陽性者と家族の日記 “IHO”

家族になろうよ

IHO

本日、11月22日は”いいふうふ”の日だそうです。
ここ最近、こじつけやもじり、ダジャレで色んな記念日/なんとかの日が
宣伝とかの意味も込められて、多いですね(^^)

僕の故郷(いなか)は地方(イナカ)なので
同級生の9割弱は結婚しています。
そして第一子は概ね成人しています。(驚愕!)
20代後半の頃には既に中学高校時代の友情は薄れていて
「嫁/旦那が待っているから」と言われ
30代始めは「うちの子が」と言われ、遊ぶ事も集まる事すらも
かなり難しくなっていました。
そして、今、50代を目前にして友人達は
「子供も手が離れて、嫁/旦那と何をして良いか分からない」と
単身男の僕を酒の席に誘う。
「夫婦で仲良く出掛ければ良いぢゃん」と想うけど
長年一緒だと、簡単ぢゃなくなるのかな。
(30年以前はあんなに俺を袖にして、ふたりイチャ×2LOVE×2ルン×2してたくせに)

いいふうふの定義は分からないけれど
お互いの笑顔も苦渋顔も泣き顔も輝く瞳も伏せた視線も傍で見続ける事かな、と
独身独居おじさんは想うのです。

あ!でも”ふうふ”って言っても
書類にハンコを押しているとか、役所の方は知らないとか、
夫は男で嫁は女でって決めなくてもいいし・・・(汗)
えーーーっと、えっと、なんかワチャワチャしちゃうょ。

IHO 拝

どうしてますか

IHO

僕の故郷で原田知世さんがコンサートをすると
数ヶ月以前に知り、すぐチケットをゲットして
先日行って参りました。
角川三姉妹世代の僕ですが、今回が初原田知世でしたので
原田知世さんに実際に逢えるって事に
嬉しいと云うよりそわそわ緊張していました。>それはそれは異常な程
実際の原田知世さんは35年以前の透明感を持ち続けながらも
大人の女性でした。でも凄く可愛かったです。>それはそれは驚く程
セットリストも自身主演映画の主題歌は勿論!カヴァー曲も歌われ
それぞれが原田知世ワールドで本当に素敵な時間が流れ、それに溺れていました。
それはそれは多感な10代に沢山角川映画から影響を受けて過ごした
自分の故郷で原田知世さんに逢えるなんて、それはそれは何て素敵な事だろう!!
嬉しさと幸せと、そしてちょっぴりの切なさを感じたコンサートでした。

35年以前、一緒に角川映画にハマっていた友人はどうしているだろうか。
いまだに、角川三姉妹を好きでいる僕をどう思うだろうか。
みんな、どうしていますか。元気でいますか。

IHO 拝

時の流れに負けないの

IHO

先日、僕が大好きな松任谷由実さんのコンサートに行って来ました。
YUMING史上、自己最長で最多公演回数の超ロンングラン
「宇宙図書館tour」が終わりました。
昨年11月から追っ掛けて追っ掛けて色んな地方にも脚を運んで
本当に本当に楽しんだtourでした。

今ツアーは、僕には珍しく数公演を数少ない(僕の周辺には、って意味ですよ>汗)
YUMING FANの方と行かせて頂きました。
今ツアーのチケットは公演日の半年以上以前に手にしていたので
その間に諸事情や気が変わって…等で一緒に楽しむのを断られるンぢゃないかと
少しヒヤヒヤ、ここ数年の僕歴史の中では珍しい経験をしました!
ひとりだったらこんな心配は不要ですから、ね。
おひとり様時代が長く続いていますから、ね。>現在進行形”(-“”-)”

「約束」って言葉を今tourで感じました。
還暦を過ぎての自己最長にして最多公演回数をやり遂げたYUMING!
ただただ凄いです。約束をちゃんと守ってくれました。
一緒に付き合って下さった”数少ない”YUMING FANの方も
半年以上も先の約束を憶えていてくれて守って下さいました。

毎日が忙しくって
時間に追われて
決めた事も想ったように進まなくて
時の流れに飲み込まれて、負けそうになり
“約束”の意味が薄れそうな時もあったけど
その日を迎える事が出来て、
信じる事の大切さを改めて想い出しました。>ちょっと綺麗過ぎたかな?

