スタッフ日記

活動報告会は熱かった(暑かった?)

矢島 嵩

一昨日行われたぷれいす東京の活動報告会は、参加者など計72名とのこと。会場はいっぱいで、熱気にあふれ、というか、実際に途中から暑くて、窓を開けたり、空調をいじったり(汗)。次々に出てくる部門報告も現場感覚たっぷりだったし、ゲストのうてつあきこさん(自立生活サポートセンター・もやい)のお話もとってもおもしろくて、充実した会だったナーって思います。

参加者《など》は正確には、参加者、スタッフ、ゲストということなのですが、ぷれいす東京の活動報告会って、そもそも“HIVをめぐる さまざまな人たち”が参加する「ごちゃまぜ感」がウリなのです。今回もきっと、ボランティア・スタッフ、ネストの利用者、寄付・賛助者、協働している団体や個人、行政、製薬会社、研究者、学生、アーティスト……。さまざまな人たちが集ってくれたのではないかと。

当日は、ひとり二役三役と忙しくしていた人もけっこういて熱さはそのせい?かもしれません。まきはらさんがバディと相談部門の報告をしながら司会をしていたり、会場受付係のはらださんがネスト部門報告、総会で会計報告をしつつ懇親会の幹事さんとか、ホットライン/相談、ネスト/Gフレ、相談/研究など部門報告のハシゴもアリ。また、日ごろ事務所やネストで活動をしているひとたちが、タイムキーパー・物販・受付・搬送をしてくれていたり、あらたにむかえた事務局の人材が中心となって2009年度年間活動報告書ができあがったり、いっぽう当日も電話相談を受けていて活動報告会に参加できなかったスタッフもいたり……。活動のひろがりと変化を予感させられる機会でもあったのかも?

ちなみに、僕も、報告者の撮影と記録係やNewsletterに載せる感想文をあちらこちらでお願いしながら、ネスト部門で新陽性者PGMインタビュー集の報告をしたのですが、「撮影」と書いた青い腕章をつけたままでした(汗)。

活動報告会の詳細は、次のNewsletter66号:20108月号)に、何人かの感想文とともにお届けします。お楽しみに!

オトナの女的セミナー第4弾無事終了!!

いみ/みず

いみです。

PEP オトナの女性部門の約2年ぶりのセミナーが本日無事終了しました。

告知を始めた時は、今までのセミナーのリピーターからの申し込みもなく、大丈夫かな~と心配でしたが、最後の数日間で申し込みが増え、最終的には定員オーバーの24名からの申し込みがありました。当日キャンセルがあったので、本日の最終参加者は19名となりました!

STDの症状の写真と病名のマッチングゲームや、女の子が主導でコンドームを装着する方法や、関係性を壊さずにセックスをうまく断る方法など、風俗嬢が講師ならではのセーファーセックス講座となり、参加者も講師のテクニックに驚き、喜び、感動の連続で大いに楽しんでもらえたと思います。

毎回セミナーをやるたびに思うことですが、みんなセックスについて話したい!情報交換したい!聞いてみたい!って思ってるのね~

そんな機会を提供できて、みんながEmpowerし合って、このセミナーが行動変容に繋がればいいな~と思ってます。

そして、去年の新人研修以来、有力な新人メンバーが数名入ってくれて、セミナー準備も運営も、積極的に協力してくれてるので、いみとみずはとっても助かりました。

いみ

一歩から始まること

さとう

「セクシュアルマイノリティを正しく理解する週間」…何だかお堅い感じだけれども、それでも僕は嬉しく思いました。17〜19日はホットライン、20日には衆議院議員会館で学習会、21日には明治学院大学でシンポジウムが行われました。

学習会とシンポジウムに参加してきましたが、新しい動きを感じることができました。どちらにもお越しになった福島みずほ大臣が「この社会の中で、少し違う生き方をしたい。と思ったときに壁にぶつかることがあると思う。これからはいろいろな生き方を認める社会にしていきたい」と発言していて、心強く思いました。

