スタッフ日記 “さとう”

サラダうどん

さとう

近くのコンビニで、サラダうどんと銘打ったものを見かけたので、ついつい買ってしまいました。味は期待通りにはいきませんでしたが…。

僕が30代の頃、西新宿に会社があったので、夏になると近くの「三国一」でサラダうどんを持ち帰りにして、食べてました。うどんに腰があり、サラダが乗っていて、つゆとマヨネーズの組み合わせが絶妙でした。蕎麦好きなのですが、実はそれまでうどんは苦手でした。子供の頃に食べさせられたうどんは、腰がなく、ただ汁の中で、もっさり、終いにはどろどろと…。それが苦手なのでした。三国一ではじめてうどんに目覚めたのでした。懐かしいなぁ。何だか急にあのサラダうどんが食べたくなってきた。

都民から見たHIV

さとう

東京都が実施したHIVに関してのモニターアンケートの結果が出た。HIV/エイズへの無関心は、相変わらずと感じる。「自分には関係ない」と思われることが、当事者にとって一番辛いことなのである。

Living TogetherはHIV陽性者が隣にいるかもしれない、この社会の中で一緒に行きているんだよというメッセージを伝えている。しかしながら多くの人たちは「検査を受ける必要がない」と思っていたり、「職場には伝えない」と思っている。これではHIV陽性者が周囲に通知することを躊躇してしまうだろう。「もし感染したら、周囲に伝える」と言える社会になれば、誰も(HIV陽性者だけではなく)が生きやすい社会になるのではないだろうか。

まだまだ遠い未来の話かもしれない。でも少しずつ理解をしたり、受け入れてくれたりする人たちも増えている。HIV陽性者もサラッと自分のことを伝えている人も多くなった気がする。もう一度HIVのこと考えて欲しい。

東京都のアンケートの詳細

僕らも「なでしこ」に

さとう

熱かったですね。すごい視聴率でした。真夜中だというのに僕は試合開始1時間前に目が覚めてしまったほど…。展開的にもとても面白い試合でした。先を越されて追いつく。また先を越されて追いつく。諦めない心がこんなにも尊く気高く強く、僕の心に響いてきました。

特にPK戦。アジア大会のGK川口を思い出しました。追われて切羽詰まったアメリカと、ここで負けたとしても歴史に残る試合ができたと思っていた日本。プレッシャーのコントロールが鍵になりました。本当におめでとうと言いたい。

ところで昨日はホットラインのミーティング。そして終了後、暑気払いの飲み会。忘年会は毎年ありますが、実は夏の飲み会は初めてでした。普段は黙々と相談電話を受ける毎日。楽しいことばかりではありません。心が折れそうになることもあるのです。昨夜スタッフの楽しそうな姿を見ていて、それだけで嬉しい気持ちでいっぱいになりました。チームワークって大切なんです。なでしこジャパンのチームワークは凄かった。我らホットラインもそんなチームワークができるように精進していきたい。そういう意味で、日本の歴史的な日に相応しい(ふ澤しい)1日になりました。

そうそう誰かがネットで、「海の日」ではなく「澤の日」と書いてました。うまいなぁ。

夏バテ

さとう

梅雨明けが早く、毎日のように30℃を超えて、夏バテ気味なのかなぁと思いました。先週のある日、通勤途中に右目が霞んでしまい、いよいよひどい状況と観念したのです。レッドブルなどをコンビニで購入して、事務所に到着。あまりひどかったら早退しようか…とも考えてました。

午後、何気なく眼鏡を外したら、レンズ止めのネジが緩んでるではないですか。原因はこれだとばかりに、はらださんに「これで調子が悪かった」と合点が言ったように話してました。そして眼鏡屋に修理に出かけることに…。

「いらっしゃいませ〜!」「すみません、レンズのネジが緩んだようなのですが…」と店員さんに眼鏡を差し出したところ、「お客様、レンズはどうなさいましたか?」…と。???

夏バテの影響で目の調子が悪かったのではなく、レンズをどこかで落としてたのでした。そういえば通勤途中の電車内で眼鏡を落としました…。

今日やっと眼鏡が出来上がってきました。やっぱりすっきりと見えますね。(笑)水分と塩分とミネラル補給忘れずに!

おもてうら

さとう

今朝寝ぼけ眼で、ゴミ捨てに行ったのですが、マンションの住民がこぞって来ていました。「おはようございます」と元気に挨拶をしたまでは良かったのですが、ふと自分の姿に目をやると、な、なんと半パンが裏返しでした(汗)ポケットがひらひらしていた(激汗)気づかれなかったかなぁ。一応何事もなかったように振る舞いましたけれど…。

ということで出かける時は、表裏をチェックしましょうね。←僕だけ?