IHO 拝

chameleon

IHO

人は人生と云う名の舞台の上で演じる役者である!…って誰か言ってなかったけ?
人はその場その場で全く違う”人”になる!って自分を含めて僕は想っています。
僕自身も、職場では「潔癖真面目人間」「融通利かない厳しい人」で通っています。
よく職場の方々には「IHO(さん)の部屋ってキチッとしているンだろうな」と言われます。
でも実際は酷くだらしない部屋で怠惰に生きています。
職場ではそういう”人”を演じているだけです。

友人と居る時の僕、
家族と居る時の僕、
好きな人と居る時の僕、
趣味に没頭している時の僕、
そしてひとりで居る時の僕。

たまに友人と遊んでいる時に職場の方と遭遇すると
見られたくない自分を見られてしまったと云う、何だかひどく照れ臭くなり、
戸惑う事があります。
色んな表情/人格を使い分けているのに
今、その境界線が曖昧で、SNSの影響でしょうか、
繋がっているとは到底想像出来ない同僚と友人が知り合っていたりして
そこで「へぇ、IHOってそんな面があるンだ」と情報交換されていたりして
キャラ設定が大変で人格崩壊です>かなり大袈裟(汗)

i can change,i’m a chameleon
i am a chameleon

演じる役は少ない方が生きやすいかな?
演じる役が多い方が楽しいかな?

IHO 拝

IMAGINATION

IHO

舞台が好き。舞台は素敵。
同じ空間にいるのに舞台の上は別世界。
波の音が聞こえれば、そこは海…いいや舞台の上の人(役者)が
あっちを指差して「海だ」と言った途端にそこは海辺になる。

いつからかイメージする事はネガティブな事ばかり。
それ…出来ない。空…飛べない。
これ、無理。恋、無理。
身を守る為にもネガティブをイメージ出来る事はとても大事だけど、
余りにも想像力が乏しくなっている今に少し肩を落とします。

妄想の中でばかり生きていると社会的/大人的に
色んな衝突が起きて生きづらいですけど
ひとつの物事を色んな角度から見られるチカラは持ち続けたいと想います。
きっとそれは、毎日を大冒険にしてくれるはずですから。

先日「FINDING NEVERLAND」を観劇して来ました。
ピーターパン関連のブロードウェイミュージカルです>またかよ(苦笑)
imaginationは本当に素晴らしい能力だなぁって想いました。
乾涸⁽ひから⁾びる程ジャージャー泣きましたが、凄く元気が出る素晴らしいmusicalでした。

IHO 拝

蒼いフォトグラフ

IHO

季節の変わり目、少しづつお部屋のお掃除を始めています。
「断捨離」というと大袈裟ではありますが、
「要らねーなぁ」とずっと視界の片隅で見つめていた想い出達を整理しています。
その中から出てきました、6年以前に使っていたガラケーの携帯電話が。
この中に、ずーっとずーっと、A LONG×2 time agoに御付き合いしていた方の
既に別れて数年経っているのに「元気?久しぶり!」と送信されてきた
想わせぶりな写真が数枚入っていて捨てられずにいます。
⁽写真を一度破いてテープで貼るような、教科書に出てくる未練タラタラ男の典型で御座います>汗⁾
携帯の中の写真はセピア色に色褪せる事無く、想い出と共に存在し続けていいます。
若い蒼い想い出です>遠い目

機械に疎い僕はこの写真を携帯から取り出す術を知りません。
PCに繋げば自動的に想い出と共に移動するのでしょうか?
このガラケー携帯電話を捨てる時、
僕は写真を取り出す事に成功して、まだ想い出⁽妄想?⁾と共に生きているのでしょうか。
それとも、御付き合いしていた方の事を忘れて、新しい”写真”を撮っているのでしょうか。

