スタッフ日記

一輪の花が咲く

おーつき

今回の国際エイズ会議では、地域におけるHIV陽性者等支援のための研究班で実施した「HIV陽性者の生活と社会参加に関する調査」(くわしくは、こちらの冊子(PDF版)をご覧ください)の結果をもとに、いくしまさんらと3題の発表を行いました。他の国や地域で行われた類似の調査の発表もいくつかあり、参考になるものが多かったです。

他にも同調査の大きなテーマのひとつであるHIV陽性者の就労にかんする演題を片っ端から見てみましたが、中でも興味深かったのは、UNplus(UN System HIV Positive Staff Group)という国際連合の各機関で働くHIV陽性者のネットワークに携わる人たちによるセッション。彼ら彼女らの中には、GIPA(HIV陽性者の参画拡大)あるいはMIPA(HIV陽性者の意味のある参画)で陽性者としての立場を生かすようなポストに起用された人もいれば、HIV/AIDS対策には直接関係のないポジションで勤務していて、その中で感染がわかった人もいます。彼らがそのネットワークをつくりあげてきた経緯の紹介では、HIV/AIDSへの取り組みを行っている国連の組織内にも存在するHIVに対する差別や偏見などにも言及がありましたが、彼らが援助組織の中で自らも陽性者として働いてきた個人的な経験、さらにはフロアにいた直属の上司らが彼らからのHIV陽性のカミングアウトをどう受け止めていったのかといった語りもあり、新しい視点が示されたような、とてもいいセッションでした。

***

ポスター発表とWSW向け資材など

日本国内ではあまり議論に上らないようなトピックに出会えるのも国際会議ならではです。WSW(Women who have Sex with Women/女性とセックスをする女性)をターゲットにした予防啓発や、HIV陽性のWSWへの支援(ただし、彼女たちの感染経路として推定されるのは男性との性的接触)は、情報量は少ないながらもとても興味深いものでした。

会議初日のオープニング・セッションが始まる前に開催された、テーマごとに会議全体を概観するようなセッションのうちのひとつに「女性と子供」というものもありましたが、そこで女性の多様性が議論の焦点となる場面がありました。HIV/AIDSに対し弱い立場にいる「女性」とひと口に言っても、有色人種の女性、障がいを持つ女性、高齢の女性あるいは幼い女児、貧困状態にある女性、セクシュアル・マイノリティの女性、セックスワーカーの女性、薬物使用者の女性etc.とその多様性にも幅があり、それぞれ状況が異なるということも頭に置いておきたいものです。

無からは何も生じない

おーつき

という訳で、18日に開会した第18回国際エイズ会議。活動家たちがオープニング・セッションの舞台を占領して、世界的なHIV/AIDS対策への資金拠出を手控えるG8に対するサイレント・プロテストを行うなど、「Silent = Death(沈黙は死)」と、会議場内外でさまざまなかたちで声を上げそれぞれの問題を訴える動きがとても印象的な幕開けでした。

G8Leaders会議場の様子

会議場の様子

翌日のプレナリー・セッションで基調講演を行ったクリントン基金のビル・クリントン元米大統領もそれに呼応するように、政府は昨今の経済不振などを理由にHIV/AIDSへの取り組みを緩めてはならないというメッセージを発する一方、少額の資金をより多くのドナーから集めるような仕組みの推進や、運営上の無駄を省きサービスそのものに費やすリソースを増やすといった努力も続けていかなければならないと述べていました。

***

会議の一連のプログラムの中には、ホストするウィーンの地域と連動したイベントも多くあります。

そのうちのひとつ、地元のレズビアンやゲイのボランティアがウィーン市内を案内するQueer Vienna Cityというバスツアーに参加してみました。市内の観光名所にあわせて、オーストリアのセクシュアル・マイノリティとHIV/AIDSを取りまく歴史が紹介され、プライド・パレードのルートやゲイ・タウン、最古のゲイバーやハッテン場のあった場所、会議場最寄りのハッテン場や街で一番ポピュラーなハッテン場にも案内されて、あっという間の1時間。このコミュニティの人だからこそできるようなツアーで、とてもいい勉強になりました。

ツアーバスウィーンで一番人気があるゲイMIXのカフェ

ウィーンで一番人気があるというゲイMIXのカフェ

今回のこの会議にはおよそ2万人の参加者が来ているとのことですが、ウィーンが国際エイズ会議の開催を歓迎し、街をあげて盛り上げていこうとする様子があちこちで伝わってきて、とても心地のよい滞在になっています。

WelcomeToVienna国会議事堂など市内のランドマークには軒並みレッドリボンが

国民議会など市内のランドマークには軒並みレッドリボンが

私は行く、だがどこへ

おーつき

KunstHausWienいくしまさんと、地域におけるHIV陽性者等支援のための研究班の活動の一環として、第18回国際エイズ会議に参加するため昨夜からオーストリアのウィーンに来ています。

悪天候による視界不良のためウィーン国際空港が一時離着陸禁止となってしまい、飛行機がドイツのミュンヘンの空港に迂回して待機すること数時間。大雨の中ウィーンのホテルにたどり着いたのは明け方近くになりましたが、なんとか無事に着きました。

JoinTheConversation夜が明けると、爽やかな好天。では、これからオープニング・セッションへ行ってきます。

清々しい思い

さとう

「ETV特集」ご覧になって頂けましたでしょうか。自分としてはでき過ぎな感じです。この間の僕の回りでの収録は、たぶん15時間くらいに及んだでしょうか。出演が11分と聞いた時には、短く感じましたが、実際にON AIRされるとかなりありました。顔がUPだし…。でも終わった瞬間になんだか清々しい思いがありました。いろいろと手を尽くして、顔出しをして良かった。

その後「こういう番組が欲しかった」という賞賛を頂いたり、薬害のことが抜けてたんじゃない?とか、幸せな人ばかりじゃないんだ!とか、もっと基本的なことも説明して欲しかった…とか。様々な意見が寄せられました。

90分のドキュメンタリーで全てのことが表現できるものでもなく、できることなら第2弾以降も続けて欲しいと願っています。この番組から、新しい流れに繋がって行くことを期待しています。

キラキラキラ

おーつき

今日は七夕

高田馬場公園の七夕飾り

(今年も)学会へ行こう!

