陽性者と家族の日記 “ひろき”

ワクチン接種で分かる不都合な真実

ひろき

ワクチン接種はイギリスでも日本でもホットトピックになっています。
私は、なるべくワクチン接種に関する話題は避けるようにしています。
というのも、陽性者特有の事情があるからです。

イギリスの場合、陽性者が優先接種の枠に入っているため、
同世代よりも2か月ぐらい早く接種完了しているためです。
通常は年齢順に接種するので、自分の年齢の時期よりも早く接種すると、
医療従事者でない限り、あきらかに何らかの基礎疾患を抱えていることがわかってしまいます。

で、これを隠すのが結構、難しい。
1回目と2回目の接種がイギリスでは12週間空くので、
これも計算しないと、齟齬が出てきます。
また、あとから39歳以下へのアストラゼネカのワクチン接種を停止したせいで、
優先枠でアストラゼネカを接種した39歳の私の説明と齟齬が出てきてしまいました。
また、あとから1回目と2回目の接種を一緒に予約できるようにシステムが変わったので、
その点でも、私の説明と矛盾してしまうのです。

ついに、友人に陽性であることを打ち明けることになりました。
仲の良いゲイの友人なので、特に問題はなかったのですが、
ワクチン接種で分かる“不都合な真実”には、神経をすり減らします。
ちなみに、強制ではないですが、会社にも接種の状況を報告することになっており、
その時にも気を遣うことになります。

日本で陽性者が接種の優先枠に入るのか把握していないのですが、
接種会場で陽性であることを告げるときに、
地元の会場だと周囲の目を気にすると思います。

陽性だけでなく、基礎疾患に関すること、そして接種するかしないかは
とてもセンシティブなことですので、
ぜひ、気配りのある制度設計になることを期待します。

2回目のワクチン接種

ひろき

先週、ついに2回目のワクチン接種を受けました。
イギリスでは1回目と2回目の接種の間隔を長めに12週間としているので、
1回目から約3か月たったことになります。
この12週間という期間は、ワクチンの効果をより高めるためというのと、
まずは1回目のワクチンを多くの人に接種することを優先させるためだそうです。

1回目と同じように連絡が来て、希望の日時を予約し、
同じクリケット会場で再びアストラゼネカ・オックスフォード大のワクチンを接種しました。
噂によると、2回目の接種のほうが副作用が重くなるそうなので、
当日はやや緊張しました。
そういわれると、2回目のほうが注射の時間が長くて、
ワクチンの量も多いような……ただ、これは思い込みかもしれません。
さすがにちょっと心配で、接種のあと10分間くらい、
休憩スペースで様子を見ることに。
が、今回も副作用を感じることありませんでした。

2回目の接種を終えると、だいぶ気持ちが楽になりました。
緊張感が収まり、前向きになることで、行動が変わり、
そしてまた気持ちが軽くなっていく、そうなれたらいいなと思います。

ロックダウン解除

ひろき

イギリスでは4月初旬にロックダウンが解除されました。
私が住むロンドンでは12月中旬から実質的なロックダウン状態だったので、
約4か月間のロックダウン。
その間、美容院やレストラン、生活必需品以外を取り扱う店は閉まっており、
基本的には家族以外の人に会ってはいけない、家にいる、
居住エリアからの移動禁止というのがルールでした。

これだけロックダウンが長いと、解除されてもすぐに外に出よう、
人に会おうと思えません。
気持ちが外に向くのも、準備体操が必要なようです。
暗い穴から、恐る恐る出てくる原始人のような気持ちです。
ゆっくりでいいのかな、と思ってます。

ワクチン接種!