この週間は、内閣府子ども若者・子育て施策総合推進室と法務局人権擁護局が後援になっています。少しずつ存在を認識されることは、理解を深める第一歩だと思います。

ところで今月末からいろいろとあります。5月29日は「ぷれいす東京・活動報告会」、30日は「オトナの女性セミナー」と「Living Togeter のど自慢」、31日〜6月2日は「ハートをつなごう/HIV」、6月4日は「Think About AIDS」の収録、6日は「Living Togeter Lounge Vol.66」と続きます。何か新しい気づきがあるかもしれまん。覗いてみてはいかがですか。

ハートをつなごう 新テーマ「HIV」

はらだ

NHK 教育テレビの「ハートをつなごう」。これまでにも、セクシュアル・マイノリティの問題などを取り上げているので、ご存じの方も多いのでは。

その番組で「HIV」をとりあげるということで、ぷれいす東京も取材に協力してきたようです。放送予定のお知らせが届いたので、ご案内いたします。

今回のスタジオには、複数の男女のHIV陽性者、医療従事者、 支援者が出演の予定だそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハートをつなごう 新テーマ「HIV」
NHK 教育テレビ 

番組宣伝ビデオ
http://www.nhk.or.jp/heart-net/hearttv/video/premap2010_05.asx

5月31日(月)〜6月2日(水) 午後8時〜8時29分
再放送 6月7日(月)〜9日(水) 正午〜12時29分

「HIV」。日本で感染がわかっているのは、09年末時点で、16879件(速報値)。
年々その数は増える傾向にあります。近年、医療の進歩で早い時期に感染がわかって適切な治療を受ければ、元気に過ごすことも可能になりましたが、一方 で、社会の中には、誤った知識や、偏見が根強く残っていて、HIVに感染した陽性者(ポジティブ)の人たちが、仕事や学校生活、恋愛など、さまざまな場面で、生きにくいと感じることも多いのが現状です。
ポジティブの人も、ネガティブの人も、検査を受けたことがないという人も、ぜひご覧いただき、一緒にHIVについて考えていきましょう!

桜井洋子(アナウンサー)
石田衣良(作家)
ソニン(タレント)
複数の男女のHIV陽性者
医療従事者
支援者

初夏の香り

さとう

16日の日曜日はホットラインのスタッフミーティングでした。毎月1回と言えども、続けていくことは必要なことだと感じています。今回はいくしまさんを招いて、HIV陽性者の対応について考えました。感染不安の電話相談なので、件数は多くないのですが、それでも勇気を持って電話してくれた方への対応は、とても
大切なことだと考えています。

スタッフミーティング終了後、あまりにも天気が良かったので、急に相方とドライブに出かけました。海を目指して…。三浦半島の先端にでも行きたかったのですが、逗子で夕日が綺麗になってきたので、逗子マリーナへ。

リゾート気分満載の景色。夕焼けになり、青白い空になると、細い三日月と宵の明星が並んでいて、ロマンチックでした。トルコやパキスタンの国旗のような図柄。太古の昔から世界中のどこかで、この月と星の並びを見ていたんだなぁ、なんて思います。

「オトナの女的」セミナー開催します!

いみ/みず

ひさびさにオトナの女性部門ではセミナーを開催します!

「現役セックスワーカーに教えてもらおう!セーファーセックス☆テクニック」

5月30日(日)14:00~17:00、場所は池袋のエイズ知ろう館。

(ぷれいす活動報告会の翌日ですね・・・)

昨年インフルエンザの影響で中止になって以来、のびのびのなっていた企画です。

オトナの女がもっと気持ちよく!もっとハッピーに!セックスするためのテクニックを、現役風俗嬢のかおりんに教えてもらいます。 スタッフみんな楽しみ~♪

詳細は、こちら

5月29日の活動報告会トークゲストは必見!

