スタッフ日記 “さとう”

武道館

さとう

日本武道館といえば、僕が26歳の頃流行った爆風スランプの「大きな玉ねぎの下で」を思い出します。当時この曲の歌詞が切なくて、カラオケで歌っては涙していました。

5/15(水)はユーミンの「Time Machine Tour」で武道館に行きました。45年の軌跡を当時のライブを思わせるセットや衣装で綴られた空間。僕は高校生くらいから聴いていましたので、曲によってはまだHIVに感染する前の自分を思い出すわけです。普段HIVに感染したことを苦はしていませんが、それでもあの時の自分の生き方がどうだったか、もっと早くゲイであることに自信を持てていたら…なんて感じて、熱い涙が溢れることがあります。ユーミン65歳なんですよね。あれだけ歌って踊って、すごい体力です。今回のセットリストは、ユーミンのやさしさに包まれていたように思います。周りを見ても同年代の方々や僕よりも年上の人も多く、その人たちの体力考えて、盛り上がる曲としっとりした曲を交互に並べて、休憩を取れるようにしていたのでは?と思いました。

 

5/19(日)はコブクロのライブで武道館でした。デビュー20周年。つまり僕がHIVに感染してからの曲なのです。ユーミンのライブのようにセンチメンタルなことは起こりませんが、言葉の一つ一つに思いやりややさしさを感じるコブクロ。ファンの年齢層も若いので、ノリノリの場面が多かったような。「SNSに上げていいよ」という撮影タイムもあり、ファンザービスと宣伝をうまく組み合わせているなぁと思いました。「赤い糸」と「時の足音」の歌詞にはいつもグッときてしまいます。

 

 

ところで、5/25(土)の午後は、ぷれいす東京の活動報告会です。今回は僕も後半のトークショーに出演します。結婚の自由をすべての人に訴訟(同性婚訴訟)の原告としてです。僕がどうしてその裁判の原告になろうと思ったのか。そして今何を感じているのかを話そうと思っています。ぜひお越しください。

「2018年度ぷれいす東京活動報告会」

 

 

 

 

口頭弁論がいよいよ明日になりました。

さとう

 

いよいよ明日、東京地方裁判所の法廷で、すべての人に結婚の自由を訴訟(同性婚訴訟)の口頭弁論が始まります。提訴でも歴史的な第一歩と言われましたが、これから原告と弁護団が同性婚ができないことでの不備を改善すべく訴えていきます。

僕は僕らしくと思っていますが、法廷に立つのは初めての経験。今はまだ緊張していませんが、明日はどうなることか。ただ背伸びをしても仕方がないので、今感じているすべてを率直に話すだけと思っています。

もちろんゲイとして生きてきて、60になった僕が感じていることも盛り込みましたが、HIVに感染したことでも僕の人生は変化しました。病気なので感染しない方が良いに決まっていますが、そのことで得たものもたくさんあります。そのすべてを出してくるつもりです。心の中でそっと応援してくれたら、嬉しいです。

また報告します。
一応、裁判所から出ている明日の傍聴情報を記しておきます。

春のかおり

さとう

年度末の忙しい時期になりました。

そして明日は「ぷれいす東京のお花見」気温が低そうなので、お越しになる方は防寒対策をしっかりしてきてくださいね。https://ptokyo.org/news/10755

 

お久しぶりの日記更新です。まあ、この間、色々とありまして。2/14に「すべての人に結婚の自由を訴訟(同性婚訴訟)」の原告の一人になり、マスメディア等での報道で、僕の姿をご覧になった方もいらっしゃるかと思います。

原告になろうと思ったのは、勿論、同性でも結婚できることが必要だと感じているからです。LGBTブームと言われて久しいですが、根強く差別偏見が残っていて、誰にも言えずにひっそりと暮らしている人がいるのが事実。僕も若い頃は、苦しい思いを抱えて生きてきましたので、これからの世代の人にはそんな思いをしてもらいたくない。同性婚が認められれば、少しは社会の見方が変わるかなぁと思っています。

もう一つは、HIV/エイズへの差別偏見は、それ以上のものであり、2010年に数人の陽性者が立ち上がって、テレビに出たりしましたが、一般病院での診療拒否、就職や転職での明らかな差別、福祉施設での入所拒否など、まだまだ社会の中での受け入れは進んでいません。もしも原告として、その端々でHIVのことに触れることができたら、HIV/エイズ=死というような古いイメージが少しでも変化してくれるかな。と思ったことです。

裁判の日程が4/15に決まりました。心の中で良いので応援していただけると嬉しいです。

5/25(土)のぷれいす東京活動報告会に裁判を起こしている(一人は裁判の途中で、解決して良い結果となっています)3人の陽性者の原告が、トークをする予定です。僕も話しますので、ご都合が合いましたら、お越しください。https://ptokyo.org/news/10756

画像は、3/24に友人とランチをして、その時に写したものです。ちなみに翌日、還暦となりました。自分では信じられないですが…。

Tシャツ

さとう

体温調整がうまくいかない僕は、昔から半袖のTシャツを下着かわりに着ていた。近年、更年期や透析で水分調整がうまくできなくなり、なおさら激しい状況である。少し暑くなれば、モワッとして気分が悪くなり、少し寒くなるとブルブル震える。だから冬でも半袖になることもあるのである。

今、水面下で動いているプロジェクトがあるので、ここでこっそり話してしまおう。JAMMINという京都にある会社。とてもユニーク。NPOのサポートをしながら、商売が成り立つ。面白い。11/26からいよいよ「ぷれいす東京」とのコラボが始まる。

