スタッフ日記

あじさい

さとう

1740051589_109あじさいの季節ですね。和菓子の「あじさい」出てるのかなぁとふと思いました。

先日のお休みを利用して、鎌倉のあじさいを見に行ってきました。実はこの季節の鎌倉は初めてでした。明月院とか長谷寺が有名ですが、人ごみは得意ではないので、成就院を目指しました。極楽寺の切り通しに向かう高台にあります。

正門(長谷駅)から上っていくのが常道なのでしょうが、極楽寺駅から下る道を選んだのです。裏門から入ると、いきなり目の前にあじさいの道が続き、その先に由比ケ浜から材木座海岸の美しい景色が広がります。「わあ〜」と声を上げたくなるほどの絶景でした。まだあじさいが少し早く見頃ではなかったけれど、十分に楽しめましたよ。

江の電って相変わらず可愛いですね。フリーパスを手にして、何度も乗り降りしました。街の軒先を往来するのも何だかわくわくします。住民は騒音が大変なんでしょうけれど。心をリフレッシュできました。

ところで今週の土曜日はJaNP+の活動報告会です。僕も少し出る予定ですので、もしよろしければお越し下さい。

 

陽性者限定ですが。学習会のご案内。

生島

新たに [専門家と話そう] シリーズがスタートする。

 

初回のゲストは村松医師だ。東京医科大の若手医師で、

患者さんの評判も高い。村松医師には、 臨床現場での経験をもとに、

HIV陽性者と性感染症をテーマに話をしていただく予定。

 

HIV陽性の人にとっても性行為でうつる病気のことは、

しっかりと勉強しておきたいテーマだ。ワクチンのことなど、

事前に知っておくと役立つ情報も、きっと得られるのではと思う。

また、最近、話題になっているのは、C型肝炎が性行為でも感染すること。

複数の事例が複数の医療機関から報告されている。

 

なかなか診察室では聞きづらい内容を、

この機会に、ぜひ聞いてみませんか?


詳細はこちら

第7回「感染症の専門医と話そう」

6月24日()19:30 村松 崇さん(東京医科大学病院 臨床検査医学科 医師)

http://web-nest.ptokyo.org/program/index.htm#senmonka

村松崇医師のプロフィールはこちら

http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/rinsho/staff/00900.html

フォロワー100人できるかな

おーつき

ぷれいす東京のTwitterアカウントが開設されました。

Twitterアカウントを持っている人も、持っていない人も(ツイートは公開です)、ぜひご覧になってください。

placetokyoをフォローしましょう

http://twitter.com/placetokyo

明日から名古屋でNLGR+!!

sakura

ここで矢島さんの冊子紹介の記事が来ると見せかけて割り込んでみましたsakuraです。

だって明日からイベントなんです。名古屋で今年もNLGR+が開催されます!

 

NLGR+  ←公式サイトです。

 

昨年に引き続き、LIFE東海の皆さんにご協力いただき、同じブースの中でぷれいす東京の資料なども配布させていただくことになりました。

HIV陽性者やその周囲の方へのサポートに関する情報や、陽性者の手記などにふれていただけるブースとなっており、NLGR+というイベント全体で予防・検査・支援に関する情報がまとめて手に入るようになっています。

 

イベントにお越しの方はぜひLIFE東海+ぷれいす東京ブースにもお越しください!

Something New

おーつき

おかげさまでぷれいす東京の2010年度活動報告会が無事に終わり、年間活動報告書もリリースしました。

新しい冊子「239人のHIV陽性者が体験した検査と告知」も絶賛頒布中です。くわしくは、やじまさんの日記をご期待ください!

New!

