スタッフ日記

Greetings from Busan, Part 1

おーつき

釜山は東京より気温が少し低く、薄曇りの空模様が続いています。

Bexcoという訳で、26日(金)に開会した第10回アジア・太平洋地域エイズ国際会議(ICAAP)に、前回に引き続き参加させていただいています。

オープニング・セレモニーの舞台では、主催者側からは要人のあいさつや芸能人のショー・タイム、コミュニティからは韓国で初めてのHIV陽性者の公の場でカミングアウト、韓国政府のHIV/AIDS対策に対するプロテストetc.etc.と、すでに会議のテーマ「Diverse Voices, United Action」の通り多様な声と結束した(?)行動の一端を垣間見た感がありました。

StopFTA本日27日(土)に参加したプログラムの中で特に印象的だったのが、刑務所におけるHIV/AIDSをテーマにしたセッションです。セックス・ワークや薬物使用など、多くの国や地域で違法と見なされている行為とそれに関連したHIV感染や、閉ざされた環境下で弱い立場におかれた収監者・服役者たちのHIV感染への脆弱性など、刑務所におけるHIV/AIDS対策はとても重要なトピックです。このセッションでは、収監中のHIV陽性者が2,000人を超えるという台湾でソーシャルワーカーらが行っているグループ支援の取り組み例や、服役者の間でピア・リーダーを育ててHIV/AIDSの啓発を行っているネパールの例、インドネシアからは刑務所内でのHIV/AIDS予防啓発や支援のニーズに対する一般社会の理解を得るべく行われたメディア・キャンペーンの例など、とてもインスピレーショナルな発表の連続でした……が、そこで突然、数人の活動家たちがセッションの会場に飛び込んできました。この日、会議場内で自由貿易協定(FTA)などに抗議するデモに参加していた韓国人活動家が地元警察に拘束されたので、セッションを止めて、抗議をする連帯の輪に加わってほしいとのこと。聞くところによると、活動家は後に釈放されたものの状況は予断を許さず、実際に会議場でもこの時に開催中あるいは開催予定だったセッションの一部が中止になったようです。

※抗HIV薬のジェネリック医薬品を開発・販売しているインドがEUとFTAを締結しようとしているほか、韓国とアメリカの間でもFTA締結の動きが進められています。インドとEUのFTAは第三者による医薬品の臨床データの利用の禁止など特許権を強化するもので、安価なジェネリック医薬品の製造や流通を阻み、主に開発途上国のHIV陽性者に抗HIV薬が行き渡らなくなることが危惧されています。

***

なお、今日はぷれいす東京がはばたき福祉事業団日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラスと協働で運営しているHIV陽性者参加支援スカラシップ委員会のこれまでの取り組みを紹介する2題のうち1題目のポスター発表「The Needs of PLHIV and Function of NGO-initiated Scholarship for the National HIV/AIDS Conference in Japan(HIV陽性者のための学術集会参加支援プログラムの取り組みと、そのニーズと効果についての考察)」を行いました。実はポスター展示会場は立地が悪く、参加者も少なくやや寂しい雰囲気でしたが、逆に、足を止めてくれた人とはひとりひとりとじっくりお話しをすることができました。とある国で国内学会に設けられているスカラシップに応募したことがあるというHIV陽性者の人からは、このHIV陽性者参加支援スカラシップは学会そのものからは独立して陽性者の立場に近いNGOが運営しているというのが非常にユニークな取り組みだ、との感想も。

そんなHIV陽性者参加支援スカラシップは、今年も11月の日本エイズ学会学術集会へ向けて参加者を募集中です。くわしくは、こちらの特設サイトをご覧ください。

以上、釜山からおーつきがお伝えしました。


MeetingPlace★おまけ★

釜山のターミナル駅にある待ち合わせ場所の日本語表記がすてき。

夕立は懐かしい言葉…

さとう

東京はゲリラ豪雨の真っ最中。釜山はよい天気でしょうか?ぷれいすからも、おーつきさんが参加しています。ICAAPと聞くと懐かしい思い出が湧いてきます。2005年の神戸の時に僕も参加しました。あのときの強い印象が、今の僕に繋がっています。

今日Twitterで「夕立」という言葉が懐かしいと呟いたのですが、「夕立」と言えないような降り方。夕立が過ぎた後には、ホッとするような爽やかな風が吹き始めたもの。最近は大雨があっても湿気が抜けないですから…。そういえば奇麗な入道雲もあまり見かけてませんね。

明日は河口湖に行く予定で、予報は一応大丈夫そうだけれど、晴れるといいな。湖と緑の先に青い空が広がって入道雲があるといいな。もう8月も終わりですから、過ぎ行く夏を楽しんできます。

円高ですね

おーつき

CervicalCollar今年もまた国際会議の季節がやってきました。ちょっとそこの釜山までおつかいに行ってまいります。

第10回アジア・太平洋地域エイズ国際会議(ICAAP)

http://www.icaap10.org/

桃の次には…

おーつき

ケーキも出ました!