生島

今年の活動報告会のトークコーナーのゲストには、ホームレス支援団体「もやい」のうてつあきこさんをお招きします。もやいは、生活困窮者の支援をする有名なNPOです。ぷれいす東京に相談にくる人のなかにも、家を借りる時の保証人がいない方など、お世話になった方がいました。

先日、うてつさんと打ち合わせを行いました。ホームレス支援をする保健師で訪問看護をする人というキーワードから肝っ玉母さん的な力強さをイメージしていましたが、お会いしてみると、ぜんぜん違っていました。いい意味で裏切られた感じです。とても率直に気持ちを表現される方でした。

うてつさんは、もやいのサービス利用者のなかの有志とカフェを立ち上げます。その結果、孤立しがちな貧困とともにある人々が、カフェに立ち寄ることで、誰かとのゆるりとしたコミュニケーションを手にいれることができる場をつくります。さらに、有志をつのり、東チモールのコーヒー生産者から、フェアトレードで輸入したコーヒ豆を自分達で焙煎し、そして販売するというプロジェクトを立ち上げます。

何かを新しく立ち上げるって大変なことです。そんななかで、スタッフとして、女性として、医療者として、感じていたことを、戸惑いなどをお聞きする予定です。みなさま、お楽しみに!

5月29日 ぷれいす東京活動報告会
ゲスト:うてつあきこ(特定非営利活動法人もやい)
http://www.moyai.net/

うてつあきこ プロフィール
2003年8月より、もやいのボランティアスタッフとして活動に参加。2004年6月、「サロン・ド・カフェこもれび」を当事者と共に立ち上げる。2005年12月より、こもれびコーヒー焙煎プロジェクトを立ち上げ、2007年1月「こもれびコーヒー」販売開始。現在も、<もやい>のスタッフとして、交流サロンとコーヒー焙煎のコーディネーターを務めている。保健師。1995年より訪問看護に従事。著書:『つながりゆるりと小さな居場所「サロン・ド・カフェ こもれび」の挑戦』著者:うてつあきこ、自然食通信社(2009年)

高田馬場便り

おーつき

つい10日かそこら前までは暖房を入れていた事務所ですが、今日はとうとう、今年初めて冷房が入りました。

鯉のぼり大集合

高田馬場公園の鯉のぼり

Newsletter発送しました

はらだ

昨日、無事、ぷれいす東京Newsletterを発送しました。

2名の方に事前に準備をしていただき、昨日も事務所スタッフのほかに5名の方にお手伝いいただいたので、おかげで余裕をもって発送することができました。ありがとうございました!

Newsletter65号できました。

矢島 嵩

65号の巻頭は「エイズ予防のための戦略研究〜MSM首都圏グループの取り組みも最終年度〜」。MSM首都圏グループの事務局でもある生島さんが、これまでの首都圏グループの活動を振り返りつつ、最終年度とその後を見据えて書いたもの。さまざまな難しさと可能性を含んでスタートしたこのグループの、総仕上げでもあり、今後に残す礎石ともなる、とてもとても大事な最終年度。苦労をしながらもその可能性を信じる気持ちを感じさせる巻頭です。

また、「地域におけるHIV陽性者等支援のための研究班」でおこなった研修や映像教材・冊子など「支援者の準備性向上のための取り組み」についての記事、ネストで行われた第8回Women’s Salon「川名奈央子さんと話そうpart2」の報告と参加者感想文、新しくできたインタビュー集「HIVをめぐる さまざまな人たち」の紹介を掲載しています。そして部門報告もまるまる4ページです。全部で8ページなのですが、びっしりと活動の様子や成果が盛り込まれたと思います。PDF版はぷれいす東京のトップページから[刊行物]→[ニュースレター]にあります。

Newsletterは年に4回(2月、5月、8月、11月)発行なのですが、5月号はもっともタイトなスケジュールでの進行なのです。3月末で活動報告を締めて、4月上旬に報告をまとめ、中旬に編集・レイアウト・校正そして印刷をして、ゴールデンウィーク直前後に発送、5月下旬の活動報告会のお知らせを兼ねて初旬にはみなさんに届くという段取りです。

そのプロセスは“非常”のリレー。多くの人が分担をしてくれているのですが、ボランタリーだったり非常勤だったり、、、このために常時待機しているわけではなく、他に仕事や活動やさまざまな事情を抱えつつもこのリレーをつないでくれているのです。ですから、しかたなく(ホントです!)締め切りにうるさい鬼編集長?と化して“非情”にリレーをつなげないといけないのです(汗)。

あちこちで、ご迷惑やらなにやらおかけしていますが、あらためてお礼を申しあげます。そしてこれからもどうぞよろしくお願いします。