スタッフ日記 “さとう”

大切なもの

さとう

命、パートナー、家族、友人、仲間…そして肌身離さずないと困るものが携帯(スマホ)

今日、出る時に慌てていて、寝室にスマホを置き忘れてしまった。スマホの便利さに「忘れたとき、メールを外から見れる方法は?」と周りのスタッフに確認していた。そして考えながら、「スマホを忘れない方法を考えた方がいいよね」と呟いたら、発送のお手伝いのボランティアさんに、ふふっと笑われてしまった。

お見合い

さとう

最近は、いろいろな果物が出回ってますね。昨年、心底惚れたのが「ナガノパープル」というぶどう。「巨峰」と「リザマート(当初は、ロザリオビアンコと言われていた)」の交配種。巨峰の皮の渋みをとった感じで、とても濃厚な味。

先日、事務所に「麗紅(れいこう)」という品種の柑橘を頂きました。「タンゴール(ミカンとオレンジの交配種)」に「タンゼロ」を掛け合わせたらしいです。初めて食べましたが、とても芳醇で美味しかった。果物好きの僕にはたまりません。ネットショッピングのメールで、「ひめのつき」という「アンコール」と「日向夏」の交配種があると見て、注文してみました、どんな味なのでしょうか?

でも果物たちは、「人間の都合で、勝手にお見合いさせられて、くっつけられて、たまったもんじゃない」と言っているかも…。こうしてみると、やはりいろいろと混ざることは、幸せの原点なのかも…なんて思います。

お花見うら話

さとう

今度の日曜日、ぷれいす東京のお花見です。ソメイヨシノは満開を過ぎ、昨日までの雨で、殆ど葉桜状態。毎年、お花見の日程をスタッフ間で決めるのが、2月の頃。今年は例年以上に寒かったので、3/24の開花はない。との判断でした。急に暖かくなり、3月中の開花…とほほ。

桜がないんじゃなぁ…。予報が雨と聞いて、例年この時期は報告書に追われているので、少しホッとしていました。お花見の応援を頼んだ「場所取り隊」「荷物運び隊」「お花見盛り上げ隊」「片付け隊」の熱いやりとりを見ていたら、何だか気持ちが盛り上がって来て、やっぱりやりたい!と晴れることを願っている僕がいます。

「ぷれいす東京 お花見」

なお、当日の開催は朝に決定。10時の時点で、twitter、Facebookにてお知らせしますので、ご確認ください。なおぷれいす携帯(080-5387-8341)でも対応します。

溜まっていたこと。

さとう

新年になり、初めての日記です。今年もよろしくお願いします。

しなければいけないことだけれど、何だか気が重いことって、なかなか進まないものです。でも意外と進めてみると、何だ思っていたより簡単だったということは、よくあること。

ネストニュースレターの編集後記には書いたのですが、昨年の年末から「こんまり」にはまっていて、今は片付けることが楽しくて仕方がありません。睡眠時間を割いてでも片付けたい気分です。正月早々からどれだけゴミを出すのか…。でも「ときめく」ためには、頑張ろうって気になります。春よ来い、早く来い。

お尻に火…

さとう

年内にしなければならない仕事が山のように溜まっていて、いよいよ僕のお尻には火がついてます。どうしてもそうなると気持ちだけが先行して、なかなか効率が上がらないことがあります。ひとつひとつ片付けなくちゃ。

日曜日にホットラインの忘年会がありました。毎年のことですが、ひとりひとりの力の結晶がきらきらとしていて、あの場にいることだけで、幸せな気持ちになります。こつこつと活動を続けてくれるスタッフに感謝です。

「Our Voices」

さとう

昨日放送された「Our Voices」の「結婚/パートナーのあり方」を見た。若い頃は結婚式に出ることが多かった。その度に、両親への挨拶で泣かされた。いつも素敵だと思った。でも自分は叶わないことと思っていた。昨日の放映を見ていて、結婚自体ではなく、親や家族との繋がりや周りの方々との関わり、支え、受け入れや祝福に感動していたのだと感じた。

オランダでのありふれた光景は、日本ではまだまだである。でもやっぱり結婚っていいな、周りの人たちに認められるっていいな、そう思う放送だった。今日は2日目。どんな話題か楽しみにしている。(昨日分、再放送もあります)