夏の間は、友人から頂いた「桑の葉茶」を冷蔵庫に冷やしておきます。自宅では勿論ですが、事務所でもできる限り作っておくようにしています。血糖値調整に良いとのことでプレゼントしてもらったもの。もしよろしければリクエストしてくださいね。少しでも涼しく感じて頂きたいです。

あなご

さとう

「ハートをつなごう」は初日が「地方との医療の格差」2日目が「血友病とHIV」など病気を複数持っている場合…と、考えさせられる内容でした。まだまだ乗り越えたり、広めたり、繰り返し伝えなければ行けないなぁと改めて考えさせられました。ところで今日7月5日は、あなごの日だそうです。

僕は子供の頃から長いものが苦手でした。たぶんうなぎ屋さんが近くにあって、さばくところを毎日のように見ていたので、可哀想と思ったのでしょう。うなぎは勿論のことあなごも食べられませんでした。

大学生の頃、姫路であなご弁当を食べて、とても美味しかった記憶があり、それからは食べられるようになったのですが、うなぎはどうしてもダメでした。ところが数年前「絶対に美味しいから…」と志木のお店「鯉清」に連れて行かれ、恐る恐る食べたら、美味しかったこと。口の中でとろけてしまう感じでした。それからはうなぎも克服。今では美味しいものは積極的に食べようと思います。

梅雨明け前からこんなに暑い日が続き、世の中では節電節電と連呼していて、本当に夏を無事に越えられるかが心配です。今日あたり長いものを食べて、元気をつけようかな…。

心遣い

さとう

日曜日にユーミンのライブを見に神奈川県民ホールに行ってきました。ユーミンのライブの中でも度々震災のことがMCに盛り込まれてました。いっぱい涙を流して、そして力をもらったなぁ。

ところで一昨年の開港博の時から、横浜に足を運ぶ回数が増えました。みなとみらい地区や大桟橋がお気に入りですが、初めて三渓園に行ってきました。原三渓が残したものを拝見。古い貴重な建物群は何度も足を運びたいものでした。途中で休憩。お抹茶を点ててくれた女性から何度も「男性ふたりもいいものですね」と…。「夫夫ですから…」と心の中で答えてました。笑顔を添えて…。

お昼は「名物三渓そば」にしました。汁のないおそば(といってもうどんに近い)で、少し「もさっ」とするけれど、とても美味しかった。昆布茶が付いてくるのですが、それがその「もっさり」を「さっぱり」にかえてくれるのです。帰るときお店の人に感想を伝えると、三渓さんがお客様のお着物に汁がはねないように考案したと解説してくれました。そういう心遣いが素敵ですね。

明日と明後日は、恒例のNHK「ハートをつなごう」HIV第3弾です。前回のUSTREAMはネットだからいつでも見れるのかと勝手に思い、見逃してしまいました。(涙)今回は見逃さないぞ!

「Words of Love」

さとう

梅雨の中休みとは言うものの、これだけ太平洋高気圧が張り出したら、暑い。猛暑だった昨年を思い出した。今年は震災の影響で、節電をしながら、どう涼を取るかということになる。熱中症にならないように注意しなければ…。また25度、湿度70%以上だと食中毒が心配とのこと。清潔に調理したり、冷蔵や冷凍で保存したり、食べる前にきちんと加熱することが大切だそうだ。

ところで本日21:30からUSTREAMで「Words of  Love」という番組が流れる。東京都がこれから5回流す予定だそうだ。どんな番組に仕上がっているのだろうか?それにしても司会の「ダイノジ」さんも知らなければ、ゲストのふたりも、おじさんにはさっぱりわかりません。AKBにもついて行ってないが、時代の流れは早い…。

あじさい

さとう

1740051589_109あじさいの季節ですね。和菓子の「あじさい」出てるのかなぁとふと思いました。

先日のお休みを利用して、鎌倉のあじさいを見に行ってきました。実はこの季節の鎌倉は初めてでした。明月院とか長谷寺が有名ですが、人ごみは得意ではないので、成就院を目指しました。極楽寺の切り通しに向かう高台にあります。

正門(長谷駅)から上っていくのが常道なのでしょうが、極楽寺駅から下る道を選んだのです。裏門から入ると、いきなり目の前にあじさいの道が続き、その先に由比ケ浜から材木座海岸の美しい景色が広がります。「わあ〜」と声を上げたくなるほどの絶景でした。まだあじさいが少し早く見頃ではなかったけれど、十分に楽しめましたよ。

江の電って相変わらず可愛いですね。フリーパスを手にして、何度も乗り降りしました。街の軒先を往来するのも何だかわくわくします。住民は騒音が大変なんでしょうけれど。心をリフレッシュできました。

ところで今週の土曜日はJaNP+の活動報告会です。僕も少し出る予定ですので、もしよろしければお越し下さい。

 

最高気温は25℃の予報

さとう

ここ数年感じていることだが、天気が乱暴である。温度差が平気で10度くらい変わる。春先に3〜4日に一度その陽気が変わるのならわかるのだが、1日の高低差で10度違うことがよくあるようになった。のんびりと春の陽気を楽しんだり、梅雨のじめじめをうっとしく思いながらも過ごしていた時が懐かしくさえ思う。

気温差もそうだが、雨またそうである。しとしとなんて風情は味わえない。外を歩けないほど土砂降りになって、ゲリラ豪雨と称するものまである始末。

初夏のような風の中、ツツジの花が咲いていた。まだ5月だよな…とふと思う。やはり5月は23度くらいの快適を望みたい。それでもツツジの花の間で、アブが遊んでいる姿を見つけると、心が和んだ。暑い夏をどう越すかが、今年の大きな課題である。今からひんやりグッズを買おうかなぁと思っている。

ところで来週の土曜日は、ぷれいす東京の活動報告会です。お時間が許せば是非お越し下さい。