IHO 拝

愛のためいき

IHO

先日、無事よんじゅうなんかいめの誕生日を迎えました。
本当にあっと言う間に新しい時間はやってきて現在に至ります。
未だ、何をしたいのか、何が出来るのか、不惑どころの騒ぎではなくて
フラフラ漂い迷い惑わされて生きています。
モモ、クリ、三年 カキ、八年
ユズは九年で成り下がり、ナシのバカメは十八年で、実をつけます。
僕は40年を大幅に過ぎてどんな実をつけたでしょうか。
周りの人や社会にどんな実を配れたでしょうか。
時々、ふっと不安と焦りが入り混じった想いになります。

因みに愛が実るには億万年、かかるそうです、よ(^-^)

IHO 拝

雨は止まない

IHO

本当に雨降りが多いですね。
ちょっと気になる子に遊びのお誘いを仕掛けても
「明後日は雨らしですよ」とやんわりお断りされてしまいました。
⁽本当に誘いに乗り気なら雨なんて関係ない筈ですけど、ね⁾
今日の夜、飲みに行こうぜ!って仕掛けても
「雨が止んだら、行きます」と遠回りにお断りagainです。
そんな時に限って雨は止まず降り続け、道路が冠水し電車が遅れッちゅう展開です。

確かに、「雨降り」ってテイよくお断りする時に便利な言葉かもしれません。
雨の時に外出って億劫だし気持ちもやや下降気味だし。。。
でも僕に興味があったら、雨なんて関係ないですよね、ね?

IHO 拝

何も言えなくて…夏

IHO

いつもはお喋りな僕も、人を好きなるとかなりの無口の嘘つきになります。
皆さんは、人を好きなになった時「すき」ってどうやって伝えているのでしょうか?

砂浜で脚を少し引きずり歩いていて急に転んだら
笑っていないで、足跡を見てみて。「すき」って書いてあるでしょ。
宴会の席で酔って急に踊りだしたら
笑っていないで、ちゃんと見てみて。尻文字で「すき」って言っているでしょ。

恋愛経験値が異常に低い僕は
遠回りにしか「すき」を伝えられない。
気付いてよ!と強く強く想っているのに
気付かない相手に不思議がったり苛立ったり、面倒臭いなぁって自分でも想います。

人を好きになってもそれを言えなくて…
今年の夏ももうじき終わります。

IHO 拝

誕生日にサンテグジュペリ

IHO

幼少の頃、小さな星に綺麗な薔薇と住む小さな王子様のアニメを
不思議なお話だなぁと想いながら見ていました。
それから数年経って、桃子ちゃんが歌う歌詞の一節に気が惹かれ
調べてみたら(周囲の友達も知らない事を我先に知ろうと云う子供心です)
「星の王子さま」に辿り着きました。当然ですがこの時点でも既にこの作品は
友達内では無名でも世界的には超有名でありました。。。
また、ここでも友人と差をつけたい大人振りたい僕は図書館で「星の王子様」を
借りて読み始めます。
でも、なかなか難解でちんぷんかんぷんだったのを憶えています。
ただ、ウワバミを帽子と言っちゃうつまらない大人にはなりたくないな、と想っていたのは
はっきり覚えています。

それから・・・
今でも「星の王子さま」は僕の愛読書です。
何回読んでも、未だにこの作品を理解したかというと理解はしていませんね。
何回読んでも、面白いし胸が痛くなるし、読む度に新しい発見がありますね。

あと、もう少しで僕の誕生日です。
年齢を確実に重ねています。
つまらない大人になりたくないと想っていた少年の今は・・・
うぬぼれ男でしょうか
呑み助でしょうか
数字ばかり気にする実業屋でしょか
ひとりぼっちの王さまでしょうか
一日中働いている点燈夫でしょうか
大人と呼ばれて久しくなり、何だかつまらない人間になってしまったのではないかと
少し不安になりますが、どんなでもどんな大人になっていても
僕は生きています。一所懸命生きています。
そして、またひとつ歳を重ねる事が出来ています。

IHO 拝