ひろき

2月中旬、テキスト・メッセージでNHS(イギリスの公立病院)から
ワクチン接種のお知らせが携帯に届きました。
「詐欺じゃないよね?本当だよね?」と思いながら専用サイトから接種日時を予約して、
数日後にワクチン(アストラゼネカ・オックスフォード大学のもの)を接種できました。
イギリス国内では、ファイザーのワクチンを接種した人もいるようです。

筋肉注射ですが、痛みはほとんど感じませんでした。
接種後は特に副作用を感じることはありませんでした。
筋肉注射の痛みは数日間残りました。

私は外国人ですが、イギリスの国民健康保険制度に登録しています。
この制度は長期滞在の外国人でも無料で利用可能で、HIVも無料で治療が可能です。
イギリスの接種にスピードが速いのは、この国民健康保険制度で、
接種対象の年齢や基礎疾患の有無などを把握しているのも一因にあると思います。

2月中旬だとまだ高齢者の接種の段階だったのですが、
状況(同年代の陽性者の友人も同時期に接種)から推察するに、
陽性者であるということで、早い時期に接種できたのだと思います。

接種に関して事前説明とかはまったくなく、注射を打つときに、
早口でアレルギーなどを質問されたのみ。
接種前後に注意することや、副作用については紙を渡されただけでした。

日本とは病院の制度や文化が違うので、比較するのは難しいですが、
ワクチン接種はスピードと数を重視、という印象でした。

2回目の接種を数週間後にまだ控えているのですが、
1回目の接種でだいぶ気持ちが軽くなりました。
また2回目の接種の様子をこちらに報告したいと思います。

オンライン発信者ミーティングに参加

ひろき

先月、ドキドキしながら、オンライン発信者ミーテイングに初めて参加しました。
コロナ禍でリモート化が進みましたが、海外に住む人間としてはオンラインイベントは本当に助かります。
尊敬申し上げている生島先生に10年ぶりに、そしてもう一人の日記ライター、なぎさのぺんぎんさんに
オンラインでお目にかかることができました(興奮!!歓喜!!)

こういったオンラインイベントに参加するのは初めてだったのですが、
皆さんに温かく話を聞いてもらい、逆に話を聞いて、勉強になったり、
励ましていただきました。
オンラインで国境を越えてつながりを持てるって、すごい時代ですね。

意外だったのは、細々と続けてる日記を読んでくださっている方がいらっしゃるということ。
いや、ちゃんと読者いると信じていましたが、実際に対面して実感する、というのが初めてだったので、
本当にうれしかったです。

思えば、12年ぐらい前に、地図を調べて高田馬場の駅から歩いて、
ぷれいす東京の事務所を訪れたんですよね。
最初はすごく緊張して、入居するビルに入るときも、おどおどしてて。
勇気を出して押したドアの先で、温かいスタッフの皆さんに会い、
ミーティングを通して話を共有できる利用者の方々に会って、
少しずつ、自分が置かれている状況を理解していったんです。

ぷれいす東京を通じてお会いできた方に本当に感謝、ですね。
またオンラインイベントに参加する予定なので、
他のライターの方にもお会いできるのを楽しみにしています!

何となく新年

ひろき

2020年の思い出といえば、ほとんど記憶がない、です。
クリスマスと年越しは、ロンドンで一人で過ごさなければならないので、
お祭り騒ぎのテレビはなるべく見ないようにしていました。

イベント感がまったくないと、正月気分もありません。
お雑煮だけ作って、ささやかなお祝いをしましたが、
こんな新年の迎え方は初めてですし、何となく新年、といった感じ。

思えば、昨年から、時間が不思議な感覚で流れていきます。
季節感も曜日の感覚も薄れていきます。
時間が止まったかのように感じることもあれば、
すごい勢いで一週間が過ぎていくように感じることも。

一生のうちで、こんな時間を過ごすのも最初で最後(であってほしい)だと思うので、
この感覚を楽しむようにしています。

皆さんが健やかで、幸多き一年を迎えられますように。

39歳のクリスマス

ひろき

昔、「29歳のクリスマス」というドラマがありました。
放送されていた当時は、10代だったのですが、
29歳って大人だな、と思ったものです。
気がつけば、今私は39歳。大人をひとまわり通り過ごしています。

39歳のクリスマスは、この状況下では日本への帰国は難しいので、
ロンドンで過ごします。39歳、独身、です。
今年はクリスマスのお祭りムードもないですし、
プレゼント買ったり、食事を用意するモチベーションも上がりません。

