スタッフ日記

桃の次には…

おーつき

ケーキも出ました!

今日は事務所で誰かが思いがけずハッピーなバースデーを過ごしたようです。

ありがとうございました

桃のかおり

さとう

桃井かおりさんの話ではありません。桃の香りの話です。

ぷれいす東京に見える方から、いろいろと季節のもの、土地のものなど、美味しいお土産を頂き、僕の口にも入ることがあります。桃を頂いたとのことで、今日いるスタッフに桃を剥きました。僕は大の白桃好き。スーパーで見かけると顔を近づけて香りを嗅いでます。物欲しそうにしていると「また今度ね」となだめられています。

桃の味も好きなのだけれど、香りも大好き。食べている時や店頭でも感じますが、剥いた後に自分の手のひらに残る香りが好きなのです。だから今日は幸せ。美味しい桃と香りをありがとうございました。スタッフの皆さま、桃があるときは僕に剥かせて〜!お願い。(笑)

七夕

さとう

週末に仙台の七夕まつりに行ってきました。震災後はじめての仙台。「仙台はだいぶ元のようになったよ」と友人から聞いていましたが、僕はとても神妙な面持ちでした。

前夜の花火大会、そして七夕飾り、どれを見ても震災の色が強かった。大勢の方が訪れていて、一歩も動くことができないほどの状況でしたが、辛い気持ちの人もいるのだろうなぁ…と思ったり、友人たちの話を聞いていても、言葉の裏側にある悲しみや不安が見え隠れしていて…。

とあるおにぎり屋さんで朝食を食べていた時のこと。店員さんが「お味はいかがでしたか?」と尋ねてきましたので、「とても美味しかったです。特に仙台みそに大葉を巻いた味噌おにぎりが…」と答えた後、「震災は大変でしたね」と声をかけたら、本家が流されたこと、親戚が津波に流されたことを、一気に僕らに話しかけてきました。何もできずに、ただただ話を頷いて聞いていただけでした。東京での震災や津波との距離感と東北のそれとでは、明らかに違うのだと痛感。そしてこれから続けて応援していかなければならないなぁとも感じました。

会場で流れていた「青葉城恋歌」は沁みたなぁ。僕ができることは限られているけれど、少しでも笑顔になれるように祈っています。

奇跡 その4

さとう

久しぶり、待望?の奇跡シリーズ第4弾です。

昨日、仕事が終わって帰ろうとしたら、傘をどこかに忘れていました。玄関で記憶を辿っていると、そうか事務所に来る前にファミマで買い物をした時に忘れたのだと思い出しました。5時間近くたっていたので、もうないかも…あって欲しいな、なんて考えながら歩いていたら…。

右足がつるん!危ないと思って踏ん張った瞬間に左足もつるん!!両足が自分の体の前方向に滑り出してしまったのです。一瞬尻もちを覚悟したのですが、最後の悪あがき。何とか空中で姿勢を立て直して、スキーでギャップを乗り越えた時のように、膝で踏ん張って、かろうじてしゃがんだ姿勢に…。(一応昔取った杵柄です)ぎりぎりセーフでした。雨上がりの排水溝は気をつけましょう。

ところでファミマには、僕の傘がまだ傘立てに挿したままになっていました。自分のミスなのですが、それが思い通りに解決したので、ただただ嬉しくなってしまいました。日常にある小さな奇跡。それは過ちから生まれる。のだ!(汗)

高田馬場七不思議&あるある

おーつき

Mailboxes高田馬場駅の早稲田口正面にある双子の郵便ポスト(と放置自転車)。集配時間はまったく同じ。1基では足りないくらいの量の郵便物が差し出されるのでしょうか?

