スタッフ日記

Newsletter65号できました。

矢島 嵩

65号の巻頭は「エイズ予防のための戦略研究〜MSM首都圏グループの取り組みも最終年度〜」。MSM首都圏グループの事務局でもある生島さんが、これまでの首都圏グループの活動を振り返りつつ、最終年度とその後を見据えて書いたもの。さまざまな難しさと可能性を含んでスタートしたこのグループの、総仕上げでもあり、今後に残す礎石ともなる、とてもとても大事な最終年度。苦労をしながらもその可能性を信じる気持ちを感じさせる巻頭です。

また、「地域におけるHIV陽性者等支援のための研究班」でおこなった研修や映像教材・冊子など「支援者の準備性向上のための取り組み」についての記事、ネストで行われた第8回Women’s Salon「川名奈央子さんと話そうpart2」の報告と参加者感想文、新しくできたインタビュー集「HIVをめぐる さまざまな人たち」の紹介を掲載しています。そして部門報告もまるまる4ページです。全部で8ページなのですが、びっしりと活動の様子や成果が盛り込まれたと思います。PDF版はぷれいす東京のトップページから[刊行物]→[ニュースレター]にあります。

Newsletterは年に4回(2月、5月、8月、11月)発行なのですが、5月号はもっともタイトなスケジュールでの進行なのです。3月末で活動報告を締めて、4月上旬に報告をまとめ、中旬に編集・レイアウト・校正そして印刷をして、ゴールデンウィーク直前後に発送、5月下旬の活動報告会のお知らせを兼ねて初旬にはみなさんに届くという段取りです。

そのプロセスは“非常”のリレー。多くの人が分担をしてくれているのですが、ボランタリーだったり非常勤だったり、、、このために常時待機しているわけではなく、他に仕事や活動やさまざまな事情を抱えつつもこのリレーをつないでくれているのです。ですから、しかたなく(ホントです!)締め切りにうるさい鬼編集長?と化して“非情”にリレーをつなげないといけないのです(汗)。

あちこちで、ご迷惑やらなにやらおかけしていますが、あらためてお礼を申しあげます。そしてこれからもどうぞよろしくお願いします。

日本の海

さとう

GWが始まりますね。巷では高速道路料金の今後のことが話題になり、「最後かも…」という思いの方が多いようで、大渋滞が予想されています。

ところでGWの始まりに楽しみなフォーラムとシンポジウムがあります。

4月28日(水)18時半からの「エイズ&ソサエティ研究会議100回記念フォーラム」今年のエイズ学会のテーマ「垣根を越えよう」を岩本先生が話されるので、楽しみです。

もう一つは4月29日(木・祝)13時半からの、やじまさんも出演するシンポジウム「HIV陽性告知後に何が起きているのか?」です。こちらは告知後直後のことを扱っているので、いろいろな問題点が見えてくるのではないかと、今から興味津々です。

皆さんはどんなGWを過ごされるのでしょうか。海外に行かれる方もいるのでしょうね。僕はメルマガで、安い宿が取れたので、相方と伊豆に出かけることにしました。「♪日本の海でいいの〜」by岩崎宏美←古っ!

陽性告知後に何が起きているのか?

矢島 嵩

ベティ・デイビスが出てくる古い映画のタイトルみたいですが(笑)、とっても大切なテーマを扱ったシンポジウムです。

僕もパネリストの一人なのですが、先日、出演者たちが勢ぞろいの濃い~メンバーで顔合わせがあったところです。

昨年度より行ってきた陽性告知後に関するインタビュー調査や、保健所・検査所で検査や告知にかかわる人、拠点病院で診療をする人、陽性と知ってからのより良いスタートをNGOで支援する人(←僕のことなのです 汗)などの、それぞれの立場から見えている、「何が起きているの?」とか「何か必要なの?」を出し合って、今後に役立てられるようにしたいね、、、といった話になりました。

実は、陽性告知直後というのは、人によってはもっとも孤立している状態だったりすることもあり、ほんとうは何が起きているのかといったことが、こういった縦断的(検査、医療、当事者支援・・・)なメンバーで共有されることは、ほとんどなかったのではないかと思うのです。


