陽性者と家族の日記

一人暮らしの食事風景

朱美

私は、本当に、料理を、つくるのが、好きだった。

ところが、母が、亡くなってみるとすっかり意欲をなくしていた。

母の為に作っていただけでは、なかったが、やはり、母の存在は、大きかったんですね。

いまは、朝は、サラダにミルクコーヒー、フルーツをいれたヨーグルト、チーズトーストを定番でたべている。

昼は、麺類か、お餅、それにフルーツを、食べている。

夕食は、魚が、メインの時は、焼くか煮るかだし、お肉の時は、野菜と一緒に、焼いてます。それに、味噌汁、納豆、冷奴などを食べてます。あとは、フルーツですね。

これが、マンネリ化していて、前のように、手の込んだ料理は、つくってません。

気力が、もっと湧いて欲しいんです。もっと食事を、楽しみたいですね。                                               朱美

色・ホワイトブレンド

IHO

もう早いもので今年も1/4が過ぎようとしています。
毎年言っていますが、年齢を重ねると新しい時間がやって来るのが早くて慌ててしまいます。

さ、来週には新しい仲間達が職場にやって来ます。
先日ちょっと御挨拶程度に職場にやって来たのですが
中途採用の方も多く、新鮮さは正直あまりなかったのですが
それでも、やっぱり新しさを感じました。新しい風が吹くかな?…嵐でなければいいけど(苦笑)

新卒者も中途採用の方もそれぞれの経験値が在るから
真っ新(まっさら)真っ白ってイメージではなかったのですが
でも少し、ピンクだったり空色だったり、枝豆色(?)だったりと白色が入っていました。
今後、一緒に働いていく中で、皆それぞれの色を濃くしていくのでしょうね。
今では、もう色褪せた頑固親父おじさんの僕ですが、新しい仲間達から良い影響/刺激を受けて
燻し銀にホワイトをブレンドしてみましょうかね♫

IHO 拝

ベテランの悩み

たたみ

本当に本当にご無沙汰しております。(^ ^;;

私はとても元気です。

3月は個人的には大きな節目です。

この病気ともおおよそ10年の付き合い。まあまあベテランの域でしょうか。

現在は定期的に通院・検査とお薬をいただくこと、定期的な制度の更新以外はこの病気を意識することがあまりない日々を送れています。

それはとても幸せなのですが、逆にこの病気を取り巻く環境の変化に鈍くなっています。

10年前と比べて、病気への認識のされかた、治療に対する認識、なった後の生活設計など、変わったこともいろいろあるのかな?と思いつつも積極的に自ら情報を取りに行くこともない日々をすごしています。

こと恋愛に関して、この病気になってから、出会いはいくつかありましたがお付き合いするに至ることはありませんでした。病気を受け入れてくれるのかな?それが最大の疑問です。

それから40歳も中盤、いわゆる「老後」も気になってきました。

今を知ることでもうちょっと幸せに人生を送ることができるのかな?

そう思った春です。

桜も咲く頃。。。ふと思います。

我が家の老犬は認知症になった?

朱美

うちのM子が、夜中に鳴いて徘徊?するようになった。

毎晩ではないが、週に、1~2回ある。

夜中におこされる私は、パジャマの上にズボンとジャケットを羽織って外にでて行く事になる。多い時は、2回も行かされ、まいります。

毎晩、今晩は、おとなしくしていてくれるのを、願っています。

これって犬の認知症かな?                      朱美

凛々しく恋していきたいんです、私

IHO

先日、「恋愛とカミングアウトⅡ」に参加させて頂きました。
実は、僕自身、最近、恋愛の始まりを見つけたのに掴めず、
逃してしまうと云う、にが~い想いをしました。
十数年振りの甘い恋愛の始まりは淡く消えてなくなりました。

そういえば、恋愛の仕方を忘れたなぁ…
そもそも恋愛にHOW TOなんて存在するだっけかなぁ…
こんな想いを抱き、考えるよりも実際に恋愛をされている方の
お話を伺うのが一番、今後の恋愛活動に役に立つのではないかと考え参加させて頂きました。
数名の方のスピーカーさんそれぞれ違った恋愛/カミングアウトの経験を聞かせて頂き
左の肺の奥がギュッとなりました。
恐れながら簡単にまとめると、「信じる事の大切さ」でしょうか。
まず、この病気になり引け目を感じ、「僕に好かれたら困るだろうな」と諦めていた自分。
どっかで自分を嫌っている事で、この病気の自分を守っている自分。
自分を信じられず、否定ばかりしていたなぁ、と。
そして、どこかにこの病気の僕の事を好きになり愛してくれる人がいる事。
相手を信じて、カミングアウトすれば受け止めてくれる方はいるって事。(無闇には出来なけど)
・・・信じてみよう、と。

本当に数名のスピーカーの方々皆さんが幸せな笑顔でいらしたのが印象的でした。
本当に参加出来て良かったです。
僕もいい方と出逢い、共に色んな経験を重ねていきたいです。

※僕個人的な感想で実際の発言と違う点は御諒承下さい(^^)

IHO 拝

花粉症デビューかな?