でも、きっと世界中で同じような状況ですよね。
会いたい人に会えなかったり、イベントが中止になったり。
そういった意味では、例年よりはさみしくない、かな。

世界中の人々と共感し、同じように祈り捧げるクリスマスなんてなかなかないですね。
来年は平穏な年になりますように。
そして、世界中の皆さんに、幸せが訪れますように。

冬到来と2回目のロックダウン

ひろき

イギリスでは10月24日午前2時に時計が1時間戻り、冬時間に移行しました。
冬到来を感じるのは早くなる日の入りと、クリスマスイルミネーション、
そして打ち上げ花火です。

緯度が高い位置にあるせいで、イギリスの夏の夜は22時ぐらいまで明るい時期もあります。
そのため、花火を打ち上げるには夜でも空が明るすぎるのか、
イギリスで花火といえば冬なんです。

今年の冬は何といっても2回目のロックダウンのせいで、例年とは違うものになりそうです。
クリスマス向けの七面鳥が大量に処分されたり
(集会の人数制限があるので消費量が減るため)、
そもそもクリスマス前にロックダウンが終わるのか、という疑問もあります。

こういう時期は季節性の鬱にも気をつけなきゃいけないですね。
ビタミンDのサプリを飲むといいらしいですよ。

ギリシア・コルフ島でのバカンス

ひろき

ギリシア・コルフ島にホリデーで行ってきました。
ギリシアのイオニア海、イタリアよりの北西部に浮かぶコルフ島は、
高級リゾート地として知られる島、らしいです。

私には高級ホテルに泊まる余裕はありませんが、
ラッキーなことにコルフ島在住の友人が招待してくれたおかげで、
一週間ほど滞在することができました。

日本ではあまりなじみがないと思うのですが、ミュージカルでお馴染みの
ハプスブルク帝国・最後の皇后エリザベートが余生を過ごした地でもあります。

オリーブや杉の木など、緑豊かでコバルトブルーの海に囲まれた島で、
夏の間は大勢のバカンス客が訪れる場所ですが、コロナ禍で、
今回はゆったりとした時間を過ごすことができました。

水平線の向こうに沈む夕日、透き通るような海、そしてちょっと甘めのカクテル……
(余裕があれば)こうして一年に一度は地中海エリアでバカンスを過ごすことができれば、
人生は豊かで幸せなものになる、そう思えました。

ロンドンの飛行場に戻ると雨模様。ウェルカムバックトゥイングランド。
バカンスも素敵ですが、私が住む場所はここなんですよね。

リフレッシュもできたし、地に足のついた“私の日常”も愛でながら暮らしたいと思います。

コロナ禍でギリシアへ

ひろき

こんな状況ですが、ギリシア・コルフ島へホリデーに行ってきました。
ギリシアは日本並みにコロナの感染者数が少ないので(最近は増加傾向)行くことを決めたのですが、
事前にギリシア政府に問診表を提出、飛行機内は全員マスク着用、
空港はガラガラ、いつものホリデーとはちょっと違いました。

でも、どうしてもコルフ島に行きたくて行きたくて……。
この件については次回、書くとして、とにかっく楽しい時間を過ごして、
無事にロンドンに戻ってくることができました。

なんせコロナ禍ですので、コルフ島滞在中も毎日がドキドキです。
日ごとに感染者数の増減がありますので、
数日前には自己隔離不要だった国がリストいりすることもザラです。

実は、私がイギリスに帰国してから、なんと同じギリシアのサントリーニ島からの帰国者は
2週間の自己隔離措置になってしまいました。
ちなみに、会社の同僚が同じ時期にサントリーニ島でバカンスにいっていたので、自己隔離に。

ただ、どちらにせよ在宅勤務なので、体調に問題なければ、
自宅にこもって仕事すればよいだけの話。
なので、私もギリシアに行くときには会社のPCを持参しました。

感染は正しく恐れる必要がありますが、
ある程度のリスクは考慮して対策しながら、
日常生活との良いバランスをとれればいいなと思います。