存在感のあるポストたちですが、お仕事帰りに投函するつもりで手にした封筒をそのまま忘れて持ち帰り、結局自宅近くのポストに投函したことがあるスタッフもいるとかいないとか…。

サラダうどん

さとう

近くのコンビニで、サラダうどんと銘打ったものを見かけたので、ついつい買ってしまいました。味は期待通りにはいきませんでしたが…。

僕が30代の頃、西新宿に会社があったので、夏になると近くの「三国一」でサラダうどんを持ち帰りにして、食べてました。うどんに腰があり、サラダが乗っていて、つゆとマヨネーズの組み合わせが絶妙でした。蕎麦好きなのですが、実はそれまでうどんは苦手でした。子供の頃に食べさせられたうどんは、腰がなく、ただ汁の中で、もっさり、終いにはどろどろと…。それが苦手なのでした。三国一ではじめてうどんに目覚めたのでした。懐かしいなぁ。何だか急にあのサラダうどんが食べたくなってきた。

続々・食○ログ

おーつき

その①

先日、バディ部門のスタッフ向けに開催されたバディ・フォローアップ研修は、講師の方がとてもユーモラスで、また久々の開催ということもあり熱気にあふれ盛会となりました。その時に一緒だったバディ・スタッフ仲間と熱も覚めやらぬまま六本木へ遠征し、白いハンバーガーで有名なお店へ。ベジタリアン・フレンドリーなバーガー・ショップです。

 

その②

高田馬場はラーメンやつけ麺のお店の激戦区なのですが、まだ今ほど暑くなかった頃にぷれいす東京の一部スタッフの間で局地的に流行っていたのが、つけ蕎麦(中華そばではなく日本そばのつけ麺)。そして、食後にふらっと寄ってドリンクやデザートを買うのが、また一部スタッフの間で局地的に流行っていた近所の就労支援アンテナショップでした。

ベジバーガーとグリーンカレースープとトマトのレアチーズケーキ、豆乳つけ蕎麦と豆乳ソフトクリーム、フォー

 

その③

Sさん&Yさんコンビが、春からベランダで育てていたレモングラスの葉を分けてくれました。ハーブティーにするだけでなく、フォーに添えてもおいしいと教えてもらったので、おうちでさっそく実践。

Tシャツ

カンバラ

蒸し暑い日が続いていますがみなさんお元気ですか?久々に登場します。カンバラです。

今日は何気なく着ていたTシャツをアップします。

この模様、みなさんは何に見えますか?ぷれいすのスタッフは「コンドーム!」と即答でした。・・・確かに見えなくもありませんねぇ。

思わぬところで『啓発活動』しちゃいました。写真

都民から見たHIV

さとう

東京都が実施したHIVに関してのモニターアンケートの結果が出た。HIV/エイズへの無関心は、相変わらずと感じる。「自分には関係ない」と思われることが、当事者にとって一番辛いことなのである。

Living TogetherはHIV陽性者が隣にいるかもしれない、この社会の中で一緒に行きているんだよというメッセージを伝えている。しかしながら多くの人たちは「検査を受ける必要がない」と思っていたり、「職場には伝えない」と思っている。これではHIV陽性者が周囲に通知することを躊躇してしまうだろう。「もし感染したら、周囲に伝える」と言える社会になれば、誰も(HIV陽性者だけではなく)が生きやすい社会になるのではないだろうか。

まだまだ遠い未来の話かもしれない。でも少しずつ理解をしたり、受け入れてくれたりする人たちも増えている。HIV陽性者もサラッと自分のことを伝えている人も多くなった気がする。もう一度HIVのこと考えて欲しい。

東京都のアンケートの詳細

今日は渋谷で

おーつき

故障して修理に出していた事務所のコンピューターを引き取りに渋谷にあるお店に向かっていたところ、お友達に偶然バッタリ。これから脱原発のデモに参加するとのこと。いってらっしゃい、気をつけて!と送り出して別れました。

それから1時間弱、引き取ったコンピューターを片手に駅に戻ろうとしていたところ、見事にデモの長〜い隊列に遭遇。事務所に戻るのが遅くなってしまいました。ごめんなさい。