今日は事務所で誰かが思いがけずハッピーなバースデーを過ごしたようです。

ありがとうございました

桃のかおり

さとう

桃井かおりさんの話ではありません。桃の香りの話です。

ぷれいす東京に見える方から、いろいろと季節のもの、土地のものなど、美味しいお土産を頂き、僕の口にも入ることがあります。桃を頂いたとのことで、今日いるスタッフに桃を剥きました。僕は大の白桃好き。スーパーで見かけると顔を近づけて香りを嗅いでます。物欲しそうにしていると「また今度ね」となだめられています。

桃の味も好きなのだけれど、香りも大好き。食べている時や店頭でも感じますが、剥いた後に自分の手のひらに残る香りが好きなのです。だから今日は幸せ。美味しい桃と香りをありがとうございました。スタッフの皆さま、桃があるときは僕に剥かせて〜!お願い。(笑)

七夕

さとう

週末に仙台の七夕まつりに行ってきました。震災後はじめての仙台。「仙台はだいぶ元のようになったよ」と友人から聞いていましたが、僕はとても神妙な面持ちでした。

前夜の花火大会、そして七夕飾り、どれを見ても震災の色が強かった。大勢の方が訪れていて、一歩も動くことができないほどの状況でしたが、辛い気持ちの人もいるのだろうなぁ…と思ったり、友人たちの話を聞いていても、言葉の裏側にある悲しみや不安が見え隠れしていて…。

とあるおにぎり屋さんで朝食を食べていた時のこと。店員さんが「お味はいかがでしたか?」と尋ねてきましたので、「とても美味しかったです。特に仙台みそに大葉を巻いた味噌おにぎりが…」と答えた後、「震災は大変でしたね」と声をかけたら、本家が流されたこと、親戚が津波に流されたことを、一気に僕らに話しかけてきました。何もできずに、ただただ話を頷いて聞いていただけでした。東京での震災や津波との距離感と東北のそれとでは、明らかに違うのだと痛感。そしてこれから続けて応援していかなければならないなぁとも感じました。

会場で流れていた「青葉城恋歌」は沁みたなぁ。僕ができることは限られているけれど、少しでも笑顔になれるように祈っています。

奇跡 その4

さとう

久しぶり、待望?の奇跡シリーズ第4弾です。

昨日、仕事が終わって帰ろうとしたら、傘をどこかに忘れていました。玄関で記憶を辿っていると、そうか事務所に来る前にファミマで買い物をした時に忘れたのだと思い出しました。5時間近くたっていたので、もうないかも…あって欲しいな、なんて考えながら歩いていたら…。

右足がつるん!危ないと思って踏ん張った瞬間に左足もつるん!!両足が自分の体の前方向に滑り出してしまったのです。一瞬尻もちを覚悟したのですが、最後の悪あがき。何とか空中で姿勢を立て直して、スキーでギャップを乗り越えた時のように、膝で踏ん張って、かろうじてしゃがんだ姿勢に…。(一応昔取った杵柄です)ぎりぎりセーフでした。雨上がりの排水溝は気をつけましょう。

ところでファミマには、僕の傘がまだ傘立てに挿したままになっていました。自分のミスなのですが、それが思い通りに解決したので、ただただ嬉しくなってしまいました。日常にある小さな奇跡。それは過ちから生まれる。のだ!(汗)

高田馬場七不思議&あるある

おーつき

Mailboxes高田馬場駅の早稲田口正面にある双子の郵便ポスト(と放置自転車)。集配時間はまったく同じ。1基では足りないくらいの量の郵便物が差し出されるのでしょうか?

存在感のあるポストたちですが、お仕事帰りに投函するつもりで手にした封筒をそのまま忘れて持ち帰り、結局自宅近くのポストに投函したことがあるスタッフもいるとかいないとか…。

サラダうどん

さとう

近くのコンビニで、サラダうどんと銘打ったものを見かけたので、ついつい買ってしまいました。味は期待通りにはいきませんでしたが…。

僕が30代の頃、西新宿に会社があったので、夏になると近くの「三国一」でサラダうどんを持ち帰りにして、食べてました。うどんに腰があり、サラダが乗っていて、つゆとマヨネーズの組み合わせが絶妙でした。蕎麦好きなのですが、実はそれまでうどんは苦手でした。子供の頃に食べさせられたうどんは、腰がなく、ただ汁の中で、もっさり、終いにはどろどろと…。それが苦手なのでした。三国一ではじめてうどんに目覚めたのでした。懐かしいなぁ。何だか急にあのサラダうどんが食べたくなってきた。

続々・食○ログ

おーつき

その①

先日、バディ部門のスタッフ向けに開催されたバディ・フォローアップ研修は、講師の方がとてもユーモラスで、また久々の開催ということもあり熱気にあふれ盛会となりました。その時に一緒だったバディ・スタッフ仲間と熱も覚めやらぬまま六本木へ遠征し、白いハンバーガーで有名なお店へ。ベジタリアン・フレンドリーなバーガー・ショップです。

 

その②

高田馬場はラーメンやつけ麺のお店の激戦区なのですが、まだ今ほど暑くなかった頃にぷれいす東京の一部スタッフの間で局地的に流行っていたのが、つけ蕎麦(中華そばではなく日本そばのつけ麺)。そして、食後にふらっと寄ってドリンクやデザートを買うのが、また一部スタッフの間で局地的に流行っていた近所の就労支援アンテナショップでした。

ベジバーガーとグリーンカレースープとトマトのレアチーズケーキ、豆乳つけ蕎麦と豆乳ソフトクリーム、フォー

 

その③

Sさん&Yさんコンビが、春からベランダで育てていたレモングラスの葉を分けてくれました。ハーブティーにするだけでなく、フォーに添えてもおいしいと教えてもらったので、おうちでさっそく実践。