「JAMMINは、1週間限定販売のチャリティー専門のファッションブランドです。
全ての商品の売上の一部(Tシャツ1枚につき700円)を、毎週のチャリティー先NGO/NPOに寄付しています。」

Tシャツのテーマは「We’re already Living Together」期待して待っていてください。

 

♪北ウイング

さとう

中森明菜さんの名曲です。ふと思い出して、日記を書いています。

僕が社会人として働き始めた頃、営業畑におりました。今考えるととてもバブリーな会社だったのです。コンクールの成績で海外旅行に招待されました。香港には行けましたが、次にアメリカ西海岸への旅行がかかっていた時、あと1件の受注ができなくて、行けなかったことを思い出します。悔しかった〜、力を振り絞れば振り絞るほど、ダメでした。

仲間の数人が達成して、旅立った日。当時流行っていた「北ウイング」を熱唱しながら、涙を流していたことを昨日のことのように記憶しています。自分だけ取り残された感。初めてのアメリカへの旅行が消えてしまったこと。この辺りから僕の営業成績がカクンと落ちていきました。

代表の生島も、本日台湾入りしていますが、Facebookを見ていると、台湾に向かう人の多いこと。同性婚が認められた台湾。僕もいつかは台湾のパレードに参加したいなぁと思いながら、この日記を書いています。あの時の辛い感情が蘇りました。でもそれは同時に頑張れる力になったことも思い出しています。

HIVを抱えながら透析もしているので、海外旅行はハードルが高くなりました。ハワイでサポートしてくれるところは見つけてあるので、いつか行きたい、叶えたい夢の一つです。

さあ、仕事するか。ちなみに本日はホットラインの有志の飲み会。楽しい酒にしよう。

 

「僕の彼氏はHIVです」

さとう

若い人はYouTubeで情報を得るとか。なんだか僕にはピンと来ていませんでしたが、
今回縁あって、ユーチュバーのかずえちゃんの取材を受けました。
そもそもかずえちゃんのチャンネル登録者数が6.6万人。僕とパートナが出た動画に1週間で2万人以上のアクセス数があるなんて、マスメディアに匹敵する力を持っているなぁと感じました。

YouTubeのオフィスは、六本木ヒルズで、窓から東京タワーや遠くには羽田に飛び交う飛行機や恐竜橋が見える。庶民の僕としては別世界。夜景になったら、シャンパンでも乾杯したい気分になるほど、とても素敵な空間で、しばしリッチな気分に浸りました。

「僕の彼氏はHIVです」ってタイトル、正直言って最初、ドキッとしました。でもすぐにキャッチーなものは、こういう風に作られるのだな、と感心した次第。かずえちゃんはとても聡明な方でした。あの動画、実はノーカットなのです。25分の動画に一度で決めてしまう、かずえちゃんに感服。是非ご覧ください。

オロナミンCが一番売れた日

さとう

昨夜、というか朝方のW杯。日本vsベルギー戦、最後まで応援しました。終わり方は、あ〜〜〜という、あっという間の相手のカウンターで、敗戦。多分僕と同じように、もしかするとベスト8?なんて期待していた人も多いはず。夕方になって、眠気が襲ってきたので、コンビニに走って、オロナミンCを買おうと思ったら、最後の1本でした。みんな同じ思いなのね。日本中のみなさまお疲れ様でした。

角煮お願いします

さとう

活動報告書を作成している。締め切りがだんだん近づいていて、とても焦る気持ちと、なんとかなるさという気持ちが入り乱れる。

集中している時に限って、笑えるようなできごとが起き、力が抜けるもの。今日は報告文を作成中、別のスタッフに確認をお願いしようと思ってコメントをつけていたら、「角煮お願いします」となっていて、クスッと笑った。

で、今こうして、頭皮の時間に入っている。(変換違いが面白かったので、また笑った)何をしているんだか。

Living Together のど自慢 49

さとう

Living Together Loungeの定期開催がなくなってから、のど自慢は貴重なイベントとなっている。

僕がHIV陽性者として活動する力をもらったのは、Living Together Loungeという場所の存在が大きかった。自分の手記を朗読するという経験をさせてもらい、いろいろな意味で僕を育ててくれた場所だから。

のど自慢も思い出がある。朗読+感想+カラオケで、パートナーへの感謝の気持ちを伝えた。Loungeにしても、のど自慢にしても、誰もが参加できて、誰もが安心できて、温かく包み込んでくれる空間で、とても貴重。そしてHIVのリアリティを感じられる場所としての存在も貴重だ。

明日(3/21祝)、今年2回目ののど自慢が開催される、なかなか都合が合わず、参加できていないので、参加しようと思う。どなたでも参加できるので、ぜひお越しください。

この画像をクリックすると詳細の情報が見られます。

さくらの季節

さとう

今年の冬は寒くて、春が待ち遠しかった。まだまだ朝晩は冷えるが、日中、陽が差すと一気に初夏のような陽気になる。昨日、東京のソメイヨシノは開花宣言。僕の予想より1週間も早い。ということは今年のぷれいす東京のお花見は、散りかけで寂しいか、まさかの葉桜か。2ヶ月も前に予想するのは難しいな。せめて花吹雪の中のお花見だったら、幸せなのにな。

ところで今日は、月に1回のホットラインのミーティング。終わってから事務所で仕事をしている。春は、桜餅だよね。濃い緑(ミスタッチして「恋戻り」と打って、少し心が温かくなったりして)のお茶を合わせると幸せになる。

BGMは「さくら」シリーズ。どうも切ない曲が多い。巷ではどんなドラマが巡っているのだろうか。恋していますか?さくら恋。どうぞ散りませんように…。

ぷれいす東京 お花見の情報はこちら。