専門家と話そう

HIVをとりまくさまざまな専門家を招いてお話をうかがう、定員制の学習会です。今後もいろいろなゲストを招いてい開催する予定です。

〔今までのテーマ〕
第18回  生命保険のプロと話そう⑷ (2017.3.29)
第17回  歯科医と話そう⑶ (2016.9.21)
第16回  クリニックのドクターと話そう⑵ (2015.9.26)
第15回  Special「HIV陽性者と子づくり」 (2015.6.13)
第14回  弁護士と話そう⑶ (2015.1.30)
第13回  歯科医と話そう⑵ (2014.6.11)
第12回  生命保険のプロと話そう⑶ (2013.8.22)
第11回  薬剤師と話そう (2012.6.9)
第10回  就労支援のプロと話そう (2012.3.22)
第 9回  生命保険のプロと話そう⑵ (2011.11.26)
第 8回  弁護士と話そう⑵ (2011.7.22)
第 7回  感染症の専門医と話そう (2011.6.24)
第 6回  生命保険のプロと話そう (2009.9.10)
第 5回  クリニックのドクターと話そう (2009.5.15)
第 4回  ゲイのドクターと話そう (2008.6.28)
第 3回  開業医と話そう (2007.10.23)
第 2回  弁護士と話そう (2007.3.16)
第 1回  歯科医と話そう (2006.7.26)

参加者の声:2016.9.21(水) 19:00-21:00 第17回「歯科医と話そう(3)」[参加者14名]

「あたりまえのこと」おうすけ(49歳/参加:初めて/告知:平成28年7月/服薬 1ヶ月)

受講した感想は「良かった」が 率直な気持ちです。
私はどちらかというと、じっとしてるのが苦手で、人の話をろくに聞かない性格なんですが、正直、今回のプログラムでは、必要な情報は得たいが、2時間は苦痛かなあと思ってました。ところがいざ始まると、話を聞き入ってしまい、あっと言う間に終わってしまった。そんな2時間だったのです。 続きを読む

「この病気と末永く付き合っていくために必要なこと」KEN(感染告知:7か月/服薬歴:6か月/初参加/40代)

自分が感染に気付いた時にはAIDSを既に発症し症状はかなり進行していました。HIV感染を心のどこかで疑ってはいましたが、当時受け入れることが出来ませんでした。仕事も困難になり血液検査を行った結果、感染が発覚。職場で感染告知を受け、そのまま拠点病院へ即入院し加療が始まりました。 続きを読む

過去の実績

参加者から寄せられた感想レポートを掲載しています。