立されていない時代。
そこはあまり深掘りされてはいませんが、死を覚悟して「本当に大事なものは何か?」に気づく機会であることは自分も身を持って体験していることで、とても共感できました。
ただ、今は服薬でずっと生きていける時代。
日々のいろいろなことに流されて「大事なもの」を忘れがちですが(苦笑)、自分の気持ちをリセットする機会にもなりました。
もう1回映画館で観たいと思います。

10 YEARS

たたみ

先日のぷれいす東京のお花見に参加させていただきました。
参加させていただくのは10年ぶりです。
今回は天候にも恵まれ、桜の花もしっかりあり、「お花見」を満喫できました。
楽しく過ごすことができました。
ありがとうございました。

とてもたくさんの人たちがいて、スタッフの皆さんは本当にお久しぶりでした。
お互い歳をとりましたね。。。(笑)

ぷれいすのグループで過ごす時間はとても懐かしく、今も貴重なものだなあと思いました。
この病気のことを他の人と話す機会も今はほとんどないので。

ちなみに、感染を知った時の病室から見た満開の桜は今も鮮明に記憶に残っています。

桜というのは自分にとって大きな「サイン」でもあります。

 

また、ふらっと現れるかもしれませんが、その時はよろしくお願いします。

毒出しうがい なるもの

たたみ

うがい。

これまで喉をがらがらーぺっ!ってやってましたが、この冬はやりかたを変えました。

テレビで「毒出しうがい」ていうのをやっていて。

ネットで検索すればいくらでも出てきますが、実際やってみて、調子がよかったです。

喉のうがいをする前に、口の上→下→右→左とそれぞれ10秒間ずつ、ぐちゅぐちゅ!!と全力ですすぎます。

たまに口から水が飛び出てしまうくらいの強さで。

で、最後に喉のうがい。

水道水でよいらしいので、興味のある方は試してみてください。

冬を乗り切りました

たたみ

やっと冬も終わりつつあります。

暖かくなりつつありますが、花粉症の皆様はこれから頑張ってください。(今のところ花粉症でないから言えますがw)

今回の冬シーズンは風邪・インフルエンザを引くことなく過ごすことができました。

キーワードは「冷え」と「湿り気」です。

部屋の空調管理です。

寝るときも

・エアコンは18度キープでつけっぱなし

・加湿器つけっぱなし(以前は空気清浄機の加湿機能だけでしたが、加湿専用を追加投入)

でした。

あとは、努めて湯舟に浸かったり、のどだけでなく口の中も頻繁にうがいしました。

細かいことですけど、成果があったのかなと思っています。

 

対策

たたみ

最近、鼻炎がひどく、風邪を引いても長引きます。

病院でアレルギー検査をしてみたら、ハウスダストとダニのアレルギーが判明しました。

うーん、確かに部屋は散らかっている。。。

部屋の片付けはおいといて(おいておいてはいけないのだけど)、ハウスダスト・ダニ対策の一番の元凶、寝具を対策するために、

某布団用掃除機を買いました。

果たして効果はあるのか。。。片付けも・・・しよう。。。

 

ステレオ

たたみ

コンポーネントステレオ、ミニコンポ、ステレオ
平成生まれには、なじみのない単語でしょうか。。。

アンプとかラジオチューナー、CDデッキ、スピーカーなど単品になっていて
事由に組み合わせることができる音響製品です。

自分が若いころは、どでかいステレオが居間とかにあって、
当時のトップアイドルが広告に大々的に取り上げられていました。
そのポスターを欲しがるのが男子学生の常でしたね。

その後、ミニコンポと呼ばれたり、スピーカー以外は1つの機械に統合されたりと
歴史は進みます。
うちにも一応、それがあります。
ただ、どんどん使用頻度が下がっています。

そして、とどめとなるBluetoothスピーカーを最近買ってしまいました。
音楽はダウンロードか、CD買ってもPCにすぐ取り込んで聴くのはスマートフォン、
ラジオもスマートフォン。

とっても便利だけど、ちょっと寂しい気もします。

スイッチ

たたみ

昔からやっているスポーツを今も継続しています。
いわゆる試合もある対人競技ですが、最近ちょっと楽しめていません。

というのは、闘争心の「スイッチ」が入り難い。
以前からも割と入りにくい性格ではあったのですが(苦笑)
最近、より入りにくく感じています。

その大きな原因は、足や腰に痛みが慢性的に出てきていること。
とにかく痛みに弱い僕の心を折るには充分です(苦笑)

あとは、後のことを考えてしまうこと。
翌日の疲れとか、怪我をしないように・・・とか。
そういう意識的・無意識的なセーブの積み重ねで体力やスキルが落ちているのを
実感します。

とはいえ、続けたいので基礎的なことをあれこれ試してはいます。

でもやっぱり歳取ると疲れが。。。

こんな感じが最近ずっと自分の中で繰り返し続いています。。。(笑)

年齢と「折り合う」って難しいですね。

ベテランの悩み

たたみ

本当に本当にご無沙汰しております。(^ ^;;

私はとても元気です。

3月は個人的には大きな節目です。

この病気ともおおよそ10年の付き合い。まあまあベテランの域でしょうか。

現在は定期的に通院・検査とお薬をいただくこと、定期的な制度の更新以外はこの病気を意識することがあまりない日々を送れています。

それはとても幸せなのですが、逆にこの病気を取り巻く環境の変化に鈍くなっています。

10年前と比べて、病気への認識のされかた、治療に対する認識、なった後の生活設計など、変わったこともいろいろあるのかな?と思いつつも積極的に自ら情報を取りに行くこともない日々をすごしています。

こと恋愛に関して、この病気になってから、出会いはいくつかありましたがお付き合いするに至ることはありませんでした。病気を受け入れてくれるのかな?それが最大の疑問です。

それから40歳も中盤、いわゆる「老後」も気になってきました。

今を知ることでもうちょっと幸せに人生を送ることができるのかな?

そう思った春です。

桜も咲く頃。。。ふと思います。