明日は世界エイズデー

さとう

世界エイズデー前で、本来ならHIV/エイズのニュースで盛り上がる時期。今年は選挙モードにかき消されてしまっている。ぷれいす東京でも様々な取材の協力をしている。先日、BS朝日「医療現場」の取材が入りました。ON AIRは明日の18時〜、日曜日に再放送です。いくしまを始め、スタッフの何人かが出ています。

http://www.bs-asahi.co.jp/genba/

その他にもいろいろと記事が出ていますので、よろしければご覧ください。

 

東京新聞
治療法発達、残る偏見 HIV感染
2012年11月27日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/health/CK2012112702000139.html

産経
HIV患者の生活と服薬継続に関するアンケート調査結果発表
2012年11月26日
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121126/prl12112612380042-n1.htm

毎日新聞
エイズ:報告から30年を超えて 治療は進歩、療養長期化
2012年11月29日
http://mainichi.jp/select/news/20121129mog00m040003000c2.html

 

というわけで、明日はもう師走です、1年は早いですね。

NEST NEWS LETTER 11月号の発行予定

さとう

日が短くなり、あんなに暑かった夏が終わったら、なにか晩秋のようですが、いかがお過ごしですか?先月からニュースレターを担当して、第1木曜日に発行を心がけると豪語しておきながら、まだ発行に至ってません。ごめんなさい。

来週のあたまには、お届けできるところまで、準備ができました。みなさんから「まだ届かないよ」という声が出るほど、楽しみにして頂けるよう、今月も僕ら(りきや/いく)なりに頑張りました。新しいプログラムの情報もありますので、見逃さないでくださいね。

せっかち

さとう

IMG_2423

自分では気が長いつもりでいますが、そうでもないことを発見しました。近所に新しいスーパーがオープンして、連日大盛況です。初日から覗きに行ったのですが、オープン記念価格で、ごった返していました。お昼を買おうと思って行ったので、どうしようかと思いましたが、レジに進むと、な、なんとレジ打ちの名手が揃っているのか、早いのなんの。あっという間に買い物を終えてました。

スーパーに行こうかどうか迷う原因に、レジが混んでるだろうな?と想像してしまい、急いでいる時は敬遠するのですが、この店は大丈夫そうです。意外とせっかちかも…。

ところで合同研修も終わり、各部門の研修とかミーティング、トレーニングなどにそれぞれが分かれて、活動を始めています。ホットライン部門も先日部門研修が終了しました。毎年、世話人のひとりが「魔女ケーキ」と称して、手作りのケーキを焼いて来てくれるのですが、そこには「これから頑張って」「これからもよろしく」のあったかい思いが一杯詰まっていて、いつも感激してしまいます。秋晴れの季節、先日のうろこ雲は見事でした。これからが楽しみです。

NEST NEWS LETTER 10月号

さとう

20121004134113

本日「NEST NEWS LETTER 10月号」を発行します。

今回からりきやさん(近々ぷれいす日記のライターで登場予定)と僕が編集の担当を引き継ぎました。この話を頂いた時は、大変そうだな、できるかな…と不安がいっぱいでした。やじまさんの苦労を横目にしていたので、なおさらです。やじまさん今までお疲れさまでした。僕らが引き継ぎ、光を灯し続けたいと思います。

先月から少しずつ準備をしていたのですが、裏側の事情はかなりドタバタでした。やはり編集に関わってみると、限られた紙面の中で、何をどう伝えるかを吟味し、形にして、時には泣く泣くカットなんてこともあり。形になってみるとそのドタバタがあったからこそ、いとおしさ倍増みたいなことが起こる。たぶん初孫ができた時の気分に近いかも…(ま、僕は結婚もしていませんが…)

今回発行に当たり、いくしまさんとはらださんに相談。りきやさんと検討して、変更したことが3つあります。1)発行日をできる限り固定する(毎月第1木曜日予定)。2)各プログラムへの参加対象者をわかりやすく表記する。⇒【要予約】●のような表記にしました。●が陽性者、◆がパートナー、■が家族という分類です。3)編集している人となりが少し見えるようにする。

今日紙版を発送します。 PC版、携帯版も順次お手元に届くと思います。楽しみにして頂けると嬉しいです。