最高気温は25℃の予報

さとう

ここ数年感じていることだが、天気が乱暴である。温度差が平気で10度くらい変わる。春先に3〜4日に一度その陽気が変わるのならわかるのだが、1日の高低差で10度違うことがよくあるようになった。のんびりと春の陽気を楽しんだり、梅雨のじめじめをうっとしく思いながらも過ごしていた時が懐かしくさえ思う。

気温差もそうだが、雨またそうである。しとしとなんて風情は味わえない。外を歩けないほど土砂降りになって、ゲリラ豪雨と称するものまである始末。

初夏のような風の中、ツツジの花が咲いていた。まだ5月だよな…とふと思う。やはり5月は23度くらいの快適を望みたい。それでもツツジの花の間で、アブが遊んでいる姿を見つけると、心が和んだ。暑い夏をどう越すかが、今年の大きな課題である。今からひんやりグッズを買おうかなぁと思っている。

ところで来週の土曜日は、ぷれいす東京の活動報告会です。お時間が許せば是非お越し下さい。

一歩ずつ

さとう

あの日から僕の中の意識が変化しています。告知をされた時に、自分の命には限りがあるのだと確かに意識したことを覚えています。生まれ来るものに、必ず訪れるもの。そう感じてはいました。

そのことは事件や事故の報道を見るたびに、自分かもしれない…そう思っています。震災のことも大きな影響を与えましたが、ユッケ事件でもそのことを強く感じました。数年前の毒ギョウザ事件の時もそうでした。僕は人工透析を受けているので、そうなったら命はない。危機感を強く感じます。それと同時にお店を信じるしかないと言うのも現実。だからこそしっかりと見極めたり、選択するしかないと、改めて心を引き締めています。

ところで涙もろいのは、僕をご存知の方々には知れ渡っていることですが、昨日ふと、その度合いが増しているなぁと思いました。何でもないところで、急に涙がこぼれてきます。自分ではしっかりしているつもりでも、心の中は何かの騒ぎがある。東京に住んでいる僕ですらそうなのですから、被災地やその近くの方々はもっとそうなんだろうと想像しています。一歩ずつ歩んでいくこと。今日一日をしっかり生き抜くことしか、僕にはできない。そのことをもどかしく思っています。

被災地のHIV陽性者やその周囲の人たちへ

おーつき

web NESTのトップページでもお知らせしているように、厚生労働省のWebサイトの中の「東日本大震災関連情報」ページに、他のさまざまなリソースと並んで「HIV感染症患者のみなさまへ」と題された情報が掲載されました。関係される方々などに周知、お役立ていただければ。

東日本大震災関連情報|緊急情報|厚生労働省

【個人の方へ】

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r985200000155g1.html

http://mobile.mhlw.go.jp/jishin/oshirase/index.html (モバイル)

【被災地のHIV感染症患者の皆さまへ】

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001a4jc.html

奇跡 その3

さとう

DSCN4686お馴染み「奇跡」シリーズ第3弾です。

僕は老眼が始まっていて、今は近いところを見るときは、眼鏡を外すことが多い。昨年、目の手術で水晶体をレンズ(近視用)に交換してからはその方がより楽に感じます。僕の頭の上に眼鏡が乗っているのを見かける方もいるでしょう。

今日パソコンを見ているうちに、喉が渇いたので、飲み物を作りに台所に行きました。次の瞬間、頭の上にある眼鏡が何者かに引っ張られた感じがして、慌てて頭を抑えようと思ったら、眼鏡が頭から外れて…あ、あ、あ、…瞬間割れなければいいなと祈りました。

すると画像のような形で、台所の電気の紐に引っかかっている。あ〜良かった、割れないで済みました。今見ても不思議。

続・食べ○グ

おーつき

杏仁豆腐、納豆ご飯と海藻サラダ、セーフ セックスオンザビーチその①

先月、日頃からお世話になっている日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラスが事務所移転をするということで、箱詰めなどお引越し作業のお手伝いに行ってきました。ひと段落した後には、一緒に作業をしたスタッフの皆さんと近所のお店で栄養補給。移転先は、ぷれいす東京ともご近所になります。

 

その②

Rainbow Ringデリバリー・ボーイなどをしているご近所のお友達のお宅にお呼ばれし、一緒に晩ごはんを食べてほっこり。震災後、近くに住むお友達同士で声をかけあったり、家を行き来したりすることが多くなったように思います。

 

その③

高田馬場にゆかりのある別のデリヘルくんと、彼が教えてくれたお店でランチ。メニューにあった「セーフ セックスオンザビーチ」というカクテルに注目!セックス・オン・ザ・ビーチのノン・アルコール版です。