◆シンポジウム 「HIV陽性告知後に何が起きているのか?」
日時:4月29日(木・祝) 13:30
会場:津田ホール 会議室T101・102
   東京都渋谷区千駄ヶ谷1-18-24
 
出演:
井上洋士(放送大学 慢性看護学・健康社会学 教授)
小島弘敬 (東京都南新宿検査・相談所)
大木幸子 (杏林大学地域看護学研究室 教授)
山元泰之 (東京医科大学病院臨床検査医学科 臨床准教授)
矢島嵩 (ぷれいす東京新陽性者PGMコーディネーター)
司会:長谷川博史 (ジャンププラス 代表)
 
どんな展開になるかわかりませんが、ぜひご参加ください。詳しくはこちら



その後…

さとう

5つの締切は、何とかクリアー。しかし夜中まで根を詰めてしていたため、その後大風邪を引いてしまい、挙げ句の果てには3日間も休んでしまいました。

半世紀生きている体には、寝不足やプレッシャーは堪えるもの
です。一日の温度差が10度もあるとついていけません。

ということで、一段落と行きたいところですが、来月の活動報告会に向けて、「年間活動報告書」のまとめの時期に入っています。僕だけではなくて、ぷれいすのどの部門でも頑張っていると思います。さあて、集中!集中!

 

仕事が決まった

いみ/みず

いみです。あれ、連続投稿だ。。

昨日は久々に外出し、「フィリップ、きみを愛してる」という映画を観に行った。

実話とは思えないほどとんでもないストーリーだった。

そして今日、先週面接に行った会社の社長面接に行ったら内定が出た。

とりあえずプー子生活脱出成功。

来週から来てくれと言われたけど、はたしてちゃんと朝起きられるのだろうか?

心配。。。

 

いみ

ひきこもり生活

いみ/みず

いみです。

金曜日から一度も家から出ていません。

通販で2週間前に注文して、やる気が失せた頃に届いたアブ☆ロケットで毎日腹筋は鍛えているけど、それ以外は何もやる気がでません。

プー子生活4ヶ月目突入、完全にダメ人間と化しています。。。

いみ

追いつめられて横浜

さとう

ぎゃ〜〜。

今週末までに仕上げなければいけないものが、5つもある。気ばっかり焦ってしまう。

Don’t worry, be happy.

おーつき

年度変わりでなにかと慌ただしいこの頃ですが、この1ヶ月ほどは、HIV/AIDSとその隣接分野などに関連するシンポジウムやセミナーなど勉強の機会がたくさんありました。

メディアの注目も大きかった自殺と貧困に関するシンポジウムと薬物関連の研究発表会、HIV/AIDSをテーマにしたものでも、ちずこさんの「エイズはじめて物語」(くわしくはいくさんの日記で)、恊働団体のRainbow Ring & akta活動報告会(同じくいくさんの日記で)とデリ・フェス、ネットワーク医療と人権「MERS」の医師・患者関係を考察した特別記念講演会日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラス企画の予防情報アクセスに関する研究成果発表会、前UNAIDS事務局長のピーター・ピオット氏ら海外の研究者が発表した東京大学医科学研究所でのシンポジウムetc. etc.と非常に多種多様。

印象に残っているのはデータや言葉だったり、ビジュアルだったり、それらを発する手法だったりさまざまなのですが、行く先々で、ぷれいす東京のスタッフ仲間や、隣接分野の相談先として紹介させていただくこともある他支援機関のスタッフの方々などの見知った顔を見かけたのを実はなによりも嬉しく、頼もしく感じながらいつも帰途についたのでした。

 事務所デスク

今年度もよろしくお願いします。

3月31日、晴れ

おーつき

今週は事務所のお掃除当番のおーつきです。始業時間より少し早く来て、窓を開けてお掃除をしていたところ──

桜

事務所のおとなりのおとなりにある高田馬場公園でも、桜の花が満開です。

風邪ひいた

矢島 嵩

みたい……。