朱美

この頃、クシャミが、でたり、目が、痒かったりと、花粉症の様な症状が、ある。いつも、行ってる医院で、みてもらったら、薬、飲んだらと言われたので、飲むことにした。

症状が、チョット緩和したので、私、花粉症かな?

毎年、それらしい様子が、あったんだけど、見過ごしてきた。

いよいよ花粉症デビューです。チョットショックでした。

これ以上、悪くならない様にと、思ってます。         朱美

我が家の老犬は16歳になりました

朱美

老犬M子は、とうとう16歳になりました。

足腰は、弱り、慢性疾患も、あります。

でも、まだ、朝夕の散歩の時は、時たま、ダッシュして、ピョーンととびあがります。運が悪いと、そのまま、胴体着陸になって、私を、ハラハラさせますけどね。

今の私の生活は、彼女の世話で、回ってます。

大変だけど、幸せですよ。                 朱美

初めてのカウンセリング

ひろき

 

ヨーロッパも長い冬のせいもあるのでしょうか、正直、ここ数か月、気持ちが落ち込んでいます。元カレから別れてから、非社交的になったり、自信を無くしたり。でも、海外で一人で住んでいると鬱になる余裕もありません。仕事にはいかなきゃいけないし。

そこで、イギリスの国民健康保険をつかって心理カウンセラーにあうことにしました。もちろん、これも無料のサービス。心理カウンセラーに会うのは私も初めてだったのですが、やっぱり心が弱っているときは正直に辛い、て誰かに助けを求めるのは大切ですよね。

初めてのカウンセリングをうけてみましたが、解決方法をすぐに教えてくれる、というものではなく、話をして、心の整理をしたり、考え方を変えて、自分で答えを見つけるのを手伝ってくれる、そんな感じでした。

簡易テストをしたところ、通常レベル、と診断されたので、世間的に言ったら重症ではないらしいのですが、心にも治療や休息が必要ですよね。ここは無理しないで、ゆっくり、心が回復するのを待つことにします。

 

Good-bye friend

IHO

先日、毎年恒例行事の「SURF & SNOW in NAEBA」に行って来ました。
今回でVol.37という事で、僕も長年参加しているなぁと改めて感慨深かったです。
(あ。全回参加って訳ぢゃないですよ(汗))
以前は、仲の良い友人と参加してたのですが
この病気になってからは、おひとり様参加です。
(僕の周囲にはYUMING FANが居ない…(泣))

この病気になった事を仲の良かった友人には言えず、
ずっと仲良くしていける友人だとお互いに確信はあったのですが
いつか僕が病気で倒れたり、この世から居なくなる時に
この病気の事を知ったら嫌だろうなぁと考え距離を置き、今は全く連絡もとっていません。
…信じ切れていなかったンですね。
友人にとっては何が何だか分からず距離を置かれたカタチになっているので
怒っていると人づてに聞きました。(当然です(苦笑))

おひとり様で参加していても
いつも友人と過ごした苗場の時間を想い出しながら
コンサートを楽しんでいます。
ちょっと寂しいですけどね。

大事な友人はあれから気の合う人と出逢って一緒に来ているのかなぁ。。。

IHO 拝

年下の男の子

IHO

現在僕は真面目に体を鍛えています。
sexyバデーを目指しています‼
最近、体を鍛えた方数人と知り合って影響を受けたっていうのもあるのですが
想い描いた結果に向けて行動を起こしやり続けて自分に自信をつけたかったし
ミタメを良くしてモテタイって云う下心もあり、頑張っています。

僕は日昼時間帯にgymに行くのですが、ご年配の方が大勢です。
そしておじ様もおば様も非常に活気に満ちています。
特におば様方は元気ですね。なんでこんなに元気なのかと見ていると
若い男性のgym staffとお話をされたり
男性インストラクターのlessonに参加されたり、艶っぽい様子が在ります。
難しいエアロビクスのインストラクターさんが、おば様を褒めるのが上手で
「これは気持ちも身体も若く居られる訳だわ」と笑顔になります。

歳を重ねると行動範囲や関わる人が同じようになってしまいそうですが
gymにいらしている人生の先輩方は積極的に行動範囲や人間関係を拡げて
楽しんでいらっしゃるように見えます。いいですね。

IHO 拝