おーつき

先月末に開催された、恊働団体である日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラスの活動報告会に参加してきました。会場で配布された活動報告書は過年度のものより厚く、その活動が年々厚みと広がりを増している様子が発表からもひしひしと感じられ、とても刺激を受けました。

***

そんなジャンププラス、そしてはばたき福祉事業団との恊働でぷれいす東京が運営しているHIV陽性者参加支援スカラシップ委員会では、11月24日(水)〜26日(金)に開催される第24回日本エイズ学会学術集会・総会にあわせて今年もスカラシップ(HIV陽性者の学会参加登録料・宿泊交通費の一部補助)を実施します。

より多くのHIV陽性者にスカラシップについて知ってもらい、応募を検討してもらえれば…と、本日から3ヵ月以上の告知期間を設けてゆっくりと応募を受け付けています。あわせて、当プログラムへのご支援も募集しています。興味のある方は、ぜひ下記のWebサイトにアクセスしてみてください。

(今年も)学会会場でお目にかかれるよう、なにとぞよしなに。

白熱事務所

おーつき

事務所ではいつも木曜日に来客や会議のスケジュールが集中することが多く、ふすま一枚を隔てて複数のミーティングが同時進行するようなこともままあります。人の出入りが頻繁にあってバタバタとした雰囲気になりがちですが、おみやげや差し入れをいただくこともあり、それを機会に業務の合間にひと息入れて、スタッフの皆でありがたくいただきます。

ドイツのプラリネをいただきました

憩いの時間をどうもありがとうございます。

種明かし

さとう

ミステリーツアー、楽しかったです。

最初、新白河で下車すると聞いた時は、近すぎたので、少しがっかり。しかしそれからが…。バスでの走行距離528km、とても過酷な旅でした。福島〜宮城〜山形と3県を走破。予想していた蔵王のお釜にも行ってきました。

さくらんぼ狩りには、まだ早かったけれど、初夏の味覚も満喫しました。次回は佐藤錦が美味しい時期に行きたいものです。梅雨に入る前のひとときを楽しみ、リフレッシュできましたよ。

カメラ目線

さとう

ぷれいす東京の事務所にテレビカメラが入っています。NHK教育の「ハートをつなごう」に続いて、「ETV特集」でHIVのことが取り上げられます。「Living Together計画」を中心に番組を制作中。今日も午前中、インタビューなどがありました。(勿論、スタッフであっても、撮影されたくない方は映らないよう配慮しています)

また僕が個人的に取られている部分があり、ここ数日僕の回りにテレビカメラがあります。カメラ目線にはしたくないのだけれど、心のどこかで意識してしまう自分もいる。やっぱり窮屈なものです。相方との会話もぎこちない。昨日は自宅で夕飯の場面を撮られたのですが、料理を味わう暇もなかった感じでした。

どういうものができるのかが楽しみな反面、ちょっと怖い気もします。オンエアーは7月4日日曜日22時から23時半。是非ご覧ください。

土曜の朝、午前9時

おーつき

撮影中いくしまさんが研究代表者を務める研究班「地域におけるHIV陽性者等支援のための研究」では、その研究活動の一環として、地域の支援者のHIV陽性者やその周囲の人からの相談対応への準備性を高めるために、研修会の企画運営や教材の制作などを行っています。

映像教材の制作においては、昨年度からすでに医師、看護師、医療ソーシャルワーカー、およびHIV陽性者の雇用経験がある企業の人事担当者の方々による多彩な講義の収録を行っていますが、このほどHIV陽性者のセクシュアル・ヘルスの支援をテーマとして、ちずこさんが講師に登場することになりました。

撮影場所はぷれいす東京の事務所で、お休みの日、しかも電話や来客がなさそうな時間帯を見計らって撮影が始まったのですが、それでも遠くで山手線が警笛を鳴らして走っていったり庭では芝刈りが行われていたり、果ては冷蔵庫の振動音をマイクが拾ってしまったり…。すでに外音をシャットアウトするために窓は閉め切り、エアコンも使えず照明の熱で灼熱の地と化したぷれいすスタジオで難儀な「アクション」「カット」の繰り返しでしたが、涼しげな顔のままちずこさんのお話は続きます。

そんなこんなで鋭意制作中の映像教材ですが、完成した暁には、研究班のWebサイト「地域におけるHIV陽性者等支援のためのウェブサイト」でくわしくお知らせできるかと思います。研究報告書支援ツールなども掲載している支援者向けのポータルサイトですので、あわせてよろしくお願いします。地域におけるHIV陽性者等支援のためのウェブサイト

地域におけるHIV陽性者等支援のためのウェブサイト http://www.chiiki-shien.jp/